ヴィンクスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ヴィンクス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 48件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.6 29.7 50.8
平均給与(万円/年) 439.8 402.8 52.3
有給休暇消化率 55.8 43.5 53.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

ヴィンクスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ヴィンクスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ヴィンクスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与は30代前半で主任に昇格するまで残業代を支給します。

voice

ボーナスはここ数年、月に1回程度しか支給されていません。

voice

年収に対するボーナスの比率は非常に高く、業績が低下してボーナスが支給されない現状では平均的な金額となっています。

voice

給与体系は基本給+管理職手当なので、若いうちに管理職になっても年収はそれほど高くありません。

voice

基本給は低かったのですが、残業だけでも月単位で結構な額をもらっていました。

voice

営業は開発のようなインセンティブはなく、基本給+残業代+ボーナスで安定した年収が得られます。

voice

仕事が忙しくて体調を崩しても、ある程度の給料がもらえるのは良いことだと思います。

voice

給料も少し上がって、軌道に乗れば管理職への道を歩む確率は低そうです。

voice

業績連動型システムの導入によりボーナスが大幅に減少したため、年収としては低い。

voice

他の会社では、事務・人事・事務職は営業・開発職よりも給料が低いのが普通ですが、役職があっても給料や昇進のレベルには影響しません。

voice

気にすることはないが、手当が少ないので基本給に頼らざるを得ないし、家族手当があればもっといいのではないかと思う。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ヴィンクスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

管理職でない場合は、組合員であることを理由に残業時間制限の対象となります。

voice

新しいプロジェクトに入ると月に40時間以上、土日に仕事をする人も多いです。

voice

部署によって残業時間などの対応が異なるため、クレームなども多かったのですが、改善の見込みは感じられません。

voice

前日の残業が長引いても、翌日の11時には出勤できるような融通の利く勤務体系でした。

voice

私がいた部署は残業がそんなに多くなかったので、仕事と趣味の両立はしやすいと思います。

voice

困った時には休めない、法外な残業がある、家に帰っても電話が鳴らない、上司から出勤を求められる、なぜか切られることが多かった。

voice

赤字部門の場合、残業が許されず、サービス残業を強要されることもあります(半強制的にやらされることもあります)。

voice

お客様の営業時間外の仕事なので、夜遅くまで仕事をして、翌日や朝一番に出勤しなければならず、体力的にもきついです。

voice

残業時間は分単位で支払われるようになりました。

voice

多くの人が残業して稼いでいて、残業が当たり前で、残業した人は頑張っていると思っていましたが、実際には残業していない人もいました。

voice

組織的には週1回のノー残業デーを提唱していますが、特にソリューション部門は業務上の理由で守られることはほとんどありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得率や雰囲気が部署によって違いすぎる。

voice

有給休暇を大型連休や年末年始に利用する社員が多く、必然的に有給休暇の取得率が高くなる。

voice

何を言われようと、申請すれば取得できる仕組みになっているので、申請すれば取得できます。

voice

>> 顧客先での有給休暇の取得が難しい。

voice

担当プロジェクトにもよるが、下明の場合、年に一度は必ず一週間の有給休暇を取得して海外旅行に行っていた。

voice

部署にもよりますが、基本的には有給休暇や半休が取りやすいです。

voice

有給休暇の取得率はあまり高くないと思います。

voice

何よりも、上司がそのようなことでしっかり休んでいるので、気にせずに有給休暇を取得できるのがいいですね。

voice

給与は一般的な水準で、有給休暇もあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ヴィンクスはどうでしょうか。

voice

精神病院に行けとまで言われたこともありましたが、これは極端な例だと思います。

voice

裁量労働制で、定時前に退社しなければならないこともありました。

voice

よっぽどのことがない限り、定時で帰れるところが良かったです。

voice

毎日ほぼ定時で帰宅する人もいれば、毎日終電で出勤して土日に出勤する人もいます。

voice

トラブルがなければ時間通りに帰宅でき、ノートパソコンを持ち帰ることができるので、自宅でのトラブルにも対応できます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ヴィンクスではどのような現状でしょうか

voice

心の病気で休職している人が多いように感じました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

人間関係がうまくいかず、辞めるときにはパワハラのような注意を毎日受けていました。

voice

それはパワハラではなく、直属の上司と波長が合わないことを気にしすぎていたのではないかと感じています。

voice

人間関係。新卒の方はそうでもないですが、社員の方は部署によってはパワハラのチェックを受けたり、自己都合退職に追い込まれたりすることもあります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

仕事が順調に進んでいる限り、特に管理職から指摘されることはなかったようですが、政治的な背景など、少し窮屈なことや入り組んだことを担当している人、特に中途入社の人は、頼れる人や相談できる人がいなくて大変だったようです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

辞職理由は地元に帰るためだったが、それを咎められることなく退職することができた。

voice

その方々が定年を迎えて退職され、代理店への提案力やコンサルティング力の低下が懸念されていました。

voice

退職の意思を伝えても上司に無視され、退職するまで出勤するのが大変でした。

voice

事業部長との面談があると聞いていたが、何の連絡もなく、辞表を出した日に来てしまった。

voice

新規案件がかなり減っていたのと、合併したことで今後の昇進が難しくなったため、退職を決意しました。

voice

優秀なメンバーが順番に退職していくため、中堅以上のSEや経営者がほとんどいない。

voice

合併以来、よくわかりませんが、合併後、かなりの数の退職者が出ているのではないでしょうか。

voice

私が知っているのは、妊娠~産休~育休~産休~退職。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。