ジェイアール東海ツアーズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ジェイアール東海ツアーズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 53件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 15.2 29.7 55.8
平均給与(万円/年) 339.0 440.2 44.6
有給休暇消化率 86.4 50.1 60.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

お客様から理不尽な言いがかりをつけられることも珍しくありません。

voice

女性のだらしない世界では、常に悪口を言われていました。

voice

アットホームな雰囲気は全くなく、社員一人一人が上辺だけの関係で、休憩室や物陰で悪口を言っている人の声が聞こえないことはありませんでした。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ジェイアール東海ツアーズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

1日の中で長時間労働になることも珍しくなく、オフピーク時でも日によっては1~2時間の残業も珍しくありません。

voice

私が配属された店舗は完全シフト制のため、残業は月に10~20時間程度と少なく、とても働きやすい環境です。

voice

残業はありますが、年中忙しくはありません。

voice

残業代はきっちり支払われますが、シフト制なので、本来の労働時間が長く設定されているので、残業代は稼げません。

voice

早く帰るように言われることが多く、残業はほとんどありません。

voice

接客さえできれば、残業もあまりせずに帰らせてくれます。

voice

繁忙期は残業が多く、その日に対応できなかったものを翌朝早く出社して対応しなければならないほど仕事が忙しい毎日です。

voice

支店勤務の場合、大きな支店ではシフト制のため勤務時間が大きく異なり、深夜になることが多いです。

voice

コールセンターだったので、終了時間が明確に決まっていたので、残業はほとんどなく、ほぼ毎日定時で帰ることができました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

月間のシフト制休暇の申請がないため、申請した時間は有給休暇となります(連続して休んだ日も全て有給休暇となります)。

voice

ハーフタイム休暇制度がないので、子供の体調不良で急遽早退しても丸一日休み扱いになってしまい、有給休暇がどんどん減ってしまいます。

voice

年休は消化しやすいと思います。

voice

有給休暇取得率が高く、残業代もしっかり支給。

voice

年次休暇の申請が認められることはほとんどなく、長期休暇も取得可能です。

voice

部署によって多少の差はあるものの、全体の有給休暇取得率は業界トップクラス。

voice

コールセンターでは、繁忙期以外は有給休暇が取りやすく、上司に相談すれば、他の固定休暇に合わせて有給休暇を少なくしたシフトを連続して取得できるように調整してくれます。

voice

子供が熱を出して昼頃に帰宅した社員がいたのですが、その子供を1日有給休暇にするか無給休暇にするかで経営陣が議論していたことがありました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ジェイアール東海ツアーズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年収が低いと努力が報われにくいと思います。

voice

月給は低いですが(他の旅行会社よりは良いですが)、頑張って働いているイメージがあり、ボーナスが楽しみです。

voice

営業利益が高い人と低い人では、給料に大きな違いはありません。

voice

旅行会社によってはボーナスがほとんどないところもありますが、業績が悪いとボーナスがないということはありません。

voice

お金のために働くのであれば、待遇や給料が良いので良いのではないでしょうか。

voice

旅行業界の給料が高くないのは不思議ではありませんか?

voice

給料が増えれば増えるほど、責任の重さが給料に見合わなくなる。

voice

契約社員は基本給の1ヶ月分しかボーナスとして支給されないので、社員とは一線を画していますが、税金を差し引くとあまり残らないのが残念です。

voice

年2回の査定で目標を達成できなかったとしても、給料が大幅に減額されることはありません。

voice

毎月の給料明細を見てショックを受けましたが、長時間労働の割にはこれくらいしか貰えないのかな?毎月の給料明細を見てショックを受けましたが、ボーナスは同業の割にはかなり良いと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ジェイアール東海ツアーズはどうでしょうか。

voice

カウンター営業の場合、残業が多く、なかなか定時に出勤できないと言っても過言ではありません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

今は雰囲気が違うかもしれませんが、当時は上下関係が厳しくてあまり良い雰囲気ではなかったと思います。

voice

会社の構造がしっかりしているため、一定以上のレベルにならない限り、ノルマや営業成績についてのコメントはほとんどありません。

voice

目標金額は設定されていますが、ノルマのように強制されているわけではありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

転勤の時期が延長されていたため、退職することにしました。

voice

私の場合は、収入面ややりたい仕事が残っていたのですが、今の職場環境ではそれを実現できないと思い、退職を決意しました。

voice

今後の仕事人生を考えたとき、本社ではやりたいことが見つからなくなったので、退職を考えました。

voice

創業当時からの社員は結婚して退職した人が多かったので、定年までの人員確保ができていたので問題はなかったのですが、今は育児休暇や復職が当たり前になっていて大変です。

voice

結婚を機に退職した人もいますが、辞めずに働き続けた人も多いです。

voice

責任の重さと仕事量の多さから退職者が後を絶たない。

voice

休みの日には先輩後輩のグループで遊びに行ったりしていましたが、退職した今でもその関係は続いています。

voice

女性が活躍する社会になったとはいえ、配偶者の退職や転勤などで退職せざるを得ない社員はまだまだ多い。

voice

出向者の退職により、若手社員の責任感が増し、風通しが良くなった。

voice

正式には退職扱いとなりますので、復職した場合は初年度は契約社員となります。

voice

丁寧な接客を求められる代わりに、短い接客を求められ、とてものんびりしている私には無理があって、会社を辞めることになってしまいました。

voice

結婚した時に無期限労働で退職する人が多いように感じました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。