東京エレクトロンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東京エレクトロン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 34件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.2 29.7 51.8
平均給与(万円/年) 508.7 440.2 53.7
有給休暇消化率 59.0 50.1 52.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

東京エレクトロンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、東京エレクトロンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

家庭の事情で退職したが、個人的には辞めたくない。

voice

良い従業員がいないのも退職を考えている理由の一つです。

voice

現在の職場を管理している組織は、明らかに人を選んで仕事をしているので、それが改善されない限り、退職者が続出することになります。

voice

想定していたものとのギャップが大きすぎて、ボーナスが1ヶ月程度の貧弱なもので、希望退職を求められている状況でした。

voice

今後の事業展開や可能性が見えなかったことも退職理由の一つです。

voice

ある時点から仕事の幅を広げてスキルアップしようとすることに限界を感じ、サラリーマンとしてのキャリアアップができず、5年後、10年後も同じ場所で同じことをしていることを想定して退職しました。

voice

会社員としては仕方なく受けたのですが、その時に人材紹介会社で受けた会社が希望の職種を提示してくれたので、退職することにしました。

voice

かなりの出来の悪い社員でも、ある程度は年数が経てば階級の地位は上がるし、過去に階級が上がった年配の社員の降格などはあまりない。

voice

職場の状況から見て、明らかに不当解雇であると考えます。

voice

買収した会社は大量の従業員を解雇することで有名なので、将来いつ解雇されるかわからない恐怖の中で働くのは耐えられません。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東京エレクトロンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

出張は半年以上になることが多く、顧客の工場のラインを止めることができないため、徹夜が常態化していた。

voice

開発業務は一般的に残業が多い傾向にあります。

voice

残業時間は場所や個人差はありますが、低い方だと思います。

voice

不景気の影響で残業時間を減らす取り組みが強まっているが(まだ「規制」されていない)、職種によってはかなりの数があり、管理職以下の職種でも給与は比較的高い。

voice

良くも悪くも残業がしづらく、営業職としての可能性が限られてしまうのではないかと心配しています。

voice

管理部門はそれほど大変な仕事ではありませんが、一般的な企業の管理部門よりも労働時間が長いのではないでしょうか。

voice

予定外の作業が発生することがありますが、対応可能な場合は完了するまで残業します。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取りにくいという雰囲気は全くありません。

voice

有給休暇も一部の部署では取得可能ですが、問題なく取得できます。

voice

有給休暇はほぼ全額取得でき、月に1日の生理休暇も取得できます。

voice

有給休暇も規定通り取得できました。

voice

年次有給休暇も取得できるので、女性には嬉しい会社です。

voice

繁忙期以外の一般社員の残業はあまりなく、休みも取りやすく(前日に申請しても)、会社の人間関係も悪くない。

voice

年休を取得しやすい雰囲気づくりをしてみてはいかがでしょうか。

voice

海外の営業マンは、現地の顧客や会社が祝日の時に休むことも珍しくありません。

voice

入社1年目だったので、上司と相談して取得日を確認し、取得することになった。

voice

開発関連の仕事は納期の関係で休みが取りづらく、お客様の問題によっては夏休みや年末年始に出勤していただくこともあります。

voice

年末年始は申し込みが殺到しますが、入籍した人を優遇してくれると聞いたことがあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東京エレクトロンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスの変動が大きいため、年収は年によって大きく異なります。

voice

大学院卒であれば、1年目から残業ゼロでスタートしても350万円以上の給料がもらえるのは魅力的です。

voice

正規雇用の場合、昇給・昇格はほとんどなく、基本給は勤続年数が経ってもほとんど変わらない。

voice

当時はボーナスもうなずけそうで、年収面でも期待が持てました。

voice

景気が悪くなると、ボーナスが1ヶ月分に減り、残業や出張制限が社長から課せられ、収入が減る。

voice

景気に左右されてボーナスが低ければ、それに連動して年収も極端に下がる可能性が高い。

voice

仕事内容の割には給料は良かったと思います。

voice

具体的には、基本給が1ヶ月未満の人から5ヶ月以上の人までいました。

voice

非正社員、下請けは少し多めの給料。

voice

仕事内容と給与がリンクしていないので、モチベーションが上がらない。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。東京エレクトロンはどうでしょうか。

voice

ブラック企業なのではないかと疑っていた部分もありましたが、そんなことは全くなく、残業代はほぼ100%支給され、有給休暇も取りやすいです。

voice

強制ではなく、参加は任意なので、子供がいる人は定時退社できるので問題ない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

当社は利益率を重視している会社なので、営業にはノルマが厳しいです。

voice

厳格な上下関係はなく、自由に話すことができます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。