フェローズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに フェローズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 58.1 29.7 38.7
平均給与(万円/年) 392.7 440.2 47.5
有給休暇消化率 42.4 50.1 47.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

フェローズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、フェローズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。フェローズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

3ヶ月間の給料は手取り15万程度と非常に低かった。

voice

未経験者は給料が低く、ボーナスもないので大変です。

voice

各タームには査定月があり、その月に結果が出れば、かなりタイムリーにボーナスが反映されます。

voice

基本給はまあまあですが、ボーナスは業績に大きく反映されます。

voice

派遣なので、やはり給与面では厳しいですね。

voice

ボーナスは年3回、社長の裁量で金封が支給されることもある。

voice

基本給も恐ろしく低いので、普通の派遣会社でもガッツリ稼げます。

voice

給与面は低いですが、交渉次第で増やせると言った方が良いでしょう。

voice

ボーナスが年3回あるので、それなりの給料はもらえますが、それは売上が上がればの話です。

voice

実力主義なので、成績が良ければ給料も良い。

voice

今のところ昇給の可能性はほとんどないので、良いつながりになることを期待しています。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。フェローズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間の目安は45時間ですが、基本的には10時出社、10時退社で12時間拘束です。

voice

労働時間は月平均240時間(平均残業時間80~100時間)で、残業代はほとんど出ません。

voice

時間意識を叫ぶよりも、やるべきことが増え、会議は当たり前のように定時外に設定され、この会社にいると、長時間労働に慣れてしまい、将来的に本当に必要とされる短い時間で多くのことを成し遂げられる人間にはなれないのではないかと思ってしまう。

voice

定時退社はほぼ不可能で、残業とのスケジュール調整を余儀なくされています。

voice

夜遅くまで仕事をしていることが多いので、家族との時間を作るのは難しいかもしれません。

voice

入社前は残業時間が少なく、21時退社と言われていましたが、入社式前の研修ではすでに12時を超えて退社していました。

voice

残業せずに帰れとは言われないし、タイムシートを修正するように指示が飛んでくる。

voice

残業や定時後に強制的に行われる会議なども多く、従業員にとっては疲れることもあり、メンタルヘルス不調の人も少なくありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

家庭の事情など、本当にやむを得ない場合を除き、有給休暇は取得しない方が良いでしょう。

voice

有給休暇は使いづらいし、申請しても「なんでそんなに悪いことをしているのか」と聞かれる。

voice

配属された社員として働いていましたが、休日の日数が自分の加算と会社の要求とが一致していなかったので、担当者に相談しましたが、辞めてしまいました。

voice

直行・直帰申請制度で成績が上がらなかった場合には、戻ってくるように注意されます。

voice

事前に伝えれば休みが取れないわけではなく、自由度が高いのは楽でした。

voice

休日制度がしっかりしていて、完全週休2日制(火・水)。

voice

私的な理由であれば、申請を受け付けてくれない場合もあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。フェローズはどうでしょうか。

voice

従業員を使い捨てと考え、心身を壊しても残業体制を変えない。

voice

精神科を受診していることも伝えましたが、契約内の理由の一つです。

voice

毎日3時間の残業、定時後の会議、スピリチュアルな説教、毎週長すぎる朝礼、無理な目標設定をさせられ、達成できないと詰め寄られる。

voice

毎週1時間を超える朝礼、立ちっぱなしの朝礼、月2回の定時後に平然と行われる長丁場の会議も辞めない。

voice

基本的な勤務時間は8時間なので、体力的にも精神的にも圧迫感はありません。

voice

定時の19時に退社できることはほとんどありません。

voice

激務で理不尽なことが多いので、精神的に鍛えられている。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

アルハラやパワハラも常態化していました。

voice

お酒を飲むことが多く、そのような会では、セクハラと思われるような発言や行動を目にすることがあります。

voice

一部では「セクハラ」と感じるような行動も多く見られました(偉い人たちが自由に好きなことをするのはいいことですね)。

voice

上司に意見を言おうとすると、「辞めていいよ」と余裕を持って言われてしまうのは、パワハラにも似たようなものです。

voice

一見、社長や役員に対して風通しが良いように見えますが、セクハラやパワハラを理由に退職する社員もいます。

voice

まず、出向先でパワハラを受けた後、担当者に相談しましたが、何の対応もしてくれませんでした。

voice

彼はよく飲むし、彼との関係が良くないと、数字が出ないのは飲みに来ないからだ、という理解不能なパワハラをしてくる。

voice

望まない残業、辞めにくい雰囲気、社長のパワハラ、数字が入ってこないと全社員の前で謝罪、営業マンとして追い込まれる社風。

voice

女性が多い職場ですが、社長はセクハラで知られています。

voice

セクハラが多いので、結婚や出産は大変かもしれません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

退職の相談をしたところ、煽られて何時間も拘束され、気が狂いそうになりました。

voice

就職活動中に他社から内定をもらった際に、「他の業界に行ったらゲーム業界には戻れない!」と脅迫めいた口調で言われたことがあります。他の業界に行ったらゲーム業界には戻れないよ!」と脅されたこともありました。

voice

役員からすれば過去のことかもしれませんが、従業員からすればトラウマになります。

voice

営業マンなどには高圧的な態度をとっていましたが、話を聞いてくれていたような気がします。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

良い意味でも悪い意味でも体育会系で、ノリについていけないこともあります。

voice

まさに体育会系の会社で、パワハラやアルハラもありました。

voice

雰囲気はとても体育会系なので、自分に合っているかどうかわからないと厳しい環境だと感じてしまいます。

voice

素早い挨拶と対応が求められるので、体育会系だと思います。

voice

心身の能力に自信のある新卒者は入社させるべきだと思います。

voice

ノルマを達成している人は少なく、1年のうち数ヶ月はノルマを達成していることもあります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

以上のことから、このまま会社に勤め続けることは自分の将来のためにならないと判断し、退職することにしました。

voice

私が入社した時には、すでにかなりの数の人が病気になっていて、その人たちからいろいろな話を聞いて、あまり長く働ける環境ではないと判断して、半年ほどで退職しました。

voice

経営者を含めて退職率が非常に高く、社長との相性が悪くて辞めていく人が大半です。

voice

ワンストップサービスの恩恵を受けているが、このままでは退職者が減ることはない。

voice

派遣会社だったのですが、派遣会社との契約が切れて退職することができました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。