アルプス技研のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アルプス技研 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 103件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 21.1 30.1 53.6
平均給与(万円/年) 405.5 431.9 48.4
有給休暇消化率 68.6 47.6 56.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

アルプス技研に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アルプス技研と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アルプス技研の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

利益が出なければ昇給もないし、会社からも認められない。

voice

基本給は低く抑えられ、典型的な基本給の水準である業績給と組み合わせられます。

voice

今はわかりませんが、ボーナスが出たので、一人暮らしなので家と仕事の往復には困らなかったです。

voice

そもそも給料やボーナスが競合他社やメーカーに比べて低い。

voice

残業代が比較的少ないと感じる地方の会社に配属されればされるほど、給与やボーナスの期待値が低くなります。

voice

基本給は年齢(勤続年数)に応じて徐々に上がっていきますが、階級に応じて上限が設定されていたと思います。

voice

会社への貢献度もボーナスに反映されるので、会社への帰属意識がない人は、プラスにならない。

voice

当時は、待機者が多く、ほとんど仕事がないため、給料がカットされ、生活が成り立たないため、条件付きではありますが、副業を認められていました。

voice

仕事をしても給料がもらえないという変な給料体系です。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アルプス技研の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

でも、長時間労働や残業をしても残業代は出るので、それなりに満足しています。

voice

業績給は、その月の労働時間数と残業時間によって決定されます。

voice

派遣先によって労働時間は異なるが、震災以降、多くの企業が残業を禁止している。

voice

技術者は派遣で社外にいるので、派遣先での労働時間(残業がどれくらい必要か)と.

voice

実績や残業は契約単価と勤務時間数で計算されますが、基本残業20時間しないと満足のいく基本給はもらえません。

voice

社内カレンダーの日数が多い場合は、顧客のカレンダー通りに勤務していても、その日数分の時間差が残業時間の合計から差し引かれます。

voice

キャリアを積んでいく中で、働きたい場所や残業時間など、家庭やプライベートに合わせて柔軟に働き方を選ぶことができます。

voice

残業が多い会社に派遣されてしまうと、自由な時間が少なくなってしまいますが、多くの会社では基本時給制なので残業してほしくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

voice

給与は派遣会社との契約で決まっていますが、営業マンが契約した場合、仕事量が多すぎて、残業や休日出勤をして仕事をこなしても、契約した残業時間を超えてしまうと、評価が下がり、昇格もできず、ボーナスももらえません。

voice

勤務時間は派遣先によって異なりますが、サービス残業がないため、派遣先の正社員よりも月給が高い場合もあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年に2回、社員同士のレクリエーションで3,000円が支給されますが、勝手に他人に申請する人もいて、いつの間にか使われていたこともありました。

voice

派遣された休みと違う場合は有給休暇を取る必要があったと思います。

voice

派遣先の部署によって仕事量が違うので一概には言えませんが、有給休暇は比較的取りやすいです。

voice

有給休暇などは勤務先で問題なく利用できました。

voice

有給休暇が取りやすい環境だったので、ワークバランスが取れていました。

voice

資格取得ごとに最大30万円の奨励金を支給します。

voice

(逆に、工数管理ができないと有給休暇が取りにくいかも?)。

voice

年間5日程度の有給休暇を社内スケジュールの都合で勝手に使われているのは納得できません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アルプス技研はどうでしょうか。

voice

一歩と考えれば、残業代は全て支給されるし、他のブラック企業と比べても悪くない。

voice

技術的な仕事はやりがいがありましたが、やることが多すぎて大変でした(定時で帰れることはほとんどありませんでした)。

voice

新入社員研修という名目で1週間ホテルに缶詰にされたり、年に一度の仕事以外のプライベートな時間にやらなければならない謎の研究課題など、精神的な鍛錬は間違いなく生活の質を損なっています。

voice

ライフワークバランスを重視する場合は、勤務地を決める際に営業担当者に伝えておきましょう。

voice

何を選ぶにしても、いずれは規定時間外に貢献しなければならないように設計されているので、夜は会社に戻るか、週末を潰すしかありません。

voice

私が勤めていた代理店は、土日祝日が休みで、週に1日は定時退社できるという点で、とても恵まれていました。

voice

トレーニングは半年間で、主な活動は週末や勤務時間外に行われるため、肉体的にも精神的にもかなりの負担がかかります。

voice

役職に就いてようやく世間の平均的な年収を稼いでいるのに、派遣会社で自分の事業のために一生懸命働いていると、自分の時間がないくらいに維持することができません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、アルプス技研ではどのような現状でしょうか

voice

株式市場に興味がなくても、自分の株を持つことが求められることが多いので、人によっては憂鬱になることもあります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

顧客担当者は技術者の強制撤退に激怒したが、アルプス担当者は責任転嫁のために会社が書いた解雇通知書の清書を無理やり書かせ、勝手に喧嘩を始めた技術者の話をでっち上げた。会社が書いたきれいな船荷証券を書くように強要された。

voice

会社にいるようなギスギスした感じではなかったと思います。

voice

定例会などでよく悪口を言っていた。

voice

銀行の役員がエンジニアに顧客の現場からの撤退を迫り、顧客役員との間で喧嘩になり、会社対会社の喧嘩に発展していく。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラなどの被害に遭うことはほとんどありません。

voice

大抵の場合、地域的にも臨時的にもなるので、経営者からのパワハラなどの心配はありません。

voice

先輩からのパワハラの心配はありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社員の金融資産が溶かされていくイメージが残っていて、彼らの政治的な考えが無視されているような気がしました。

voice

罵倒」や「叫び」という言葉が何度も出てくるが、それが合宿の大半を占めていると言ってもいいほど、本当に当たり前のことだった。

voice

新卒採用前研修の内容は、あからさまに軍事的な意味でひどいものだった。

voice

暗唱練習で子供がうまくできないと、班全体が主任トレーナーや副主任トレーナーに罵倒され、その班のトレーナーが悲鳴をあげながら謝罪します。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

転職先で採用されそうになる2ヶ月前に相談して退職の意思表示をしたのですが、「認めたくない」と退職届を受け取った後、私に手のひら返しをして、人生から人格否定的な説教をされた会社です。

voice

同僚の中でも一番頑張っている人だと感じていましたが、評価されていない会社では働けないと思い、退職を決意しました。

voice

辞表を出したところ、店長に脅されたので、労基署に報告し、無事に退職しました。

voice

退職を検討した理由については、取引先が決まっていない待機期間中の給与体系に非常に不安を感じていました。

voice

退職理由は、自分と会社との間に大きな方向性の違いがあったからです。

voice

6月から座学研修があるので、週4回ほど出勤していたのですが、もちろん給料はカットされていましたし、同月に入社した仲間が次々と退職していくので、私も退職しました。

voice

この制度が導入された当初は、多くの人がこの制度に納得できずに退職し、私の同僚の半数もこの時期に退職しました。

voice

キャリアアップができず、将来を悲観していた私は、退職を決意しました。

voice

退職届を提出した後、私が負担した採用費や研修費を見せて罪悪感を抱かせたり、退職届を提出した時にどっちの味方だったのかと嫌がらせをしてきたりしていました。

voice

最終的には製造業の派遣社員となり、退職を決意。

voice

派遣の仕事をしている間は良かったのですが、待機中になると収入が大幅に減り、生活に不安が出てきたので辞めることにしました。

voice

新卒でも代理店が良ければ、私のような退職理由にはならないので、参考にしてくださいね。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。