日本通運のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本通運 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 460件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.6 29.7 48.4
平均給与(万円/年) 432.9 440.2 49.6
有給休暇消化率 35.0 50.1 45.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本通運の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は多い時は50時間を超えていましたが、手当は常に10時間程度でした。

voice

多くの社員が仕事がなく、無駄な残業をしていたが、他の業者の例に倣って残業時間の規定があり、時間通りに終わらなかった分の仕事量ではなく、規定時間内に切らざるを得なくなり、翌日の仕事量に影響が出ていた。

voice

毎月60~80時間の残業がないと生活が苦しい。

voice

長時間労働や休日出勤は日常茶飯事だが、労働基準法違反で実際の給与には反映されず、サービス残業やサービス残業が発生しているのが実情だ。

voice

社員の雰囲気は部署によって全く異なりますが、残業が多くて疲れている部署もあれば、一日中規則正しく働いて定時で帰宅する部署もあります。

voice

それなのに、残業時間の申告には限度があり、私や周りの同僚は何十時間もサービス残業をしていました。

voice

仕事のやりがいはありましたが、長時間労働や残業が多く、プライベートの時間が欲しかったので退職しました。

voice

タイムカードはなく、上司が残業時間を書いた紙を持ってきて、部下が次々と名前を押していく。

voice

最近では、某商社の真似をして残業を抑制する政策も多く、副業も禁止されています。

voice

翌月になるとそれなりの残業が発生するので、積み重なるサイクルを繰り返しがちになり、結局残業代が出ないなどということになってしまいました......。

voice

シフト制の勤務になりますが、名ばかりで、自動的に残業が発生します。

voice

私が主任になると、毎日午前中は配達、午後は事務作業で残業し、早くても9時10分には帰宅していました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

2019年度から夏季休暇がなくなり、有給休暇から控除して補填しなければなりません。

voice

有給休暇の理由が旅行のためのものである場合は、承認されません。

voice

写真の現場で有給休暇中の人を見たことがありません。

voice

有給休暇が取りやすい部署と取りにくい部署があったような気がしますが、業界の関係で取りやすい環境ではないと感じました。

voice

当時はまだ有給休暇が取りやすい時代ではありませんでした。

voice

他の支店では年間20日も休みがない人もいました。

voice

労務調整日を年休と相殺している部署もあるが、運用上は基本的に年休はカバーできない。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本通運の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給が低く、残業の有無で給与額が大きく左右される。

voice

残業さえすれば、それなりの給料が出ますし、日通というブランドがあるので、将来性もあります。

voice

海運業をしていたので、休日出勤があることもありましたが、それでも同世代の人たちと比べると給料はかなり低かったです。

voice

地方では給料が安いところもあるが、家賃もそうだ。

voice

そもそも職務や時間に対して給料が低く、モチベーションの維持が難しい。

voice

5年くらい働けば給料はあるし、家族や子供がいれば福利厚生は他の会社に比べてかなり良い。

voice

給料はそれほど高くはないが、残業はほとんどなく、営業職としては窮屈ではない。

voice

残業して出勤しても、普通の給料で管理部門と同じ金額だったので、納得できませんでした。

voice

給与は年功序列で、良くも悪くもなく安定しており、ボーナスも一般的な会社と遜色ないと思います。

voice

同じ仕事をしていても、住んでいる場所や扶養家族の人数によって、給料やボーナスの額が大きく変わってきます。

voice

支店契約者のボーナスは、地域によって異なるが低い。

voice

地域社員の採用は、採用する地域にもよると思いますが、首都圏では20代~30代の方が給料が高いと思いますが、会社が昇給しないので、40代の方の給料にメリットはないと思います。

voice

課長から課長になってもそれほど高くないと言われ、次に給料が上がったと感じるのは、非組合員の正社員の課長になってからだという。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

