栃木銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 栃木銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 65件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 栃木県平均 偏差値
平均残業時間(月) 16.3 29.7 55.1
平均給与(万円/年) 366.1 366.4 50.0
有給休暇消化率 23.2 40.3 45.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある栃木県のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

栃木銀行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、栃木銀行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。栃木銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業規制は厳しいですが、早出や持ち帰りで仕事をしていることが多く、サービス残業の時間を考えると労働時間はかなり長いです。

voice

土日祝日はきちんと休めますし、休日出勤はほとんどありません。

voice

残業はしっかり管理されており、サブ6協定を意識して残業を控えるように言われることが多いです。

voice

支店によって異なりますが、残業はあまり一般的ではありません。

voice

毎日の残業代は定時を15分過ぎた時点で請求されます。

voice

仕事が滞っても残業はできないし、カメラに写っているから自主的なサービス残業もできない。

voice

残業は大変でしたが、仕事が完璧に終わるまで帰れなかったような気がします。

voice

システム変更の際には、休日出勤や24時間365日の残業を余儀なくされました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

最近では、週休2日に加えて、有給休暇が年5回あり、以前に比べて有給休暇が取りやすくなっています。

voice

有給休暇を取得することを事前に明言・同意していたにもかかわらず、事情を話したにもかかわらず、申請した日に取得できなかったという、非常識な幹部がいました。

voice

年5回の有給休暇を取得する運動が始まり、誰でも取得できるようになりました。

voice

急な病気や家族の不幸、冠婚葬祭などの理由以外では、有給休暇は使えないと思っておいた方が無難です。

voice

給料は上がらないし、体調不良で休むのも気が引けるし、有給休暇も全く取れない。

voice

支店は人手が限られているので常に忙しく、体調を崩さない限り有給休暇を取得することはほぼ不可能。

voice

人手不足のため、風邪をひいた時や病院に行かなければならない時など、病気の時だけ有給休暇を取得するのは難しい。

voice

仕事量が多く、人手不足で休暇申請が難しい。

voice

まず、有給休暇が取れないのが不満です。

voice

それを受け取らず、期末や年度末に5日間無理やり取ろうとする支部もあり、全体として一貫した対応ができていないように思います。

voice

年に一度、9連休を取得することができます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

男性の場合は、コミュニケーションが得意で、理不尽に怒られることを気にしない人は、お似合いです。

voice

入社したばかりですが、先輩が残業したり、出勤したり、上司から罵倒されたりしていて、本当に銀行なのか疑問に思います。本当に銀行なのか疑問に思います。

voice

数字やノルマがあるにもかかわらず、達成できず、一人ひとりの社員に達成の意思がなく、上司に叱責され続けている。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。栃木銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業が多くないと、毎月のお給料もそれなりの額になりません。

voice

役職に就かないと大幅な昇給は期待できないので、若いうちは給料に不満を持っている可能性が高いです。

voice

ボーナスが下がったので、最終的には給料総額は以前のものとあまり変わらないと思います。

voice

4年間勤務しましたが、ボーナスは少し増えましたが、月給は入行時とほぼ同じでした。

voice

ボーナスは他社と比べても年齢的にも多いかもしれません。

voice

役職に就くと給料は上がるが、昇給には最短で7年かかり、それまでは収入が少ない。

voice

ボーナスにも多少影響しますが、給料が全く変わらないのであれば、営業マンのモチベーションにも影響しますので、その点は考慮しておいた方が良いでしょう。

voice

年功序列のため、若いうちにいくら頑張っても基本給は上がりません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。栃木銀行はどうでしょうか。

voice

上司の多くは古風な人が多く、守られているはずの有給休暇を申請すると、「なぜ休むのか」「成績で休む時間があるのか」「今の成績で休む時間があるのか」「成績で休む時間があるのか」などと聞かれます。

voice

時差出勤で残業していても、定時に出勤して仕事をしている人もいます。

voice

月に一度、ノー残業デーがあり、その日は定時で帰れるようになっています。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、栃木銀行ではどのような現状でしょうか

voice

毎日、ゴールの見えない長いトンネルの中にいるような気がして、自分らしさに縮こまって落ち込んでいました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

表面上はパワハラがないように見えますが、実は裏ではパワハラが横行しているのです。

voice

指導方法に個人差があることは否定できませんが、パワハラやモラルハラスメントは、すぐに上の立場に降格させてしまう可能性があるので、ほとんどあり得ません。

voice

セクハラをさせてくれないから評価が下がる、というのは辞めた方がいいですよ。

voice

パワハラとモラルハラスメントを理由に退職を決意しました。

voice

支店長は見当違いで、一部の支店長がひどい嫌がらせをしているケースもあり、その場合は中間管理職が惨めな思いをしている。

voice

私が所属していた支店では、上司は私の愚痴を親身になって聞いてくれましたが、他の支店ではパワハラを受けたという話を聞いたことがあります。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

全体的に体育会系で気が強い。

voice

長く働くには、かなりの精神力が必要です。

voice

ノルマに対する態度は比較的厳しいですが、銀行業界は大体こんな感じです。

voice

尋常ではないノルマを背負って仕事をすることができます。

voice

ノルマが多くてお客様目線での営業ができず、やりがいを感じられない。

voice

休みが増えても仕事量は変わらず、ノルマが増え続け、効率的な営業をしたいと言いながらも、結局は人手に頼ってしまうことが多い。

voice

支店長によって経営スタイルが変わるので、数字が出るまで帰れない体育会系の支店もあるようです。

voice

入社前はオープンな会社だと思っていましたが、入社してからは上下関係が厳しく、特に表面上は女性同士の軋轢がありました。

voice

ノルマは銀行員だけのものではありません。

voice

営業マンには目標と呼ばれるノルマがあるが、それを達成しても給料に反映されない。

voice

当然、ノルマを達成できなかった場合は、上司から指導を受けることになります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私も含めて、先輩方が次々と辞めていく職場です。

voice

他にも人間関係が原因で辞めた人もいますが、それはただの運です。

voice

退職の旨を伝えたところ、スムーズに退職手続きができたのが良かった。

voice

私は女性ですが、今後の人生を考えた時、働きづらい環境だったので退職を決意しました。

voice

転職を決めた理由は、会社が嫌いだったからではなく、業務内容や銀行員の仕事が自分に合わなかったからです。

voice

やりがいがなく、他の会社で通用するスキルが身につかないと感じて退職しました。

voice

年功序列で降格がないため、一度昇進すればそれなりの給料がもらえると言われています。

voice

長く続けられそうになかったので退職しましたが、土日祝休みで福利厚生が充実しているのがメリットです。

voice

管理職以外の役割であっても、一般社員に仕事を押し付けたり、後輩の仕事の問題を解決する努力をしない人は降格してもいいと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。