トランコムのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに トランコム について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 38件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 32.7 29.7 48.8
平均給与(万円/年) 376.1 398.3 48.4
有給休暇消化率 43.9 45.2 49.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

トランコムに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、トランコムと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。トランコムの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

繁忙期は人手不足で、時間通りに仕事をして、終わりは毎日深夜になってしまいました。

voice

土曜出勤は残業時間に含まれます。

voice

残業は減り、その分仕事量も増え、現場、事務、事務の全ての仕事を一人でこなすのがマンネリ化し、その結果、体調を崩して薬を2年以上服用しています。

voice

決められた時間までに終わらせなければならないという意識がないと、残業で上司に叱られてしまいます。

voice

繰り返しになりますが、センターやセクションによって異なるかもしれませんが、緊急の携帯電話の引き取りがある場合は、深夜や早朝、休日に対応しなければなりません。

voice

土日祝日にトラブルが発生したり、早朝・深夜を問わず個人の携帯電話でクライアントと連絡を取らなければならなかったりと、仕事とプライベートを完全に分けたい方には不向きです。

voice

1日の時間で考えれば、一般的な業務内容に記載されている40時間の残業に相当します。

voice

残業代、儲かるシステム、喫煙者はずっとタバコを吸いに行って残業時間を稼ぐ。

voice

それをやめてからは、週に一度、残業代無料の日を設けています。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。トランコムの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

退職金は2年分を前払いするとの説明でボーナスという形になったが、総額は変わらない。

voice

本社採用ではなく、各事業所採用であれば、基本給+残業代でまともな給料がもらえる。

voice

基本給は約14.5万で、みんな無駄に会社に残って残業して20万以上もらっています。

voice

業績が好調なため、当面の間、ボーナスが支給されない可能性はないと考えています。

voice

繁忙期は残業が多いので体力的にはきついですが、給与などの待遇面では納得できると思います。

voice

センター長としての現場職から商品スーパーバイザーに降格され、ボーナスが60万から10万減らされて、かなり少ない金額になってしまいました。

voice

ボーナスが2~3万という低額だったのは本当にショックでしたが、ボーナスは一般社員のみと説明されていましたが、それならば採用情報にボーナスなしと書いて欲しかったですね...。

voice

スキルアップしたら、それをきちんと反映させた給与にしたいですよね。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

土曜日はシフト制ですが、最近では休日が増え、有給休暇も取りやすくなっているので、物流業界ではかなり働きやすくなっているようです。

voice

運送業界全体にも言えることだと思いますが、基本的に担当ドライバー以外に引き継ぐ人がいないので、有給休暇はもちろん、体調不良で体調を崩してしまうこともあり、非常に取りづらいと感じました。

voice

有給休暇は年に1~2回しか取れず、自分が何日残っているか確認するにも事務所に確認しなければなりませんでした。

voice

数多くの人が転職していますが、退職しても有給休暇が使えず、買い叩かれてしまう。

voice

有給休暇はほとんど取得できず、休日出勤している社員も少なくありませんでした。

voice

私が所属している部署は比較的仕事が少なく、有給休暇も暇な時には使わせてもらっていますし、上司からは毎月1日は最低でも1日は使ってくださいとメールが来ます。

voice

有給休暇を申請したら、センター長に露骨に嫌な顔をされたので、とてもじゃないけど、取得できるなら私のものです。

voice

スタッフの人数が足りなくて、有給休暇を取得させるのに苦労しました。

voice

毎週のように土日が休みで、一年の締めくくりが充実している感じです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。トランコムはどうでしょうか。

voice

仕事量が多く、人手不足のため、繁忙期には5.6時間の残業があり、体調を崩して辞めてしまう人や、精神疾患で急に来なくなってしまう人もよくいました。

voice

冷暖房がない過酷な労働環境ですが、その分、倉庫や休憩室、更衣室などはきれいに掃除されており、利用ルールも管理されているので、働きやすい環境です。

voice

会議の準備は仕事が終わってから行うので、時間通りに帰ることはほとんどありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

評判制度では、モラリストでも上司に気に入られれば出世することができます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

外に出ずに一日中何百本もの電話を受け、事務処理をし、上司やお客さんに怒鳴られるのを聞くのは苦痛でした。

voice

堅苦しくなく、チームワークが良い面もありますが、イライラすると怒鳴ったり、怒鳴ったりするのが常態化していて、新人教育の精度が全くと言っていいほど整っていないのが現状です。

voice

中途半端なベテランのように、上司にはいい顔をしていても、部下には理不尽に八つ当たりをしたり、新人をトレーナーなのに無視したり、ミスをしたら怒鳴ったりする人がいます。

voice

鳴り止まない電話の音と大声での会話で、まるで魚市場のセリのようでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

会社の体育会系の文化が好転し、お客様が来るたびに立ち止まって挨拶をしてくれるようになったのも印象的でした。

voice

新規会員の入会促進やおすすめ商品のPRなどのノルマがあるので、コミュニケーションや営業の経験がある方や、飲料やお米などの重量物の配達など、重量物の運搬が得意な方に向いているかもしれません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

将来の給料が気になって退職しました。

voice

生協事業部(トランコムDS)を退職する理由です。

voice

入社後、その人とはかけ離れていたこと、配属先で憧れの人との出会いが少なかったこと、自分のやりたいことがまだできていなかったことなどから、退職を決意しました。

voice

辞めた理由は、内勤営業の仕事にやりがいを感じなかったからです。

voice

社内では営業職ですが、一般的な営業職のように専門性が高いわけではないので、もし会社を辞めるとしたら、次の仕事の面接で苦労すると思います。

voice

私は新卒で入社し、本当にやりたいことがあったので自分で退社しましたが、当時のメンバーはみんな素晴らしく、人事部は学歴だけで採用するのではなく、人間性を重視しているのが伝わってきました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

現場を押しのけて、コンピュータで資料を作った人だけが偉くなるシステムです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。