引越しを機に退職しましたが、これがなかったらもっと続けていたかもしれません。

voice

スムーズに退社までサポートしてくれました。

voice

退職を決意した時には、当時の課長が頑張ってくれていたことに感謝しています。

voice

とにかく会社の規模が大きく、誰も辞めさせられることがないので、いろいろな人がいて、年功序列で「なんでこんな人がいるんだろう?という歪んだ形になってしまい、それぞれが別の話をするようになってしまい、手に負えなくなって辞職してしまいました。

voice

マネジメント力がないにもかかわらず、課長が順調に出世していく姿を見て、このままでは成長が止まってしまうと思い、退職を決意した。

voice

報酬が良ければ長く勤めたいと思っていたのですが、残念ながら、女性としての待遇が期待できないというのが退職の一番の理由でした。

voice

退職理由は、自分の将来に向けて次のステップに進むためだったので、正直に伝えたところ、とても親身になって相談に乗ってくれました。

voice

もともと地方社員だったので給料はあまり良くなかったのですが、手取りが少なすぎたのも辞めた理由の一つだと思います。

voice

和気あいあいとした雰囲気の中で働きたいと思っていたのですが、自分にはこのような職場は合わないと思い、退職・転職を考えるようになりました。

voice

実は私たちが退職してすぐに「定年制」の導入を決め、今年から運用を開始しました。

voice

仕事にやりがいを感じなかったのが一番の理由です。

voice

その劣悪な雰囲気の中で何人もの社員が入院や退職をしているのに、改善の余地は全くない。

voice

地域社員なので、遠方転勤はないようですが、管理職にしかなれないので、今後のことも含めて退職しました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本通運はどうでしょうか。

voice

繁忙期は個人のお客様を相手にしているため、面倒な依頼にも対応していただきますので、シフト終了時には定時で帰宅できることを期待しています。

voice

男性が多いのは改善されていないだけ(肉体労働が多い。

voice

物流の仕事だったので、イレギュラーや雑務が多く、定時で帰宅することはほぼ不可能でした。

voice

定時までの事務作業と、その後の現場対応という二段構えで仕事を進めていく感じでした。

voice

私も営業をしていたのですが、箱が潰れてしまったり、指定時間に届かなかったりと、事故によるクレームが多かったです。

voice

職場や上司によって雰囲気が異なり、ライフワークバランスも職場によって大きく異なります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

上司からすると、部下の愚痴を他の部下に言ったり、僻みが多く、注意しても注意させたり、いい顔をしたりすることが多く、仕事への意欲を削がれていた。

voice

定年退職者が多く、人手不足が常態化しているため、一人に負担がかかり、精神的につらいからと新人をいじめる人が多い。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

最近では、企業がセクハラやパワハラに真剣に取り組んでおり(職場が男性優位のためか)、女性が理論に基づいて会社に意見を述べれば、8割以上が認められるようになっています。

voice

パワハラやセクハラは家庭の伝統でもあり、後を絶たない。

voice

パワハラやセクハラに関する研修がきちんと行われており、上司や同僚がきちんと対応してくれるので、女性社員も安心して働くことができます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

あまりにも理不尽で残業とはかけ離れている点に疑問を感じました。

voice

うまくいかなければできない仕事なので、たくさん叱責されます。

voice

倉庫で働いていると、上司から理不尽なことをいろいろと言われ、それに耐えて期待以上のパフォーマンスをすることが求められ、私の場合は評価されることになりました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

出世できるかどうかは、どれだけ気合を入れて仕事をするか、会社の体育会系についていけるかにかかっていると言っても過言ではありません。

voice

社風も体育会系ですが、同業他社と比べても悪くないと聞いていますし、物流業界で頑張るには良い職場だと思います。

voice

主任以上の立場の人の影響力が強く、上下関係がひどい。

voice

営業ノルマは一切なく、ゆるい社風なので、のびのびと働けます。

voice

業者に罵声を浴びせられたことを話し合おうとしたところ、上司は止めてから謝罪するだけで、仕事を続けられる状態ではありませんでした。

voice

以前は管理職以上はのんびりしていて、仕事もほとんどしていなかったのですが、今は減給や仕事のノルマが課せられ、管理職の方が苦労しているようです。

voice

上下関係が良好で、わからないことがあっても的確なアドバイスをもらえるのは、人材の豊富さの証だと感じています。

voice

営業所のノルマは特に負担にならないし、どちらかと言えば、仕事がなくて支店長などに好意を寄せようとする役立たずの社員ほど評価されている印象がある。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

仕事中に手首などを痛めたときに、病院に行っても労災がもらえないのが悩みでした。

voice

若いうちは、仲間がほぼ横並びの状況では、モチベーションが上がらない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。