第一精工のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 第一精工 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 35件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.8 30.1 48.6
平均給与(万円/年) 410.3 397.2 50.9
有給休暇消化率 48.9 43.2 51.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

第一精工に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、第一精工と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。第一精工の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間は分刻みで計算されるようになり、労働環境は場所によって異なりますが、労務管理は法律を遵守するようになりました。

voice

残業が制限されていて、タイムカードを押して仕事をすることもありますが、基本サービス残業はするなと言われています。

voice

管理職には基本的に深夜残業はありませんが、製造業など3交代勤務の人は夜勤の1.25倍程度の給与が支給されます。

voice

残業が多いので、平日のみの勤務ですが、土日はほとんど休みです。

voice

残業時間に制限があり、それを超えそうになると強制退社させられます。

voice

忙しい時は休日出勤もありますが、コンプライアンスはしっかりしており、必ず代休を取得しています。

voice

日によっては休日出勤もありますし、横断的に仕事をしなければならないこともあるので、ワークライフバランスが取れているとは言えないと思います。

voice

休みは早めに取るように言われますが、決して働きやすい環境ではありません。

voice

残業が多く、36協定を超えてギリギリのラインに調整していることが多いです。

voice

忙しければ土日祝日に出勤することもありますが、数週間連続で出勤しなければならない場合は、会社から仕事が割り振られます。

voice

毎日残業でサービス残業を強いられている部署もあります。

voice

残業は上限を設けているが、業務量が多く、サービス残業に追われることが多い。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は法定最低日数ですが、問題なく取得できます。

voice

理由があれば有給休暇も多く取りやすいです。

voice

規則性があり、連続して何回も休まなければならないので、休ませてくれる傾向があります。

voice

計画取得制度を導入し、消化率が向上しています。

voice

配属された部署によっては、有給休暇を取得できる可能性が高い部署もあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。第一精工の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給が低いからといって残業をしないと、生活が苦しくなるかもしれません。

voice

4ヶ月分が多いように感じますが、実際には基本給が少ないので、もらえる金額が少なすぎます。

voice

給料も週払いだったので、とても良い印象を受けました。

voice

年を重ねるごとに、実際にはそれほど給料が上がっていないというリスクがあります。

voice

その反面、基本給が低いために残業が多くなり、残業代が全額支給されてしまうという問題もあります。

voice

中途採用者は給料が低く、福利厚生や残業代も含めて最低限の給料というイメージがあります。

voice

数年に一度、売上が予想を大幅に上回った場合には、ボーナスに加えて努力に対する報奨金を支給しています。

voice

夜勤の給料もとても安く、正直私にはできない金額だったので、夜勤の意味を理解してもらいたいです。

voice

一部上場を誇る企業ですが、給与は平均以下。

voice

うつ病で欠勤しがちなのに、給料はそれなりにもらっているし、なかなか出勤できない。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

妙に理不尽に対立する上司がいないのも良い点だと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。第一精工はどうでしょうか。

voice

部署によっては仕事量が多く、残業も多いですが、規定の労働時間を超えないように全社的なチェックがあるので、働きやすい環境だと思います。

voice

残業した翌日には定時で帰るなど、気をつけていないと、車での帰宅時に事故を起こしてしまうことがあります。

voice

水曜日はいつもノー残業デーで、上の人たちは定時後に帰宅するので。

voice

職場や部署にもよると思いますが、私の場合は基本的に定時退社で、上司よりも早く帰っても、何か手伝えることがあれば上司に聞いてくださいと言われたり、強制されたりしたことはありません。

voice

業務が忙しい時もありますが、それは社内のスケジュールや間接業務が多く、直接業務を行うことが難しいため、問い合わせが少なくなった定時後にしか業務を行うことができないからです。

voice

必然的に離職率の高いブラック部署に採用される可能性が高くなります。

voice

悩み続けると精神的に辛くなって辞めてしまう人が多いと聞いたことがあります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、第一精工ではどのような現状でしょうか

voice

トップダウンの経営スタイルが強いため、経営陣が年上であればあるほど、心の痛みを抱えているように感じました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系の雰囲気のある会社で、大人しい人には向いていないかもしれません。

voice

昔ながらの体育会系の社風が残っています。

voice

体育会系の学科もあれば、少し緩くて優しい学科もあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私の退職時には、この4年間で7人目の退職者となりました。

voice

精神的に不安定になり、わずか1年で退職してしまいました。

voice

辞めるときは転職先を教えてくれない(妨害される可能性があるから)ので、残る人はより良い会社に転職することを知らないと思います。

voice

途中で皆勤手当がなくなり、退職しました。

voice

残業代が満額支給されるのはいいが、営業や工場の現場よりも管理部門の方が圧倒的に力が弱いので、管理部門の退職者が後を絶たない。

voice

他社でうまくいっている人は、もっといい会社を見つけてどんどん辞めていく。

voice

私のケースは特殊なので参考にはなりませんが、退職した同僚の多くは仕事量に追いつかず、仕事に対する情熱や目的を失っていたのではないかと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。