中外製薬のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 中外製薬 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 46件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 26.8 29.7 51.2
平均給与(万円/年) 764.1 440.2 67.3
有給休暇消化率 59.6 50.1 52.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

中外製薬に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、中外製薬と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。中外製薬の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

労働時間については、労働基準法違反はありません(サービス残業はありません)。

voice

お休みの日はしっかり休めますし、勤務時間に応じて残業代も支給されますよ。

voice

月に1~2回金曜日にノー残業デーを設け、17時30分には帰宅するようにしており、ワークライフバランスの改善に積極的に取り組んでいる印象を受けました。

voice

派遣社員だったので、ルーティンワークしかできなかったので、残業もなく、プライベートの時間を有効に使うことができました。

voice

上司に残業できないことを報告しろと言われるが、残業の理由を説明させられ、嫌な顔をして報告書を受け取るので、毎回報告書を渡すのが大変。

voice

人事評価が高ければ33前後で1,000、40手前で残業が増えて1,200近くになるかもしれません。

voice

育児休暇が取りやすく、月2回のノー残業デーもあり、福利厚生もしっかりしています。

voice

男性社員は残業が多い印象を受けました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。中外製薬の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

昇給があるのとないのとでは大きな違いがあると思います。

voice

管理職になると仕事量は飛躍的に増えますが、給料はそれにあまり比例しないようです。

voice

給与の内訳は、営業職の場合は基本給15万、みなし残業代5万の合計20万ですが、社内職の場合は基本給20万です。

voice

会社は手放しで認めている。給料は5年以上は上がらない。

voice

採用された時の給料は普通より高いですが、部長クラスになると安いという声もありました。

voice

各種手当があったので、同世代よりも年収が良かったです。

voice

MRは売れれば売れるほど評価されるので、ボーナスが高くなる。

voice

ボーナスも業績によりますが、基本給が高いので未達成でも一定額のボーナスが支給されますし、業績が良ければそれに応じた額のボーナスが支給されるので、モチベーションアップにつながります。

voice

給料は文句なしに良いですが、仕事が大変だと感じることもしばしばあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は比較的取得しやすく、年に数回、連休などに有給休暇の取得推奨日があり、会社が有給休暇の取得を促してくれます。

voice

年4回程度の有給休暇推奨日があり、ほとんどの社員が指定された日に有給休暇を取得しています。

voice

部署にもよりますが、有給休暇を取りやすい雰囲気があり、仕事量を調整して年に数回海外旅行に行く社員もいます。

voice

与えられた有給休暇の権利をすべて消化させてくれるとは思えません。

voice

上司にもよると思いますが、休みを取りやすい環境が整っているので、休みたいと思ったらすぐに有給休暇を取ることができます。

voice

休暇は、翌年に繰り越せる有給休暇と、有給休暇に加えて付与される1年間に消化しなければならない4日間の休暇があります。

voice

有給休暇の取得を推奨する日は年に数日ありますが、部署にもよりますが、忙しくてなかなか取れないことが多いです。

voice

残業はほとんどなく、有給休暇の半分以上は消化されているでしょう。

voice

ダイバーシティ、有給休暇など。

voice

年収は一般の方よりも高く、休暇は自己責任ですが、働きやすい環境です。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。中外製薬はどうでしょうか。

voice

その結果、ライフワークバランスが毎回ゼロになってしまい、モチベーションを維持しようと頑張りすぎたり、人に認められないように頑張りすぎて故障してしまう人も少なくありません。

voice

営業やマーケティングで精神的に続けられない人は事務職なので、レップとして頑張らないといけない。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

職場は厳しく、差別やハラスメントもあります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

場合によってはパワハラに近い発言をする上司もいますが、大体は降格している印象です。

voice

パワハラ研修はあるものの、実際に同じことを繰り返す上司もおり、会社の対応が不十分で、有望な社員が退職していくケースも少なくありません。

voice

職場ごとのライン帳によって会社の雰囲気はかなり異なりますが、昔のようにパワハラをするような上司がほとんどいなくなったのは、ライン帳研修などでかなりのハラスメント研修を受けていることの表れでしょう。

voice

好きな女性と話しただけでセクハラを注意されたり、上司に叱られたりした点。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

人に優しい(甘い)会社なので、やりがいがなくても適当に働きたい人にはいい会社だと思いますが、古い体質のため、かなり無理な要求や本社とのギャップがあります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

世間的にはレップは激務と思われがちですが、社内で精神的に辞める人がいないようにワークライフバランスを推進しているのはすごいですね。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

マンネリ化することなく、スムーズに辞めることができました。

voice

職場環境が良くなかったので退職しました。

voice

自己都合で退職することになったにもかかわらず、手続きや保険のフォローをしていただきました。

voice

アパートを事務所にしていたため、仕事がおろそかになってしまい、これではいけないと思い、退職しました。

voice

退職者が復帰できる制度があるかどうかは不明だが、ないのであれば作ってほしい。

voice

派遣社員だったのかどうかはわかりませんが、半年後にダウンサイジングで辞めさせられたのが気になります。

voice

10年後には社内体制の大きな変化がありますが、それまでには早期退職や部署の異なる他社との合併が予想されます。

voice

合併の影響が大きく、自社の研究投資を圧迫し、効率的な研究開発体制を維持することができなくなったため、退社を決意しました。

voice

普通の外資系企業では、毎日のようにわかりやすくリストラが行われていますが、ここではそのような雰囲気は感じませんでした。

voice

MRの結婚・退職を防ぐために、結婚時にMRの同居支援制度があります。

voice

5、6 年前までは、結婚・出産・産休を経て復職したものの、仕事と育児の両立が難しくなって退職する女性が多かったが、最近では、復職後の管理職登用が増え、女性が働きやすくなっている。また、産休復帰後の管理職への登用も増え、女性が働きやすくなっています。

voice

退職金制度や株式保有など、多くの企業で利用されている福利厚生のほとんどが対象となっています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。