株式会社全教研のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社全教研 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 25件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 福岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.9 30.6 49.5
平均給与(万円/年) 358.7 361.6 49.8
有給休暇消化率 40.3 40.1 50.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある福岡県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社全教研に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社全教研と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社全教研の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間が遅いため、残業はほとんどなく、その代わりに早く出勤しなければならないことが多く、かなりの残業になってしまいました。

voice

労働時間については、サービス残業はありません。

voice

辞める直前に労基署の検査を受け、残業や早出は禁止されましたが、仕事量は変わりませんでした。

voice

休みの日数が少なく、会社が開示している数字とはかけ離れた実態があり、休日出勤や残業が当たり前になっている。

voice

残業が多いので、プライベートを重視したい方は続けるのが大変かもしれません。

voice

就業時間も教室によって異なりますが、私がいた教室では、サービス残業だけで月に60時間以上は簡単に超えていました。

voice

休日出勤やサービス残業が多く、教室によっては深夜2時や3時までの勤務を強いられることもあります。

voice

人事の方から残業はほとんどないと聞いていたのですが、冬期講習中に残業をしなければならず、残業申請書を提出しなければならなかったので、その点がとても気になり、働いた時間分の給与が欲しいと思っています。と思います。

voice

幸か不幸か残業が多く、申請することで以前と同じくらいの給料がもらえるようになりました。

voice

教室にもよると思いますが、正社員は休日出勤が当たり前でした。

voice

昔働いていたので今はどうなっているのかわかりませんが、当時は子供のやる気を引き出すために先生方が残業していました。

voice

時給が良く、残業代表もきちんと貰えたこと。

voice

仕事内容は、試験を配って、解答を集めて、時間になったら採点するだけの簡単なものだったので、時給は良かったのですが、時間が短くて、週に日曜日だけだったので、あまり稼げなかったので、ダブルシフトで働いていました。

voice

教員として小学生に算数と国語を教える仕事を担当していましたが、小学生で授業中に騒いだりするので大変でしたが、アルバイトなので残業もなく、定時出勤で定時に帰ることができ、楽しくてやりがいのある職場でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休日が少なく、土日は忙しかったです。

voice

月曜日が定休日なので、病院や銀行など平日にしかできない用事を済ませることができます。

voice

休日は一般の人とは違うので、家族や友人と過ごす時間がないことが多いです。

voice

教室長も休日出勤していましたが、ちゃんとした休みが取れていました。

voice

休みの日数をどうにかしないといけないと思いました。

voice

週に1日しか休みがないので、正直家事もできず、家計が苦しいです。

voice

私はサラリーマンをしていて、平日はそれなりに休みがありましたし、当時は独身だったので、特別な思い入れはありませんでした。

voice

最初の教室から異動になったのですが、新しい教室のスタッフも公休中で、実際の勤務時間と残業時間が一致していませんでした。

voice

大きな教室の先生は、大きな教室の先生ほど休みが少ない印象があります。

voice

一人で教室を運営している社員は、繁忙期に休みを取ることが難しく、管理職を超えて出世する機会はあるものの、入社5年以上の社員でも、新卒や2年目の社員と同じ肩書きを持っていないことがあり、社員によっては不満を感じることもあります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社全教研の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

大卒レベルであれば、最低限の収入は得られますし、クラスの広さややる気に応じて手当が支給されます。

voice

残業代を含めた給与面では、業界標準以上だと思います。

voice

途中からは、基本給と成果給に分解して給与を支給する制度に変更。

voice

正社員のボーナスにも同様に反映されている。

voice

労働時間の割にはいい給料なのかもしれませんが、16万くらいなのでまだ少ないです。

voice

事務的な業務の他に、進路指導、採用活動、学生のアルバイト研修なども行っているが、給与には全く反映されていない。

voice

確かに、お金をもらう立場であれば、リーダーシップを発揮する姿勢は重要です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社全教研はどうでしょうか。

voice

残業代ゼロの早出残業が当たり前で、定時より1時間前に出勤しないと嫌味を言われました。

voice

本当に教科を教えることが好きで、それを生涯の仕事にする覚悟がなければ、ライフプラン的にも大変な仕事です。

voice

女性には精神的にも肉体的にもキツイと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

新卒で入社しましたが、上司からのパワハラに我慢できず、3ヶ月ほどで退職しました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

もちろん、暴力を振るわれた覚えはありませんし、上司の主観で全てが決まる環境では将来が見えませんし、プライベートなことを聞かれるのも嫌だったので、転職を決意しました。

voice

基準日を過ぎてから英語の試験を受けることを上司に強要され、暴力を振るわれたため、退職を決意しました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

理屈ではなく直感で話す上司が多く、「自分には合わない」と感じている人も少なくありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

ブラックだとは感じなかったし、退職する直前でもちゃんとしたボーナスを出してくれました。

voice

契約更新時に上司(特に教室長)からかなりの嫌がらせを受けて辞めざるを得なくなった契約社員は過去にもかなりの数に上っている。

voice

引越し先には教室や支店などがなく、個人的な事情で引越しを余儀なくされました。

voice

夕方を中心に働く講師が多く、結婚や妊娠を機に退職する人が多いのも事実です。

voice

残業が信じられないほど重く、サービス残業が多く体調を崩していたので、退職することにしました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。