アレシアのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アレシア について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 7件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.4 29.7 48.5
平均給与(万円/年) 291.4 440.2 42.0
有給休暇消化率 2.8 50.1 36.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アレシアの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

早番・遅番の勤務とはいえ、忙しい時はなかなか帰れないので、早番で働いていても遅番まで残業するのが当たり前になっています。

voice

土日祝日に仕事をしなければならないので、プライベートの時間がなかなか取れない。

voice

10時以降の深夜残業は基本的にサービス残業。

voice

休日出勤は当たり前で、やっと休みになったと思ったら、休みの日の朝7時半に本社に行って朝礼をして、また出勤。

voice

休日出勤もお店や人によって差があり、不平等です。

voice

店長などの上の人は休日出勤が多くて大変そうです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土日はなかなか休めないし、連休も取れそうにないので、有給休暇は退職時にしか使えなさそうです。

voice

有給休暇制度はありますが、シフト制と多忙のため取得はほぼ不可能です。

voice

有給休暇も使えないし、これでは人の流出は止まらないと確信しています。

voice

接客業なので仕方ないとは思いますが、休日や土日休みで働きにくいのが難点ですね。

voice

やむを得ない時は柔軟に対応してくれますが、長期休暇や有給休暇が取れず、プライベートとの両立が難しかったです。

voice

営業職自体があまり人気がないため、スタッフの人数が少なく、休みが取りづらい。

voice

職業柄、有給休暇も取りづらいのは仕方ないのでしょうか?

voice

年末年始も営業しているし、どうせなら夏休みくらいは作っておいた方がいいと思う。

voice

週1日の休みが当たり前で、連休があるわけではないので、休日を楽しむのは難しいと考えた方がいいでしょう。

voice

お休みの日に家財道具の買い物や体を休めて、一日の締めくくりをすることができます。

voice

上記の点はまだ我慢できますが、学割のような時期に何日も休憩や食事が取れないので。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アレシアの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

それなのに、他の会社は基本給がかなり低い!とか、残業代が出ない!などなど。

voice

ソフトバンクが社員に還元しているサービス残業手当は一銭ももらえません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

モバイル販売業界全体では、クレームや理不尽な客の対応に苦労していました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

目標はありますが、個人ノルマがないので、気まずさがなく、全体的に開放感があります。

voice

職種は肩書きなので、ある程度のコミュニケーション能力がついてきますし、根性もついてきます。

voice

店舗ごとに目標数を設定していますが、個人ノルマがないのでサクサク感はありません。

voice

個人ノルマがないとはいえ、常に目標があり、お客様へのヒアリングを徹底する一方で、新規異動やライトのプレッシャーで胃が痛くなることもありました(お客様のニーズに合った提案をしたいので、無理に行かされるのは嫌だし、上司に怒られるのも嫌だから)。

voice

携帯電話の販売にはノルマがあるのが普通ですが、ここではノルマはありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

社員数はそれほど多くないので、「うちのせいかな」と思うこともありましたが、不安になり退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。