日本郵政のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本郵政 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 174件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 14.8 29.7 55.9
平均給与(万円/年) 384.8 440.2 47.0
有給休暇消化率 78.0 50.1 57.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

日本郵政に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本郵政と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本郵政の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業をするためには、さらに30分の強制休憩が与えられます。

voice

勤務地にもよると思いますが、残業はほとんどなく、帰宅後や土日はかなり自由に時間を使うことができます。

voice

残業は月5時間程度です。しかし、中間期や年末の決算期には現物棚卸しをしなければならないため、10時間程度の残業が発生します。

voice

残業はたまにありましたが、基本的にはそれ以下で、自分のやるべきことをやらなければならないと感じていました。

voice

当時はサービス残業や休日出勤が当たり前だった時代です。

voice

集配郵便局での郵便物の取り扱いなら、土日祝日の勤務も可能ですし、早番・遅番の勤務も可能なので、一般的なサービス業と変わりません。

voice

郵便物が多い日は残業しますが、逆に配達物が少ない日は早めに帰宅することもあります。

voice

残業は疲れるが、私のところでは月30時間までだった。

voice

法令遵守意識の高い企業なので、無駄な残業はなく、定時退社は当たり前。

voice

毎日上司に残業の申請をしなければならず、やや面倒です。

voice

残業もなく、みんな定時で帰っていますが、それができるのであれば、社員の基本給も上げてほしいですね。

voice

一番の理由は給料の安さで、年末の繁忙期は残業が当たり前で、割と稼げていたのですが、普段は残業がないので大変でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

配属先の管理者の考え次第では、10日以上連続で有給休暇などを取得することも可能です。

voice

正社員は年間20日の有給休暇を取得しなければなりません(非正社員にも有給休暇があります)。

voice

例えば、都市部の内勤者は、1年間の有給休暇を自分で計画し、年明けに提出しています。

voice

一般社員は勤続5年で約40日の休暇(計画年休・無制限年休)があります。

voice

年次有給休暇は初日から付与され、すぐに使用することができました。

voice

良いところや要望 思っていたよりも休みが多く、年休が使えるのが良い点だと思います。

voice

大企業だったので、世間の目線のせいか、計画的に年休を取得しており、年休が無くならないように強制的に取得させられていたので、とてもありがたかったです。

voice

有給休暇がなかなか取れなくて、長期休暇も考えられなかった(当時の上司に申し出ても断られていたと思いますが...)。

voice

有給休暇については、支店の規模や従業員数によっては取得が困難な場合があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本郵政の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業代が出ない分、大手に比べて給料はかなり低いだろうから、生活の質はかなり下げざるを得ない。

voice

来年からはポイント制に変更されるそうで、基本給から成果給に変更されるのが基本ですね。

voice

営業成績は、10年勤務しても昇給の見込みがないため、給与の振り幅に大きく影響します。

voice

夜勤があるので、給料面では都心部が良いと感じました。

voice

入社して1年ですが、給料が手取り13万くらいなので、転職を考えています。

voice

非正社員にもかかわらず、ボーナスが年2回あるのも魅力的です。

voice

非正規雇用でも一般職でも、給料は比較的安い。

voice

仕事は十分満足できるものでしたが、アルバイトの給料はやはり厳しい。

voice

生計を立てるための仕事なので、非常に悔しいですが、ボーナスや有給休暇があるので、主婦や定年退職した人でも十分に稼ぐことができます。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本郵政はどうでしょうか。

voice

最近は人手不足ですが、従業員を精神的に追い込む威圧感がすごいですね。

voice

非正規社員にも厳しいノルマを課すのはいかがなものかと。

voice

昨年はブラック企業のWebランキングで2位のダブルスコアで優勝しましたが、問題が蔓延しています。

voice

一般企業とは違い、公務員はほぼ決まった時間に帰宅することができ、多くの企業が徹夜勤務を余儀なくされていた当時、多くの公務員が帰宅することができました。

voice

かなりの肉体労働ですが、怪我や病気になることはありません。

voice

社員として働くことは、やりがいの面で大変だと思っていました。

voice

現場の指揮管理や郵便物・荷物の取り扱いが悪い箇所が見られた。

voice

配属された局の規模や地域にもよると思いますが、私の職場では、月末や繁忙日を除けば、大体定時で帰れていました。

voice

人間関係など心の問題は疲れるものですが、治す時間はあります。

voice

定時で帰宅するデスクワーカーにとって、育児との両立は大変な課題です。

voice

保険の営業などは厳しそうでした。

voice

仕事が終わった後も、研修や勉強会が多い印象を受けました。

voice

最近ではコスト削減のために定時退社を奨励している企業もあります。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日本郵政ではどのような現状でしょうか

voice

パワハラでうつ病になって入院したり、辞めたりした社員を何人も見てきました。

voice

名前はあっても、うつ病で1年以上仕事に行っていない人もいました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

