九州電力のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 九州電力 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 80件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 福岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.0 30.6 52.4
平均給与(万円/年) 427.4 361.6 55.4
有給休暇消化率 69.7 40.1 58.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある福岡県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

九州電力に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、九州電力と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。九州電力の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

能力のない人でも残業が増えればそれだけもらえるので、不公平でした。

voice

残業が多いといっても、36協定でトラブルにならないようにという意識が強いので、一定時間以上の残業はできないし、サービス残業も多い。

voice

残業が全くない部署もあれば、40時間程度の部署もあります。

voice

部署によっては残業や休日出勤が当たり前のところもあり、小さなお子さんがいると時短勤務は難しいです。

voice

私が勤めていた部署では、上司が部下に残業をさせないように気をつけていたので、サービス残業はありませんでした。

voice

派遣社員であっても、かなり遅くまで残業しなければならない部署もあれば、定時で帰る部署もあります。

voice

上司はあまり残業してほしくない人だったそうで、残業はしんどいし、先輩にビビってビビっていたそうです。

voice

復職後に時短勤務をしていても、繁忙期にはどうしても残業が必要になる点。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

繁忙期でなければ、有給休暇も取得しやすく、ギリギリになっても申請して承認してもらえるので良いと思います。

voice

希望すれば休めるので、とても働きやすかったと思います。

voice

労働組合がしっかりしており、基本的には全ての休暇を利用することを基本方針としていますので、ご自身のスケジュールに合わせて休暇を取得することができます。

voice

有給休暇を契約していて、すべてオンラインで管理されているので、やりやすかったです。

voice

有給休暇の取得日数は、営業所と本社で大きく差があり、営業所ではほぼ100%、本社では約6割が取得しています。

voice

休暇は会社や組合が積極的に取得を奨励しています。

voice

プライベートとの両立という意味では、土日も休めたし、有給休暇の取得も毎年問題なく取得できていたので満足しています。

voice

もちろん、夏休みも5日連続でリフレッシュ休暇を取らなければならないような雰囲気でした。

voice

部署にもよると思いますが、子供の参観日や運動会、入学式があった時、妻や子供が病気になった時など、みんなが気兼ねなく休めるような雰囲気でした。

voice

コンスタントに休みを取る必要がありますが、仕事は波がありますので、今は休みを取る時期ではないと思って休みを先延ばしにしてはいけないと後から注意されます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。九州電力の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料やボーナスをカットされるなら、少し我慢した方がいいと思います。

voice

若いうちは基本給はあまり良くないが、残業代で補える。

voice

典型的な年功序列のため、全く仕事ができない人でもかなりの高給取りです。

voice

高卒と大卒では給与表が同じなので、同じ年功序列で同じ年齢の高卒でも給与が同じになるという満足度の低い結果になっています。

voice

原発事故でボーナスを失ったにもかかわらず、生活支援金として給料の1ヶ月分が支給された。

voice

2017年にはボーナスが復活するほか、キャリアプランニング支援基金などの特別手当も支給されます。

voice

福利厚生が充実していたので、生活費で給料をあまり取られることもなく、充実した生活を送ることができました。

voice

若い時はあまり稼げませんが、30歳近くになると主任になるための試験があるので、それをクリアして主任になれば、給料はどんどん上がっていきます。

voice

ボーナスが戻ったことで、全体的に収入が上がっていると思います。

voice

会社の財務状況が悪いにもかかわらず、ボーナスや給与が維持されていることは非常に珍しく、他社と比較しても非常に優れた点だと思います。

voice

年齢差があり、全体的に30代の社員が少なく、20代、40代、50代の社員が多いため、基本給の低い若手社員が多く仕事をする雰囲気があります。

voice

業務内容を考えると、給与は高めかもしれません。

voice

年功序列を責めるつもりはないが、上層部はそれに見合った給料で働いてほしい。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。九州電力はどうでしょうか。

voice

勤務時間については、本社勤務の方はかなり長いようですが、部署によっては定時で帰宅しているところもありました。

voice

忙しい部署でしたが、派遣社員は残業しなくてもいいという考えのグループだったので、ほとんど定時で帰宅していました。

voice

定時に起きる部署が多く、休日も多いですが、急な出勤には注意が必要です。

voice

安定した職場で、ライフワークバランスを重視して働きたい方にはぴったりの会社です。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラはよくあることではありません。

voice

福利厚生が充実していて、パワハラも全くありません。

voice

男性が多い部署だったので、最初は少し不安でしたが、とても親切で、セクハラやパワハラを気にしているかのような被害に遭うことはありませんでした。

voice

大きな会社なので、基本的には穏やかな上司が多く、パワハラなどはほとんどありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

酒はほぼ強制的に飲まされていたし、費用も分割されていた。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

年功序列が強く、体育会系の社風なので、コミュニケーション能力に自信のない方には向いていないかもしれません。

voice

体育会系風味のものが多く、メンタルヘルスへの理解が不足しているように感じました。

voice

インフラの仕事なので、体育会系のノリを求められることが多いです。

voice

基本的に真面目な人が多く、それを分けるには非常にタフなメンタリティが必要です。

voice

良くも悪くも昔ながらの精神のある会社ですが、その分、個人的に面倒を見てくれる先輩がいるので、仕事が辛くても人が良いので頑張れます。

voice

個性を無駄にしない人、社内政治をうまく操れる人、人に好かれる人が経営者になって出世していくという印象を受けます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職した今、冷静に振り返ってみると、会社は良くしてくれていると思います。

voice

早期退職の申し出があり、新しいことに挑戦したくて退職しました。

voice

年功序列の社風に嫌気がさし、退職を決意しました。

voice

転勤などの理由なく退職する社員はほとんどいない。

voice

退職を考えていた理由は、安定性は抜群なのに、個人の給料があまり上がらないと感じ始めたからです。

voice

中、早期退職制度を利用して、新しい世界に飛び込んでみました。

voice

子供の面倒を見るために退職しましたが、退職時にはみんなが笑顔で励ましてくれたので、とても安心しています。

voice

若いうちに結果を出したい、稼ぎたいと思って退職しました。

voice

九州内での転勤が多く、子供を産んで退職した人が多かったようです。

voice

先日の原発問題による派遣と発電の分離問題で、今後の経営状況が不透明になり、いろいろと不安になってきたので、退職しました。

voice

私は家庭の事情で退職しましたが、電力の小売り自由化で会社の安定性がなくなると思っていた人が多かったようです。

voice

会社の人同士で結婚するというパターンが非常に多いので、会社を辞めにくい雰囲気があるのは事実かもしれませんが...。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。