横浜ゴムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 横浜ゴム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 54件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.5 29.7 51.3
平均給与(万円/年) 494.4 440.2 52.9
有給休暇消化率 54.1 50.1 51.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

横浜ゴムに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、横浜ゴムと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

家族の都合で退職することになったので、会社に不満はありませんでした。

voice

茨木か三島への転勤を選べと言われずに辞めました。

voice

やはり、現場は体力的にきついので、腰痛など現場での作業が困難な場合は、退職や左遷を誘発することがあります。

voice

私の場合は、親が自営業で、将来的にはその事業を引き継ぐ予定だったので、退職しました。

voice

男女雇用機会均等法が施行されてから約5年後、私の子供が生まれても平塚工場では誰も働いてくれず(出産直前まで働いていた人は数人いましたが)、妊娠を機に工場を離れることにしました。

voice

仕事の分担がうまくいかない社風があり、担当者が一人しかいなくてその人が辞めてしまうと、すぐに仕事が止まってしまうことがあります。

voice

文系の女性で総合職に就いている人は5%にも満たないし、今の時代は結婚退職を奨励する文化がある。

voice

当時は保育園を辞める人が周りにいなかったので、結婚や妊娠を機に退職する人がほとんどでした。

voice

入社してからすぐに正社員の試験がなくなり(不景気のせいか)、正社員になりたくて入社したので、ここにいる意味がなくなったので、退職することにしました。

voice

自分で問題を解決する能力があれば、それは下降の世界であり、負けた人は左遷されて本社や研究開発センターで働くことになり、幹部候補としてエリートの道を歩むことになります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。横浜ゴムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働環境は悪くなく、残業もほとんどありませんでした。

voice

残業時間は減りましたが、仕事量は減らなかったので、部署によっては仕事を持ち帰っている人もいれば、仕事を終えた後に残っている人もいました。

voice

土日は休みが取りやすく、残業時間も協定があるので20時間程度。

voice

気になる点としては、残業が多く、休日出勤がしづらいことが挙げられると思います。

voice

震災後、節電のために当初は全日残業禁止だったが、節電が終わった後も何の説明もなく残業規制が続いており、働きたくても働けない。

voice

残業に対する考え方が甘く、残業をさせてしまう部署もあり、残業代は配属先によって異なります。

voice

部署にもよると思いますが、私のいる部署では残業は日常茶飯事なので、ワークライフバランスが良いとは言い難いです。

voice

前職は残業代の加算が難しい社風だったので、必要な残業代は貰うべきだと思うのですが、それができなかったことを痛感しています。

voice

残業代は現場にいれば支給されますが、設計に行くと手当が出て残業はありませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

3日以上の休みを取るのも、それ以上の休みを取るのも難しい。

voice

特別休暇は初年度11日、以降毎年2日ずつ加算され、7年目には最大20日となります。

voice

正社員になってからは、有給休暇が1回、月11日の休みが取れたので、とても助かりました。

voice

派遣社員として働いていましたが、比較的働きやすく、有給休暇の取得率も良かったです。

voice

週休2日の4交替勤務なので、3連休にするために初日や最終日にどうしても有給休暇を取る人が多く、早い者勝ちのような感じで、希望の日が取れないこともあります。

voice

時給1100円で働いていますが、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始が終わったら金欠です。

voice

技術管理部という部署で働いていたのですが、土日祝日は有給休暇が取りやすく、残業もそれほど多くなく、ボーナスもまともな若手社員が多く、環境が良かったです。

voice

有給休暇を取るかどうか聞いて回った上司がいて、そこで有給休暇を取ると言ったら、本当に嫌な顔をされました。

voice

有給休暇、ライフワークバランス、私生活の尊重など、管理職と従業員の関係は非常に良好だと思います。

voice

残業代も申請すればきちんと支給されます。

voice

残業をするためには、上司が専用の用紙を使って申請し、所属長の承認を得なければなりません。

voice

土日が休みの友達ばかりで、友達との予定がほとんどなくてイライラしていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。横浜ゴムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

月給はそれほど多くはなかったが、ボーナスはまともだったし、私がいた部署は有給休暇の紹介がとても充実していて、残業もそこまで多くはなかったので、働きやすかった。

voice

残業代や各種手当が大幅に削減されているため、手取りの絶対額が非常に低い。

voice

契約社員の時は正直大変でしたが、正社員になった月の給料が上がってびっくりしたのを覚えています。

voice

非正規なら給料は変わらないから、年収は大卒3年目くらいの奴に抜かれる。

voice

年数の長い人で構成されていると思いますが、給料はそんなに変わらないので、我慢できるかどうかの問題だと思います。

voice

3ヶ月に一度は経験手当が支給されますが、連休中の給料の補填のために消えてしまいます。

voice

人事評価で給料が下がることはほとんどなく、管理職に昇格していない人でもそれなりに給料は上がるのですが、やる気がない、仕事をあまりしない、会社にしがみついている人が多いのは問題だと思います。

voice

私は地元の工場で働いていましたが、尾道の大手企業よりも給料は良かったと思います。

voice

今は多くの会社がやっていると思いますが、給料から天引きして金銭的な形で貯金することもできるので、貯金ができない人はやってみるといいかもしれませんね。

voice

結婚してからも様々な手当をもらっていたので、年収にはそれなりに満足していました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。横浜ゴムはどうでしょうか。

voice

ブラックイルミネーションの名のもと、ノー残業デーを設定。

voice

ブラックイルミネーションというルールがあり、水曜と金曜は定時で帰宅することになっていますが、それも形式的なものです。

voice

職場間の労働時間の格差は大きいですが、他の会社で働いている友人から聞いた限りでは、比較するほどブラックではないというのが本性のようです。

voice

時々、かなり上層部の将校が定時後に見回りをしていたのを覚えています。

voice

労災や品質不良を避けるためにやっているのかもしれませんが、現場の作業員はロボットのように経験値を上げようともせずに仕事をしています。

voice

タイヤという商品なので、肉体労働は覚悟しておいた方がいいですね。

voice

仕事が終われば定時で退社する社員はかなりの数にのぼります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

そういう人たちを批判する人たちは、陰で悪者扱いされていて、人望のかけらもない。

voice

2010年までは、良い上司や同僚に恵まれ、仕事も頑張れていたのですが、いじめ好きの上司のせいで、やる気やモチベーションが下がってしまいました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

上司によってはパワハラもあるので気になるところです。

voice

社風のせいもあると思いますが、短気な社員が多く、パワハラが多いです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

パートナーシップのために理不尽な仕事をさせられたのだと確信しています。

voice

それなりの金額の大きな仕事を任されたのはいい経験でしたが、上層部の理不尽な判断に理不尽に対抗できず、我慢の限界を感じて転職しました。

voice

やがて、彼は自分の正当性のために、理不尽な社内政治勢力との戦いに明け暮れた。

voice

習得できるスキルは「理不尽に耐える方法」です(苦笑)。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の社風で、営業とはいえ肉体労働もあります。

voice

上下関係がほとんどなく、働きやすい環境でした。

voice

昇格試験の内容は、ほとんど寝不足、時間が来るまで永遠にレポートを見直して書くこと、誰が待っているかわからない定量的な数値で能力を測らない曖昧なシステムなど、根性論的な解答が大半を占めています。

voice

言葉遣いが荒く、上下関係を重んじる人が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。