アボットジャパンのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アボットジャパン について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 56件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 34.1 29.7 48.2
平均給与(万円/年) 783.7 440.2 68.4
有給休暇消化率 32.3 50.1 45.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

アボットジャパンに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アボットジャパンと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

リストラが多いが、特別退職金も高い。

voice

解雇されましたが、会社は解雇理由を開示してくれませんでした。

voice

早期退職の話もなく、仕事に復帰することに不安を感じているようです。

voice

自分が思い描いていた将来の方向性と会社の方向性が違っていたので退職しました。

voice

製造業務に携わっていましたが、日本での製造が終了したため、会社の都合で退職しました。

voice

最近の定年退職の波は、在籍者数にさらに負担をかけている。

voice

事業所閉鎖のため退職日まで出勤しなければなりませんでしたが、退職日まで取得できなかった有給休暇は労使で合意した通りに補償されました。

voice

事業部によっては、数ヶ月間の業績不振でリストラや辞任を余儀なくされることもあります。

voice

製品の故障が多発し、退職者が後を絶たないが、誰も根本的な原因を探そうとせず、改善の見通しが立たず、先行きが不透明である。

voice

上記のような機会はありますが、最終的には上司の意向による人事異動で、個人の希望を反映してキャリアを積み、将来の計画を立てることが難しいと判断し、退職することにしました。

voice

その点では、再就職支援会社に会社負担で登録できたのは恵まれていたと思います。

voice

私は、社長交代をはじめとする上層部の組織変更があった時期に退職しました。

voice

人事交流(異動)には「目に見えない制約」が多く、分割後は通常の入社試験を受けなければならなかったので、将来のことを考えて退職することにしました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アボットジャパンの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

バックオフィスに関しては、残業はほとんどありません。

voice

平均残業時間は10~20時間と聞いていましたが、実際には60~100時間程度のボリュームです。

voice

業務面では、他の人に頼んでも代わりがいないので、休みの日に仕事をしなければならないことが多かったです。

voice

ライフワークバランスを期待して入社しましたが、実際は毎日修理やアフターフォローに追われ、事務処理が追いつかず、サービス残業が多いのが現状です。

voice

自分の裁量でノー残業を作ることができますし、無理やり残業させられることもあると思いますが、苦労はしていません。

voice

支店にもよりますが、残業や飲み会が多く、家庭を持っている人はほとんどが崩壊状態(もしくは単身赴任)でした。

voice

年に数回、講演のために休みの日に仕事をしなければならなかったが、痛みを感じることはなかった。

voice

残業が多い場合は、上司と面談して抄録指導を受けることになります。

voice

土日や祝日にお客様から電話がかかってきたら、電話に出なければならないので、その環境に慣れるまでには時間がかかります。

voice

病院の都合で土日祝日も働かなければならないのですが、それはこの業界では当たり前のことで、どこの会社でも同じです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

妻が出産すると、特別有給休暇が付与され、年次有給休暇に加えて3日間の有給休暇が付与されます。

voice

求められる成果は厳しいですが、直行直帰や有給休暇・休暇も取りやすい環境が整っています。

voice

残業代は3回に1回くらい申請して、あとは代休にしてもらっていました。

voice

上司や管理職の方も特別な仕事がない限り、長期の有給休暇を取得することができますし、自分の仕事の管理ができれば、ワークタイムバランスはとても良いと思います。

voice

有給休暇はほとんど取れないと思っておいた方がいいでしょう。

voice

同業他社に比べて有給休暇が取りにくく、連休も少ない。

voice

有給休暇も当たり前のように取得していました。

voice

有給休暇なども自由に取得できるので、家族や子供の都合で休みが取りやすい。

voice

全学生に長期の夏休みを取ってもらい、他の学生と調整しながら1週間から10日間の休みを取ることも可能です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アボットジャパンの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

製薬部門の分離前は、給与・ボーナス・昇給が高水準であった。

voice

四半期ごとのインセンティブと年2回の固定ボーナスがあり、比較的高いベースとなっています。

voice

中途入社が多く、基本給に前職の給与が反映されているため、長く仕事ができる経験豊富な営業マンでも、最近入社した中途入社の社員に比べて給与が低いということがよくあるパターンです。

voice

いい成績連動ボーナスをもらっていたので、それだけもらっていました。

voice

なぜなら、外勤手当は精算の方法であり、いくら給料が高くても一律3,000円だからです。

voice

成績が悪くてもボーナスが出ることもありました。

voice

営業成績はきちんとお給料に反映されるので、高収入を最優先に考えている方にはやりがいがあります。

voice

正社員であれば、入社5年目くらいまでは給料が上がる制度です。

voice

年に2回、通常のシーズンボーナスよりも多くのボーナスがもらえる可能性があることは、営業のモチベーションアップにつながります。

voice

給料が少ないと思われがちですが、実際には時給で割ってみると全然大したことはありません。

voice

勤続20年以上の社員は本当に給料が高いのですが、入社したばかりの社員は追いつけず、大先輩と同じ仕事をさせられ、さらに雑用をさせられても、半分以下の給料でスタートすることになります。

voice

前の会社が低かった場合、この会社では給料は上がるかもしれませんが、同レベルの経験を持つ他の人よりは低いかもしれません。

voice

給料は良いが、業界としては普通のレベル(少し下)くらいだが、将来性がない。

voice

当然、有給休暇が使えるわけがないのですが、お互いの合意により、有給休暇の割増賃金が支払われていました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アボットジャパンはどうでしょうか。

voice

何よりも、指導担当の女性の中には性格がキツイ人が数人いたので、精神的に追い詰められて辞めてしまいました。

voice

自分たちの馬鹿さ加減で売上が落ちたのをレップのせいにするブラック企業です。

voice

ある程度の結果が必要で、ライフワークバランスを重視すると結果が出ないこともあります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

番号を握らせるが、理不尽な要求が多く、それができないとPIPと称して自主退社を促す嫌がらせ攻撃を始める。

voice

事業部が多いので、すべての事業部に当てはまるわけではないかもしれませんが、上司と部下の関係がギスギスしているとは感じませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラの相談窓口はあるが、プライバシーは守られていない。

voice

本当に外資系企業なのかと疑うほど日本の会社に似ているし、営業マンの中には歴史が長いとパワハラをする人もいる。

voice

相談窓口があり、配置転換もできるが、パワハラ上司が懲戒処分を受けている様子はないので、そのあたりを改善した方がいいのではないかと思う。

voice

昔のダイナボットはかっこいい人が多いし、パワハラで苦労しているボスもいる。

voice

MRに限ったことではないと思いますが、お客様を相手にする営業職は、どうしても表に出てこないセクハラに直面してしまいます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

他の外資系企業と違い、年収の上下はそれほど大きくなく、社風も比較的ゆったりしていますが、業界内でのポジションはそれほど大きくありません。

voice

営業ノルマもそれほど厳しくなく、比較的働きやすい環境です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。