関西スーパーマーケットのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 関西スーパーマーケット について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 48件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 兵庫県平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.7 29.1 49.0
平均給与(万円/年) 317.3 397.9 44.4
有給休暇消化率 31.8 42.1 47.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある兵庫県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。関西スーパーマーケットの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

働いている時間を考えると大した給料ではありません。

voice

役職手当がもらえる場合は、それなりの金額が期待できます。

voice

初任給は20万が一般的ですが、ボーナスがあるので若くして稼いでいる感じがします。

voice

2年目以降は年4ヶ月分(評価による)のボーナスがあり、残業代は最大30時間分(約5~6万)なので、悪くない数字です。

voice

もちろん大手の給料には及ばないが、同業他社と比較すると平均かそれ以上と言ったところだろうか。

voice

収入は年齢に比例して上がる地域もあるので、安定した収入が得られます。

voice

ボーナスについては、労働組合があるので安定している。

voice

言うまでもなく、昇給もあまり期待できません。

voice

部署の管理職(主任)や社内資格を持っていても、給料自体はあまり上がりません。

voice

小売業全般に言えることですが、とにかく給料が低く、年を重ねるとほとんど上がらない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

やり方は体育会系だが、積極的なことが多い。

voice

昭和の体育会系の会社という印象を受けました。

voice

離職率が高くない?体育会系の体質で気性が悪い上司が多い。

voice

体育会系の会社なので、とにかく体を動かす必要があります。

voice

体育会系とはいえ、毎日仕事をしていれば、自然と必要な技術が身につき、昇進するのが現実です。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。関西スーパーマーケットの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

サービス残業を含めると60時間以上の残業があったことになります。

voice

節分やクリスマスは昼間の配信ともなると忙しく、出勤時には早朝に出て閉店してしまうこともあります。

voice

朝7時半から夜10時まで働かせてくれないし、残業も全くさせてくれない。

voice

毎日15時間以上の残業をしなければならない状況で、上司が許可した場合に限り、1日1時間を上限に残業代を付けることができました。

voice

残業規制は厳しいですが、実態に即したものではなく、営業時間>労働時間なので、必死で働かざるを得ないこともあります。

voice

今は改善されているかもしれませんが、労働時間が長く、毎日朝早くから夜遅くまで働いていました。

voice

年末などの繁忙期には基本的に残業は避けられません。

voice

私の周りの従業員は、有給休暇のほとんどを取得しておらず、実際の残業時間よりも少ない残業時間を申告していました。

voice

仕事量が多く、サービス残業が発生し、勤務日に食事やお風呂に入るだけでも寝不足になってしまうほどの長時間労働。

voice

残業なども厳しく、よほどのことがない限り社員でも残業をさせてくれませんでした。

voice

残業時間も多少はマシになっているので、続ける価値はあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

残っていた有給休暇を全て消化して退職することができました。

voice

前期7日、後期5日、通年3日(それぞれ2回に分けて取得可能)の連休があります。

voice

有給休暇については、年5回の取得が義務づけられており、希望日がなければ上司がシフトに組み込んで使用します。

voice

仕方ないのかもしれませんが、有給休暇が取りにくい雰囲気です。

voice

有給休暇はほぼ100%取得しなければならない制度があり、夏と冬にそれぞれ5~7日ずつの特別休暇があるので、比較的休みが多い業界だと思います。

voice

いつも人手不足で有給休暇が取りづらい。

voice

有給休暇は年間10日ありますが、最大で30日となっているにもかかわらず、取得できない人もいました。

voice

有給休暇を取得するためには、その理由を記載した提出書類を提出する必要があります。

voice

個人差はありますが、まず有給休暇は消化しにくいですし、日々の仕事がハードすぎて、休みの日は体を休めることに従事しなければならないので、ワークライフバランスが特に充実しているとは言えません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。関西スーパーマーケットはどうでしょうか。

voice

茫洋としたプレッシャーの中で、食べ物も通らず、精神的に追い詰められていた時期がありました。

voice

定時で帰宅したのは、入社後の研修期間中だけでした。

voice

定時で帰る人もいれば、個人的な理由で残って勉強する人もいます。

voice

遅刻する人もいれば定時で帰る人もいるので、配属先の部署や店舗にもよります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

仕事中も四六時中人の悪口を言っています。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラという言葉が当てはまるレベルかもしれません。

voice

突然、わからないことで怒られる社員が出てきて、結構大変なんですよね。

voice

人間関係は店舗や上司にもよりますが、パワハラは他の会社に比べて多いと思います。

voice

入社前はOJTはしっかりやっていると感じていましたが、入社後のOJTはパワハラに近い部分もありました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

一部にはもっともらしい指導もあるが、大半は理不尽であり、店の業務にそぐわない。

voice

朝から本社管理職の罵声と凄まじい仕事の指示。

voice

理不尽なことを我慢して、上司にお金を出してもらうのが得意な人は、我慢し続ければ出世できるかもしれません。

voice

指摘や叱責は必要かもしれませんが、飴とムチの使い分けができなければ、社員の成長は期待できません。

voice

感情的に怒る上司を相手にするのは精神的にきつい。

voice

上司の多くは非常に高圧的な人が多く、ストレスを感じることがあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職の意思を伝えた後、引き継ぎの手続きは比較的スムーズに進み、退職することができました。

voice

辞任の手続きはスムーズに進み、何の問題もありませんでした。

voice

退職の理由は、当時学生だった私が就職活動をしていて、就職が決まったからです。

voice

辞めた理由は、ここではあまり甘えてはいけないと思ったからです。

voice

ここ数年で4年以上になると思いますが、私が退職する前から新規出店は完全に止まっていました。

voice

退職理由は、小売・流通業のため、ある程度やむを得ないとはいえ、不規則なシフトや長時間の残業で続けられないというものでした。

voice

同時期に入社した社員や先輩社員が次々と退職していき、残った社員との仕事に追われ、体力的にも疲れ果てて退職した。

voice

土日休みの会社の方が自分の将来のためになると思い、退職を決意しました。

voice

率直に言って、今の制度が続く限り、退職者は増え続け、赤字は増え続けるだろう。

voice

退職者が非常に多く、私の同業者も数年後にはほとんど残っていません。

voice

パートタイマーが主力となり、高齢店ではパートタイマーの平均年齢が高く、定年が重なっている店舗も多く、将来的には店舗の従業員の負担がさらに増えることになります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。