静岡銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 静岡銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 129件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 静岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.7 29.8 52.9
平均給与(万円/年) 427.9 384.8 53.2
有給休暇消化率 61.8 40.4 56.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある静岡県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

静岡銀行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、静岡銀行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。静岡銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

約13年間、一銭も昇給していませんでした(本社勤務、アルバイト)。

voice

給料は良くないけど、ボーナスは高い方だと思います。

voice

営業成績はボーナスに反映されますが、大きな差ではないので、できる人には悔しいと思います。

voice

若い人たちは、公約を達成しても給料に影響しないから、いくら達成しても報われないし、上司のボーナスにしかならないから。

voice

駐在員から聞いた話では、生活費が高騰している国に駐在していても給料が上がらず、基本的に待遇が悪くなっているとのこと。

voice

ビジネスクリエイトは派遣社員とはいえ、子会社なので、給料が安くても定時に帰ってくることができます。

voice

採用されなければ、低い給料で働くことになるので、仕事の内容や仕事量、プレッシャーを考えると、このまま仕事を続けるべきかどうかを考えさせられます。

voice

具体的な収益を上げる営業ではなく、メンタル面を削って給料を稼ぐという体たらく。

voice

(役を得た場合は、より高い給与とより厳しいノルマが待っています)。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。静岡銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

朝早くから出社しない社員が多く、予定時刻の15分前に出社する社員が多い。

voice

高級ピッカーたちは、毎日長時間の残業をしていました。

voice

勤怠管理が厳しすぎて残業が許されることがほとんどないなど、勤労意欲を持って入社した人は、制度の厳しさに辟易しているのではないでしょうか。

voice

部署によっては残業時間が長くなることもあるので、効率化できるところは改善する努力をした方がいいと思います。

voice

就業時間は厳守されており、サービス残業はありません。

voice

男性はお酒やゴルフに集中しているようなので、部署にもよりますが、帰宅は深夜0時を過ぎることが多いと思っておいた方がいいでしょう。

voice

残業が多いか少ないかは勤務地にもよると思いますが、他の業界よりは少ないと思います。

voice

不必要な残業や無駄な会議が多い。

voice

上司が帰るまでなかなか帰れない雰囲気があり、それに伴う残業も多いですが、その分お給料はもらえます。

voice

サービス残業を厳しくするよう本社から指示されているため、勤務時間内に事務処理や稟議書を作成しなければならず、業務に追われている社員も少なくありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

もちろん土日祝日はお休みですし、有給休暇の取得はきちんと管理されていますし、同業他社と比べても利用しやすい環境だと思います。

voice

3ヶ月に1日の有給休暇を確実に取得することができるので、最低でも年間12日の有給休暇を取得することができます。

voice

休暇の取得時期は、支店の雰囲気や上司と相談しながらですが、3ヶ月に1日の休暇、または連続した休暇を取得することができます。

voice

決められた数だけ休みが取れて、休めるのは良かったのですが、それ以外の日は数をこなさないといけないので、精神的にいつも休めないのが気になっていました。

voice

有給休暇を常時取得できるほど取得している人は少ないですが、長期休暇や3ヶ月に1日の休みなど、福利厚生は満足のいくものです。

voice

確実に休暇を取る義務があるのも魅力的です。

voice

有給休暇はほぼ強制的に取らされていたので、かなり使えたと思います。

voice

他の金融機関と同様、有給休暇を取得しやすい環境が整っています。

voice

有給休暇制度が充実しています。

voice

休日については、土日祝日の休みや有給休暇が取れるのは嬉しいですね。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。静岡銀行はどうでしょうか。

voice

ライフワークバランスはどうかと思いますが、趣味でゴルフを楽しんでいる人は気にしなくてもいいのですが、嫌いな人は仕事感が強く出てしまいますね。

voice

自己都合で定時に上がろうとしたら、上司から「今月は支店の番号が上がっていないのに、定時に上がろうとするな」と言われた。

voice

東京の本社に行った人たちは、定時で帰宅しているようでした。

voice

支部や部署によって異なりますが、基本的に定時退社は「定休日」か重要な飲み会の時だけです(これも気持ちの上ではビジネスです)。

voice

(例えば、毎月のスケジュールの中で自分の定期的なリトリート日を設定したり、半年に一度の定期的なリトリート週間を設けたりなど)。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやモラルハラスメントで異常なまでに嫌がらせを受ける社員が多い。

voice

ターゲットを集中させて見せしめにするなど、なぜかパワハラの手法が継承されている。

voice

年に一度、人事相談室の方との面談がありましたが、その目的はパワハラや不祥事の摘発・監視であり、非正規社員の処遇改善の要望はほとんど「参考」としてスルーされていました。

voice

セクハラについては、本部の方が敏感なので、何らかの形でセクハラを受けた場合は、本部に報告する必要があります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

強制的にチックを飲んだりしているため、自由に使える金額が少ない。

voice

資格などで人事にアピールできるので、理不尽なことはないと思いますよ。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

パワハラやセクハラが騒がしくなってきたので、そこではないのですが、地銀なので旧態依然としたシステムが刷り込まれているのかもしれませんが、体育会系で男性社会ですね。

voice

支店の傾向や掲示されている数字に応じてノルマが設定されているため、比較的流れの良い支店に行けばすぐに出世することができますが、流れの悪い支店に配属されてしまうと、いくら頑張っても上には上がれないかもしれません。

voice

仕事ができなくても、強い精神力を持っていれば、仕事は続けられます。

voice

雰囲気やノルマなどで辞めざるを得なかったわけではありません。

voice

ノルマが厳しく、私の理想とする銀行や営業の環境とは全く違っていました。

voice

ノルマのある業界なので、数字を達成しなければならないことに葛藤を感じることも多々ありました。

voice

中小企業の経営者などとの積極的な交流がある仕事という印象を持っていたのですが、それは大した仕事ではなく、単調な事務作業や意味のないノルマなど、泥臭い仕事ばかりでした。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職して家業を継ぐ人が多い印象です。

voice

入行したときに配属された小さな支店には、今まで女子大卒の人がいなかったので、短大卒の女性と同じように窓口に配属され、7年間窓口で働いた後に退職しました。

voice

辞めた理由は2つあり、1つ目は金融業界の独特で古風な社風であったこと。

voice

男性の定年が少ないため、男性の定年は少ないですが、女性社員は一定の年齢になると定年を意識しています。

voice

温かい人柄の人が多かったのですが、やる気ゼロで辞めてしまいました。

voice

階級的には下も上もノルマの差はあまりなく、若い人はそれが嫌で辞めていくことが多い。

voice

入社3年以内に退職する銀行員が増えており、公務員予備校と言われています。

voice

給料削減やリストラを余儀なくされる時が来るかもしれない。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

支店営業では、大手企業からの大きな融資を確保した時や、他の金融機関と競合しながらも取引先から信頼されて選ばれて事業拡大した時、業績が悪化した企業のお手伝いをさせていただいた時など、とてもやりがいを感じると同時に、地域ナンバーワンの金融機関としての責任感を感じました。を感じることができました。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

過去には、優越的地位を利用して販売されたデリバティブが訴訟になったという話もある。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。