電通ライブのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 電通ライブ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 43.3 29.7 44.6
平均給与(万円/年) 495.5 440.2 53.0
有給休暇消化率 47.5 50.1 49.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

電通ライブに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、電通ライブと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。電通ライブの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

完全フレックス制なので、いつでも出勤・退勤が可能で、残業代も出ません。

voice

具体的にどの程度の給与を支払うべきかを議論するためには、残業時間を考慮し、「時間的コミットメント:給与」のスキームを考える必要があります。

voice

残業が多く、仕事以外でプラベートする時間がほとんどないので、仕事に熱意を持って続けられない人や、生活のバランスを大切にする人にとっては、長続きする職場としての将来性のある会社ではないと思います。

voice

学園祭ののりとオールナイトハイがあれば、肉体労働ではないので、むしろ楽しく仕事ができるかもしれませんね。

voice

プロジェクト中は週末や夜遅くまで仕事をするのが普通で、いつクライアントから連絡が来るかわかりません。

voice

現職の部署は裁量労働制のため、非常に長時間の勤務となります。

voice

裁量労働制を採用しているため、残業して生活費を稼がなければならず、現場復帰を余儀なくされている人も少なくありません。

voice

若いうちは早くても終電で帰ればいいのですが、年を取るとどうしても不満が出てきます。

voice

夜遅くまで人がいますが、出向者にとっては過重労働で不満があるような雰囲気ではありません。

voice

管理部門では残業がほとんどないので、仕事と育児の両立は可能だと思います。

voice

プロジェクトの規模は残業時間に比例します。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

労務署に指摘されてからは、代休取得が義務化されましたが、人事部からは「有給休暇を取得してから代休を取得するように」という暗黙の圧力がありました。

voice

半強制的に金曜日を休暇日とし、休暇の取得を促進しています。

voice

近年では、代休取得が厳しくなってきているので、強制的に代休を取得するように指導されることもあります。

voice

有給休暇の取得を積極的に奨励している点が気に入っています。

voice

抱えているプロジェクトや一緒に働く人が大きく違うので、休みの取りやすさは一概には言えませんが、有給休暇の取得率は良くありません(取れないわけではありません)。

voice

半年に一度の休暇を選択できるので、スケジュールを立てやすく、プライベートを充実させることができます。

voice

夏休みなどの手配は誰でもしますが、プロジェクトのスケジュールによっては、夏のはずの季節が冬や春の季節になってしまうこともあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。電通ライブの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

人にもよりますが、残業は結構多いので、時給に換算すると大した給料ではないと思ってしまいます。

voice

その結果、仕事量の割に給料が低く、会社を辞めることになりました。

voice

残業が厳しくなり、新入社員ほど稼げなくなったが、昇給は微々たるものだったので、業績に見合った報酬は得られなかった。

voice

給料が伸び悩んでいたり、業績が反映されていなかったり、福利厚生が整っていなかったりするので大変です。

voice

親会社である電通と比較すると悲しいかな低賃金ですが、同業他社や世間一般の制作会社と比較すると、まあまあの給料です。

voice

は、その比較における他の広告制作会社の給料が低すぎるというだけのことです。

voice

残業も妨げられ、給与は男性と同額なので、多くの女性は男性<仕事を優先します。

voice

4年目から裁量労働となるため、3年目と4年目の給与は一時的に取り崩すことができます。

voice

給与は広告業界の中でもトップクラスに高く(他の広告会社が少ないこともあり)、キャリアパスについても年功序列とそれがないものが混在しています。

voice

契約社員はボーナスや退職金がなく、正社員になるための年1回の試験は競争が激しく、ネクサスのハードルが高い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。電通ライブはどうでしょうか。

voice

親会社の新入社員が自殺したことで、世間の目はこれまで以上に冷たくなった。

voice

制作部は裁量労働制なので、定時で帰れることはまずありません。

voice

夜になっても連絡を取り合うことが多く、家に帰ると仕事のことで頭がいっぱいになってしまい、精神的にも落ち着かない。

voice

そもそも入院すべきではありませんが、過労死の場合は産業医との面談などのフォローアップがあります。

voice

上司と飲みに行く機会が多いのですが、いつも和気あいあいとした雰囲気で、精神的なストレスなどもなく、モチベーションが上がります。

voice

社内の雰囲気が良いので、イベントの立会いが好きな人は楽しく仕事ができるし、苦にならないし、ライフワークバランスが悪いとは思いませんでした。

voice

定時に帰宅する人はほとんどいないので、夜8時や9時まで預けることができる近くの保育園や、親戚の協力が不可欠です。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

男女差別はないと思いますが、親会社の信頼を得るためには性別よりも根性の問題なので(根性や能力以外の)乗り切れば良い会社だと思いますよ。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私の場合は、そのような生活が長く続いた後に退職を決意し、過労による入院を余儀なくされました。

voice

私が退職した理由の一つに「旧制度」があります。

voice

業務委託だったので、こっそり転職先を探す必要がなく、同僚に退職の話をすることができたのは良かったと思います。

voice

辞める人は珍しくないので、退職したい旨を伝えたところ、止められたものの、要望を聞いてくれました。

voice

仕事はとても楽しくやりがいのあるものでしたが、残業や休日出勤が多く、このままではいつか病気になるかもしれないという思いと、結婚してからも働きたいと思っていましたが、その将来が想像できなかったことから、退職を決意しました。

voice

理由もなくとても良い会社だったのですが、環境を変えようと思って辞めました。

voice

制作の仕事をしていましたが、元々デザイナーになりたいと思っていたので、退職してデザイン会社に転職しました。

voice

入社して企画などの仕事をしていましたが、結婚して新居を探さなければならなくなった時、会社を辞めようと思いました。

voice

体力にはかなり自信がありましたが、志半ばで引退したことよりも、現役の人たちに驚きと尊敬の念を抱いていました。

voice

契約期間が最長5年であったため、同僚の多くは徐々に退職し、契約更新時には年俸が一方的に指定され、年を追うごとに給与が減額されていました。

voice

解雇等は、実質的に社会問題を起こしたと思われる従業員に適用されますが、一般的な企業で解雇の対象となるラインよりもかなり緩くなっています。

voice

幹部などの気まぐれで、自分がやっていたことが全く役に立たない部署に異動になってしまったために辞めていった人が何人かいます。

voice

当時は女性の離職率が高かったため、出産・育児のための制度を整えていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。