リンベルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに リンベル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 6件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.7 29.7 45.2
平均給与(万円/年) 368.3 440.2 46.2
有給休暇消化率 36.7 50.1 46.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。リンベルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

部署によって違いはありますが、忙しい部署ほど残業が多く、土日祝日も出勤しなければなりませんでした。

voice

私生活を犠牲にしてでも残業する意思があることを示す必要があります。

voice

面接の時から言われていましたが、残業は当たり前!当たり前ですね。

voice

部署によって平均残業時間は大きく異なり、土日出勤者がいる部署もあります。

voice

部下が残業している間に上司が先に帰ってしまうことがあるのですが、これが改善されるといいですね。

voice

退職したから欠員が出るということではなく、全体の残業時間を考慮して積極的に人員を補充していくことで、業務がスムーズに進むと思います。

voice

人の良さという点では、とても過ごしやすく、周りの人たちが支え合って仕事をしているので、申し分ないのですが、一年中忙しく、ほぼ毎日残業しなければなりません。

voice

ワークライフバランスや残業代などの給与面での配慮を求めるのであれば、それに越したことはありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

当然、有給休暇を減らされるのは嫌なので、結局有給休暇は使えなかったと思います。

voice

仕事の忙しさに追われ、平日に有給休暇を取得することは難しいですが、土曜日に有給休暇を取得している社員も多くいます。

voice

他の人も同じような状況だったので、有給休暇がないような感じで、有給休暇を取るのはなんだか変な雰囲気でした。

voice

日給・月給で年間休日105日、有給休暇が取りにくい。

voice

有給休暇の取得日数に応じて、ボーナスの評価額を減額することとした。

voice

社員旅行は会社から支給されるものではなく、自分の給料から積み立てられたものであり、旅行に行くことは有給休暇の一形態です。

voice

同じ時期に入社した人たちが次々と離れていく中で、なぜ自分がこんなに頑張って仕事を続けているのかわからなかった。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。リンベルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与やボーナスについては、男女平等なので、能力に見合った能力があれば、納得のいく金額が支給されます。

voice

社長の面接で給与査定が上下する。

voice

交換数の多い人気商品を開発しても給料は一定。

voice

評価制度については、自己申告制となっており、年2回のボーナス(キャリアアップ前でも)は半年間の成果を上司に提出しています。

voice

みんながうまくやれば、比較的早く昇給・昇格できると思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

少しずつ長く働きたいという気持ちが薄れてきたので、ついに退職を決意し、認めてもらいました。

voice

メンタルケアにはあまり力を入れていないようで、申請してから1ヶ月で辞任することができた。

voice

...人の出入りの多さを見ると、退職者が増えているのが現実です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。