ウィルウェイのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ウィルウェイ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 34件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 33.2 29.7 48.6
平均給与(万円/年) 362.7 402.8 47.5
有給休暇消化率 2.9 43.5 38.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇を自由に取得できる会社ではない可能性が高いです。あまり期待出来ないかもしれません。

ウィルウェイに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ウィルウェイと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ウィルウェイの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

それだけならどこでも同じなのですが、常に新しいイベントを企画しようとしているので、その準備に追われ、月に100時間以上の残業や休日出勤が発生しています。

voice

勤怠制度はありますが、残業代は基本給に含まれているので、残業していないように見せかけるために出退勤時間を手打ちするように言われています。

voice

業務が9時から23時までの間にある日であっても、勤怠管理システムに登録できる時間には限りがあり、残業時間の管理はされません。

voice

残業はほとんどないと聞いていたので、ギャップがあり、長くは続かないと思っていました。

voice

休憩時間や残業時間を自律的に管理する必要があります。

voice

残業しないと働きづらい雰囲気があり、残業しないで帰ると嫌味を言われることも。

voice

基本的な勤務時間は13:00~22:00で、子どもの見送りや残業があるため、終電で帰らなければならないこともあり、育児と家庭の両立が難しくなります。

voice

最後の下校時間は午前10時半なので、生徒を全員帰宅させて、そこから最後の仕事をします。

voice

一部の経営者の方がプレッシャーをかけられ、サービス残業や長時間労働が頻発しているのが実情です。

voice

ほとんどが女性なので、残業や集客の必要はありません。

voice

本来の業務ができないため、残業は当たり前。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

従業員が有給休暇を申請しようとすると、他の従業員に任せてしまい、なかなか休めない。

voice

有給休暇取得のための代休扱いとなっていたことから、有給休暇についての知識があまりないことがうかがえる。

voice

まず、人手不足や開校体制が整っていないと、風邪をひいた時など、なかなか休みが取れません。

voice

有給休暇の取得を困難にしたり、できるだけ使わないようにしたりする傾向があり、労働法違反の滑り台になっていて、かなり問題になっています。

voice

退職時に有給休暇を使おうとしたが、自分の有給休暇日数も確認できず、一週間後にやっと分かった。

voice

面接があるので、休みの日も出勤しなければならないことがあります。

voice

他社と比較して、休日が多い(年間90~100日)とは言えませんが、代講などの休暇を与えている雰囲気があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ウィルウェイの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

若い時はその給料で問題ないのですが、長く働いていると、自分の満足のためだけに働かなければなりません。

voice

ボーナスが出ない、情報が全く共有されない。

voice

ボーナスや残業代もなく、収入のペースは契約社員と大差ない。

voice

長時間労働と給料の上限が低いので、家庭を持ちたいと考えている人にはお勧めできません。

voice

当時は年俸制だったので、ボーナスはありませんでした。

voice

給料は悪くないが、週休2日、毎日の残業、仕事量、蓄積される疲労やストレスなどを考えると、割に合わないと思う。

voice

ポジションが上がれば給料は上がるが、仕事量は半減するし、激務で体調を崩すこともある。

voice

ボーナス(インセンティブではなく)や残業代を支給すればいいのに。

voice

給与水準の低さは改善すべき点かもしれませんが、社内で結婚している人は少ないですし、二人で働いていて奥さんが生活費を多めに出してくれれば問題ありません。

voice

ただ一つ言えることは、毎月同じ金額の給料をもらっていて、それだけでは、ガタガタになってしまいますし、会社の財務は真面目にやっているので、倒産はしないと思います。

voice

役職はあるが、役職に就いても給料が大幅に上がることはなく、他の会社の一般職と校長補佐の給料であれば、他の会社の一般職の給料の方が多い。

voice

通常、社員から中間管理職になると、仕事も増え、責任も大きくなりますが、給料も大幅にアップします。

voice

黒字経営をしているのであれば、もう少し社員の休日やボーナスに反映させてほしいですね。

voice

かつては海外などへの社員旅行やボーナスもありましたが、いずれも20年近く前に廃止されています。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ウィルウェイはどうでしょうか。

voice

教育業界自体がブラック企業であることを知っていたので、特に驚きはありませんでした。

voice

学習業界の宿命ですが、ライフワークバランスが取れないだけです。

voice

学生中心に考えれば、正確には時間通りに退社できるわけではなく、学生のやる気に応えたいという気持ちに押されてしまいがちです。

voice

中途採用の場合、最初の研修では、多くの退職者がライフワークバランスが存在しないことを暗黙のうちに認識し、最低でも3年はいなければならないことを認識させます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ウィルウェイではどのような現状でしょうか

voice

同僚が家庭の事情で1ヶ月間会社を休んだ時も、みんなで協力してくれて、気遣ってくれました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

表面上はいい人が多いが、裏ではよくしゃべっている人が多い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

若い校長が多く、理不尽な職務命令もあった。

voice

私は理不尽な上司ではなかったので、お互い様です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

自分が働きたいと思える仕事に就いた方がバランスが良いと思い、退職を決意しました。

voice

正直なところ、在職中は、女性が結婚と退職の選択を迫られる環境にいたような気がします。

voice

通った時にはまだ働いているベテラン(40~50歳)もいたが、新卒者の2割程度は1年で退職することが多かった。

voice

さらに、教室から遠く離れた地域に引っ越すことになり、これを機に退職することにしました。

voice

失望した社員の離職率は半端ではなく、大量採用をしているが、全く増えた気がせず、仕事量が多い。

voice

週休1日制であることと、休みの日に授業の準備をしなければならないこと、休みの日には校舎に出勤しなければならないことから、退職を考えました。

voice

産休・育休は取りやすいが、復職する人は少なく、結婚を理由に退職する人が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。