ユニデンホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ユニデンホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 30件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 49.1 29.7 42.3
平均給与(万円/年) 701.7 440.2 64.0
有給休暇消化率 5.3 50.1 37.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私の部署の上司は、よく怒鳴り散らしたり、罵ったりしていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ユニデンホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

会社の業績が良ければ、女性でも6ヶ月以上のボーナスが出ることもあります。

voice

業績が良ければ、エレクトロニクス業界の平均と比較して、良いボーナスを得ることができます。

voice

昇給はほとんどなく、昇進すると給料が上がると思われていました。

voice

給与自体は良いのですが、退職金がほとんどないため、生涯年収の面ではあまり良くありません。

voice

給料は高かったが、休みがなく、かなりきつかった。

voice

年収が良い時は他社に比べてぬるいが、その理由はボーナスにある。

voice

入社して2年後くらいに年10ヶ月のボーナスが出ましたが、それ以降は下がっているようです。

voice

平均給与は高いが、残業が多いので自分の時間が全くない。

voice

2012年度は会社全体で大幅な減給を実施し、駐在員手当も引き下げられたようです。

voice

でもボーナスは良いので、給料面では良い方だと思います。

voice

給与・ボーナスは同業他社よりも多いと思います。

voice

給料は高いが、住宅補助などの福利厚生がないので、その点を考慮するとあまり良いとは言えない。

voice

ユーペアレント協会のことを書いている人もいますが、毎月給料から1000円~1500円の強制的な引き落としです。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ユニデンホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

部署によっては、残業時間が長く、1週間の間に自分の時間が全く取れないこともあります。

voice

勤務時間はかなりばらつきがありましたが、仕事が多い時は残業代が出たり、仕事が少ない時は定時で帰宅して早く帰宅することができました。

voice

就業時間は部署によって様々ですが、忙しい部署や会議で問題視された部署は徹夜で仕事をしなければならないことが多いという社風もありました。

voice

管理職や部署のリーダーになると、電話会議などに呼ばれることが多く、長時間の勤務が必要となり、残業や休日出勤が発生することもしばしば。

voice

労働環境は残業が多いと聞いたことがありますが、本当に多いです。

voice

基本的に人手不足の中で製品開発を行っていたので、季節によっては残業や休日出勤が当たり前になっていた。

voice

残業などで拘束時間が長く、長年この会社で働くのはきつい印象があります。

voice

メーカーなので、時期によっては残業や休日出勤もありますが、管理職でない限りは給与に反映されます。

voice

残業規制がある中で、どれだけ会社に残って頑張っているかが評価されます。

voice

給与が高い反面、残業や海外出張、海外赴任が多く、プライベートを犠牲にすることも珍しくありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

基本的には病気でないと有給休暇を取得するのは難しい環境だと思います。

voice

有給休暇の取得が難しい部署もあります。

voice

個人的な用事がある場合は、有給休暇の取得は問題ありませんが、予想されるトラブルや問い合わせなどに事前に対応できるよう、上司や同僚への引き継ぎや根回しが必要です。

voice

私はこのような交渉が苦手なので、在職中に私用の有給休暇を取得したことはありませんでした。

voice

夏休みの期間は自由に決められますが、みんなが休みで仕事が一時的に止まっていたり、仕事が休みになっていないとなかなか取れません。

voice

100日ごとに1日以上の有給休暇を取得した場合、評価やボーナスが減額されます。

voice

従業員が有給休暇を大量に取得した場合は、社長が従業員にメールを送信します。

voice

夏休みには、チームで別々の休暇を取るようにしていますが、国際的な感覚を持っています。

voice

普通の会社であれば、社員にどれだけ有給休暇を取らせているかで福利厚生面を測りますが、この会社は出勤率が99%を超えているのが普通です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ユニデンホールディングスはどうでしょうか。

voice

挑戦していると感じなければ、挑戦しているとは全く感じないかもしれません。

voice

短期間で高給取りで体力に自信があるならいいかもしれませんが、この会社には命をかけてくれる社員はいないし、役員には使い捨ての社風があります。

voice

発展と発展の谷間にあっても、先に定時で帰る人は少ない。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ユニデンホールディングスではどのような現状でしょうか

voice

度重なるレイオフにより、私の部署では5名(2007年)から1名(2012年)に減員され、製品開発と工場のトラブル対応が重なったことに心を痛めて退職しました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

女性が少ないからこそ、セクハラ対策や産休・育休取得の文化など、女性が活躍できる環境づくりに積極的に取り組んでいないとは言えないと思います。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

まあ、何はともあれ、トッププロやトップ技術者は、技術がないから体育会系根性でしか使えないんですけどね...。

voice

20代で役員に就任した人もいて、年齢に関係なく大切にされる環境でした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

それが原因で辞めていく人が多いようです。

voice

優秀な人が多かったのですが、会社が人事を理解していない、いつ解雇されるか不安、自分の将来が描けないなどの理由で退職を検討しています。

voice

会社との関係も良好だったので、とても悩んでいたのですが、30代になって最後のチャンスだと思い辞めることにしました。なので、会社を辞めることにしました。

voice

最初の2年間は100時間以上の残業をしていましたが、3年目からは定時退社をするようになり、退職を勧められました。

voice

私は退職者の補填のために雇われたのですが、前任者の在職期間。

voice

中堅の課長から部長まで良い人がたくさんいましたが、良い人は独立していきました。

voice

イケメン女性社員が「嫁」の逆鱗に触れて転勤や退職を迫られる。

voice

自分の進路が見えない環境に不安を感じ、社会人としての不安を感じて退職を決意しました。

voice

技術者の大幅な退職勧奨が行われました。

voice

勤続年数が長い人が多く、長く働く人と、入社してから比較的短期間で退職する人の2パターンに分かれていることが多いです。

voice

短期間のうちに、多くの部長が交代し、多くの同僚が退社するなど、人材の流動性が高い会社でした。

voice

仕事に不満があったわけではありませんが、年々仕事量が増える傾向にあり、ストレスを感じていたことが退職に影響していました。

voice

それでも、退職後の失業保険などが優遇されているので、良いタイミングだったと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。