東急エージェンシーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東急エージェンシー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 39件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 59.8 29.7 38.0
平均給与(万円/年) 626.8 440.2 60.0
有給休暇消化率 30.3 50.1 44.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東急エージェンシーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

基本的にはほとんどの会社よりも残業が多いかもしれませんが)。

voice

契約社員の時給制でしたが、それほど激務というわけではありませんでしたが、1日の中で一番忙しい時間帯は仕事が終わる17時近くで、比較的残業として2時間ほど仕事を手伝うことが多かったです。

voice

土日出勤などの残業も多く、月平均100時間以上。

voice

残業しないと給料がもらえないので、無意味に残業している人が多い。

voice

やるべきことをきちんとやっていれば、残業もそれほど多くなく、いい意味で余裕があったような気がします。

voice

若者を優遇しているところが多く、仕事が忙しくても残業代が出るのでバランスが取れる。

voice

業界全体に言えることですが、夜遅くまで仕事をしていることが多く、休みの日もクライアントに依存しているので、一概に安定しているとは言えません。

voice

一定期間は残業代はいくらでももらえるけど、一度役職に就くと裁量労働制になって残業代がもらえなくなるので、仕事が忙しい人は100万~200万は減る可能性が高いですね。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

他の人よりも休みが取りやすいのでは?

voice

有給休暇や代休は、仕事ができる範囲であれば取得可能です。

voice

なかなか難しい土日出勤の振替休日を確保することで解決する方法があるのではないかと思います。

voice

休日は土日祝日、連休などがありました。

voice

年末に数週間の休みがありましたが、上司もチームも含めて誰のせいでもありませんでした。

voice

入社直後は仕事量の調整や休みの取り方が難しいですが、慣れてきて自立できるようになれば、年に2回程度の比較的長期の休み(1週間程度)が取れるようになります。

voice

営業部に配属された場合、クライアントによってはなかなか休めないのが現状です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東急エージェンシーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

30歳前後で出世すると、残業代が無視されて一気に収入が減る。

voice

基本給が上がったとしても、残業代が給料の半分を占めているので、急降下します。

voice

役職に就くと残業はなく、給料は100万以上、普通はそれ以下。

voice

新卒の方が給料は高いが、あまり上がらない。

voice

ほとんどの従業員は残業代を無制限に支給されていたため、基本給は少なくても手取りは多くなっていました。

voice

新入社員なので基本給はそれなりに良く、若いうちから仕事を任せてもらえるので、部署にもよりますが、残業代を稼ぐこともでき、年収600万以上はごく普通のことです。

voice

月給はそれほど高くはありませんが、残業代は無制限でもらえましたし、勤務時間が17:30だったので、毎月たくさんの残業代がもらえました。

voice

出世すると年収に残業代が含まれるようになり、残業代で荒稼ぎしていた若い人が転職する傾向にあります。

voice

社長賞などの表彰もあり、部門ごとにボーナスが支給されます。

voice

基本給は上位の代理店にはかなわないようですが、その分の残業代は出ます。

voice

給料は特に良くなかったし、良かった点は、当時は残業していたので収入が上がったこと。

voice

当時は残業代の青天井があったので、月給よりも残業代の方が多かったです。

voice

問題は、社会人になると残業代が出なくなったり、一時的に給料が下がったりして、新卒以下の給料で働くことになってしまうことです。

voice

30代の頃は好景気だったので給料は比較的高かったのですが、40代になるとピークを迎えそうになり、昇給はありませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。東急エージェンシーはどうでしょうか。

voice

営業職はかなり忙しいですが、事務職はその必要がなく、定時で帰れることがほとんどです。

voice

定時で帰宅する人は少ないが、一部の部署に限っては、定時で帰宅する人は少ない。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、東急エージェンシーではどのような現状でしょうか

voice

適当に仕事をしている人もいれば、頑張ったことが評価されずに自暴自棄になって落ち込んでいる人もいます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

どちらかというと自由な社風で、上下関係がきつくないのでストレスを感じることはありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

役職や給料が下がり、退職を決意する人が後を絶たない。

voice

大口顧客のアカウントを失ったため、人員削減のために早期退職を希望する方を募集していました。

voice

私の退職は一身上の都合で、体調を崩したためでしたが、それ自体については、一般的には忙しい現場に当たっていると思うので、あまり不満はありません。

voice

広告業界全体がうまくいっていなかったこともあり、正直、給料面で少し不満を感じていたこともあり、退職しました。

voice

この会社を辞めてからは、もっと大きな代理店に就職しましたが、ここまで社員の個性に合わせて責任や配属を決めている会社は他にはないと思います。

voice

配属された部署によって良いところと悪いところに大きな差があり、きちんと評価されずに辞めてしまうケースも少なくありません。

voice

決算が減っても人員削減はしていない(退職金を分配する余裕がない?給与カットも限界に達している。

voice

上司自身が中心となって、異動や退職、配属の際に歓迎会や歓迎会を行い、部下にも自然に溶け込んでいます。

voice

中間管理職の離職率が高いため、若手社員の士気が低く、保守的な態度をとる管理職が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。