体力には自信があったのですが、同じエリアの中でも、15段以上の段差がある一番大きな家が...。明らかに郵便物が溢れていて、何度車を倒したかわかりません...。その度にお掃除ノートを渡され、周りから罵声を浴びせられ、自分で車のメンテナンスをしなければならず、めちゃくちゃになってしまいました...。

voice

郵便物の分別が遅い!配布が遅い!みんなに迷惑をかけている毎日いじめっ子。

voice

労組などはいい顔をしていても、率先して非正規労働者をいじめるので注意が必要です。

voice

私は郵便局に配属され、研修中にいろいろな局を回りましたが、ネグレクトやイジメのような人間関係が何度もありました。

voice

最初は断ったのですが、陰湿でしつこいので別れてメールを送ったのですが、そもそもマニュアルというのはこいつのような社員や時給の高い人が作って派遣に渡すものだということを知らないようです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

研修でパワハラに文句を言う場所があると騒がしい説明があるが、全く通用しない。

voice

それは営業職とは無関係で、多くの社員がノルマや自滅に追われ、パワハラに追われる傾向はどこでも同じだという。

voice

営業ができれば次から次へと役職者を作るような会社には、信じられないようなパワハラが多い。

voice

女性社員へのアンケート調査や、セクハラなどの注意喚起を積極的に行っている印象を受けました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

営業成績の悪い社員(非正規含む)だけを集めて、脅迫的な罵声を浴びせるのもやめたほうがいいと思います。

voice

表向きは(公の場、テレビの取材など)「強制ではない」。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

貯金や保険のノルマはまだ理解できますが、はっきり言ってそこまでカタログに熱中する意味がわかりませんでした。

voice

雰囲気は監督によってかなり違いますが、平均を見ればノルマがあるのは当たり前。

voice

上場企業になってからは、毎月の営業ノルマが非常に厳しく、精神的なプレッシャーやストレスを感じて退職しました。

voice

時代遅れになりつつあるハガキ販売などに力を入れており、常にノルマを課して自爆販売をしているところが多い。

voice

ノルマがあったので、必死にお客様を呼んで営業していました。

voice

申し込みという発想を無視したマニュアル的な会社なので、上下板の書き込みは難しいと思います。

voice

若い世代としては、民営化前の高卒者の多くは、根性論を好む人が多いので、あまり共感できないような気がします。

voice

営業に関しては、無理なノルマを設定されることもありますが、本気で頑張ればほとんどのノルマは達成できると思います。

voice

営業ノルマがあることはわかっていて入社したのですが、まさかチラシやカタログでこんなに高い目標を設定するとは思ってもいませんでした。

voice

営業ノルマの厳しさや、営業ノルマを守らないことで上司に叱られているのをよく見かける。

voice

営業にはノルマがつきものですが、カウンターに来てくれた人に限って販売目標を設定していましたが、物販のノルマは毎月自分で仕入れをしなければならないほど厳しかったです。

voice

社員のノルマが厳しく、いわゆる「自爆営業」がニュースで話題になっているようですね!。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職を迷っていた時に部長に相談したところ、快諾してくれたのですが、翌日になって平然と反対されたり、人間味のある発言をされたりしたので、退職への迷いが消えてしまいました...。

voice

退職金もあると聞いていたので、長期的にはいいのかもしれませんね。

voice

退職理由は自己都合であって、会社の待遇や現場の人間関係が原因で退職したわけではありません。

voice

毎日同じ個体を配達するのに飽きたら、上司に嫌がらせされて辞めました。

voice

収入が少ない状態で商品を買わなければならないのでは意味がないので、転職や退職を考えている。

voice

半年ごとの契約更新は、各期の努力目標を達成していれば問題なく働き続けることができたため、主婦や主婦、早期退職して年金受給まで働いていた人も多くいました。

voice

私の場合は、次年度からは別の部署に異動になり、勤務時間も変更になると言われ、期待に応えられずに退職しました。

voice

最初に任されたのは小さな特定局で、上司である局長が小さくて非常に仕事がしづらかったのが最終的に辞める(退職を考える)理由になったのかな?妻が体調を崩していたので病院に連れて行き、少し遅刻した時に嫌味を言われたのを今でも覚えています(もちろん電話しました)。

voice

最後に配属された部長の人間性に耐えられず、過疎化が進む中山間地の閉鎖的な性格に合わず、クリエイティブな仕事に就く夢を諦められずに退職しました。

voice

退職して10年以上経ちますが、今頃になって「もっと頑張っておけばよかった」と思うことが多いです。もっと頑張ればよかったと思うことが多いです。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

冬の間は、道路が凍結しているため、毎年必ず転落事故や死亡事故が発生します。

voice

直したりしていると、配達する時間が少なくなるので、配達しては転んでは転んでは転んではの繰り返しになります。

voice

怪我や病気で欠員が出ても、上司などが補充策を講じず、現状把握ができない。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。