EPファーマラインのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに EPファーマライン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 27件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 18.4 29.7 54.5
平均給与(万円/年) 446.0 440.2 50.3
有給休暇消化率 60.0 50.1 52.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。EPファーマラインの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務先の学会に多く参加していると、当然休日出勤も多くなります。

voice

みなし残業は30時間ありますので、長時間残業しても30時間を超えない限り残業代は発生しません。

voice

30時間分の残業代が事前に含まれているため、実質的な残業代は発生しません。

voice

毎日朝から晩までトレーニングして、家に帰って夜中まで勉強して、次の日にテストを受ける。

voice

部署にもよると思いますが、残業しなくても周りの人が残業しているから仕方なく残っているということもあります。

voice

残業が少ないことやワークライフバランスが取りやすいことなどが良い点として挙げられています。

voice

部署や案件にもよりますが、私が勤務していたDIコールセンターでは、残業がほとんどなく、定時で退社できました。

voice

基本的には、残業なしで定時に帰れることは、特に主婦の方にはメリットがあると考えています。

voice

年俸制なので、深夜以外は残業代は出ません。

voice

クライアントのコールセンターが18時に起きているのであれば、電話を受けてから処理をしているのであれば、もちろん毎日残業になります。

voice

残業もなく、勤怠管理もゆるやかで働きやすい。

voice

残業代は固定なので、残業が多い部署では意味がありません。

voice

残業時間は部署によって大きく異なります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取得しやすいように人数も十分に確保しています。

voice

プロジェクトにもよりますが、有給休暇を取得しやすい制度を設けているプロジェクトが多く、私自身もほぼ100%取得していました。

voice

他にもオフにしたいデートがあったり、有給休暇がほとんど取れない状況でかなり不満でした。

voice

チームの中では、仕事さえこなせば有給休暇なども比較的取りやすいかもしれません。

voice

他の業界と比べても、それなりに休みが取れるので問題ない。

voice

上の人が有給休暇を取得できるようにしていても、忙しい時はそうですし、それ以外の時も、取得できる人と一緒に行く傾向があるので、有給休暇を最大限に取得できる人とそうでない人との間に溝ができているのが気になります。

voice

このままSランクを取得し続けても、年収が420.0を超えることはありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。EPファーマラインの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業は元々自分の給料に含まれているので、子供の給料であれば、きちんと定時に起きてほしいですね。

voice

社宅扱いされない、日当がないため税金を多く払う、ボーナスがない、同業他社と比べて実質年収が100万ほど少ない。

voice

保育料は高いですし、小刻みに年々上がっていく制度だったら、定着率はもっと高くなると思います。

voice

他のCMRに比べて給料が安いのが最大の問題のようです。

voice

EPファーマライン自体が年俸制で福利厚生も充実しているので、待遇面では熱いと感じましたが、派遣からメーカーに移籍する際には、メーカーの待遇をしっかり見極める必要があります。

voice

薬剤師手当がないため、薬剤師や他の薬局に比べて給与はかなり低いです。

voice

コールセンターの仕事では、500万円近くになると、ほとんど昇給はないようです。

voice

もちろん住宅手当なども低いので、みんなが転職を希望していると言っても過言ではないと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。EPファーマラインはどうでしょうか。

voice

通常であれば、管理職になると仕事量は減りますが、管理職になると馬車馬のように働かなければなりません。

voice

契約社員は使い捨てであり、他の業界からCSOに移ることをお勧めしません。

voice

商売をしていれば本来は日当をもらう権利があるのに、会社は日当を全部搾取している。

voice

入社して間もなく、同僚からブラック企業への歓迎の挨拶を受けました。

voice

転職してこのブラック企業に入社しましたが、1年もしないうちにまた転職してしまいました。

voice

何よりも入社時の面接と入社後の面接が全く違っていて、先輩から「ブラック企業へようこそ!」と言われました。また転職しようかなと思ったのですが、3ヶ月後にまた転職することにしました。

voice

通常の年収よりも20万円高い金額で採用してくれたことがモチベーションにつながりました。

voice

コールセンターの仕事で精神的に辛くても、基本的にはコールセンターの仕事以外に転職することはできないので、お願いしても同じ仕事をずっとしていることになります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

小学生の頃のような悪口や陰口を言っている人もいました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ポテンシャルが全くない、社内接客重視、社長がワンマン、社長のセクハラ、パワハラ、愛人、研修制度がない、給与水準が低すぎる、昇給がほとんどない、世俗的、などなど。

voice

セクハラやパワハラが横行し、イエスマンばかりが出世して社内のモチベーションが低下している。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

電話でのクレームが気にならない人、先輩や上司に叱られても平気な人には良い環境です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

一生この会社にはいられないと思い、退職してメーカーの正社員に転職しました。

voice

案件がなければ退職を余儀なくされます。

voice

退職率が非常に高く、その証拠に、人事部の回覧板には退職金のことが全く書かれていない。

voice

この会社は退職率が圧倒的に高く、退職者のことを人事部に記載していません。

voice

本社でメーカーを早期退職して、メーカーの考え方を押し付けている人が多いのが残念です。

voice

大量採用と大量退職だからかな。

voice

退職率が非常に高いことがそれを裏付ける証拠です。

voice

今のところ、女性は働いていますが、使えなくなったら、退店を勧められて、やめてもらうことになると思います。

voice

本人に落ち度がないのに退職を勧めるなんて、とんでもない会社です。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

医療業界で働いている人がこのような状態になってしまうのは、医師の失敗ではなく、MRの失敗だと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。