ANAホールディングスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ANAホールディングス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 49件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 12.0 29.7 57.0
平均給与(万円/年) 450.0 440.2 50.5
有給休暇消化率 81.1 50.1 58.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

ANAホールディングスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ANAホールディングスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ANAホールディングスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

現場作業は完全にシフト制で、残業は月に数時間程度。

voice

残業に関しては、飛行機の到着が遅れると勤務時間が延長されますが、大きな事件がなければ、時間内であればすぐに退社できます。

voice

月に何時間働くか、残業なし、17時までに帰宅するかなど、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

voice

シフト制なので残業とは考えていませんが、働いた分だけお給料がもらえますが、休日も含めて仕事の準備をする時間はあります。

voice

フライト後、1時間以上の残業手当はありません。

voice

残業時間は多いですが、残業代は指定された時間までしかもらえず、それ以上働くとサービス残業になってしまうので、そこを改善してほしいです。

voice

残業が必要なイベントが発生した場合は厳しいです。

voice

休日も多く、早朝から昼、夕方から夜まで仕事との両立が可能なので、プライベートを大切にしたい方におすすめです。

voice

在職中は4交替制で休みが2日、早番2日、遅番2日というパターンでしたが、遅番で深夜に帰宅した次の日は、疲れすぎてプライベートな時間が持てませんでした......。

voice

シフト制なので、寝る時間を削れば、早朝勤務が終わった後に外の友達と遊んだりもできます。

voice

激務と不規則な勤務形態に体が追いつかず、辞職せざるを得ませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得をあまり気にせず、複数日連続で取得している方も多いようです。

voice

長期勤務になると、公的な休暇が少なくなるだけでなく、有給休暇が取りにくくなり、激務で体調を崩してしまう人も少なくありません。

voice

6連休は事前に会社が指定し、4日以上の連休を取得する場合は、有給休暇の残日数の範囲内で申請して取得することになります。

voice

有給休暇の理由を伝えることができないので、大切な予定があっても申請が認められないことがあります。

voice

有給休暇もネットで申請できるので、他人の目を気にすることなく、たくさんのお休みを取ることができます。

voice

休暇については、有給休暇を取得したいと言ってもなかなか取得できないのは否めません。

voice

有給休暇の残日数に応じて、年1回最大1ヶ月の長期休暇を取得することができます。

voice

契約社員は年3回の6連休があり、正社員になってからは年2回の6連休に加えて4日以上の連休があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ANAホールディングスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

仕事の割に給料が低く、今のところブランドにしがみついているスタッフが多い。

voice

時給制なので、出勤日数が少ない月は給料が少なくなります。

voice

仕事量の割には手当てが少ないことに不満を持っている人が多いようです。

voice

福利厚生で生きていく業界なので、基本給は決して高くはありませんが、それなりの年収です。

voice

給料が良くて、残業もなく、有給休暇も取りやすくて、毎年大量の人が辞めていくのは、かなり異常だと思います。

voice

営業職とは異なり、客室乗務員の場合、業績や出来高に応じた昇給はほとんどありません。

voice

新人の給料は恐ろしいほど低いという。

voice

全体的に見て、給与・ボーナスの額は妥当であると考えられます。

voice

それを踏まえて、資格取得後の昇給は少ないようです。

voice

正社員との給与の差が非常に大きく、正社員になってからは入社4年目でかなり給与が上がったようです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ANAホールディングスはどうでしょうか。

voice

入社後のギャップ。上司への絶対服従、スケジュールの厳しさ、職場が疲弊しているのに単純にスキルアップを求められる、自由に発言する権利がない、会社の意向に沿った発言をしなければならない。

voice

何度もフライトを遅らせてしまうと、ボーナスがなくなるだけでなく、自分の仕事も危うくなってしまいます。

voice

独特の雰囲気が堪らない会社で、精神的にタフな人やCAを夢見ていた人にしか仕事を続けようという意欲が湧かない。

voice

給与は平均的なサラリーマンより少し高いが、労働条件は厳しい。

voice

部署にもよりますが、私が経験した部署は外資系企業のような自己管理の世界だったので、季節によっては休みが取れたり、定時で帰れたりすることもありました。

voice

夜勤が多く、体力的にも精神的にもきついので、自分の仕事内容と給料を比較すると、仕事をしていても給料が足りないような気がします。

voice

給料は確かに良いですが、真面目で責任感のある人は時間と精神力を犠牲にすることが多いです。

voice

両親ともに地方出身の場合、子育てをしながら仕事を続けるのは体力的にも精神的にも大変で、別居中の人も多かったのですが、私には現実的ではありませんでした。

voice

グランドスタッフは他の接客業とは違い、時間通りのオペレーションやセキュリティを確保するため、常に時間的なプレッシャーやリスクを抱えていますが、他にはない仕事であり、お客様に満足していただき、時間通りのオペレーションができた時には大きな達成感を感じます。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、ANAホールディングスではどのような現状でしょうか

voice

マイナス面は感じていませんが、強いて言うならば、体を壊すことに一歩近づいたところで休職できるのがいいですね。

voice

うつ病を感じたら、社内の医師ではなく、外部の医師の診断書をもらって、すぐに休職することをお勧めします。

voice

当時は女性が多いにも関わらず、そこまでスキルや福利厚生が充実しておらず、転職を余儀なくされていましたが、今では留学制度やベースチェンジ、勤務時間の選択、休職制度など、羨ましい福利厚生が整っていると聞いています。

voice

どこの会社でもそうなのかもしれませんが、女性だけの世界で体力的にも精神的にもアンバランスな社員が多く、休職する人が多いのが現実です。

voice

うつ病になるかもしれないと思ったら、たまに宣伝されている「1ヶ月・2ヶ月休職制度」に申し込んで、「体の疲れがひどいので休む必要がある」と言ってみましょう。

voice

休職中も、復職後の報告書や今後の計画書の提出を求められ、退職する人も多い。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

幼稚ないじめや評価制度がある会社特有の女子校的な人間関係が合わなかった。

voice

派遣社員は多いが、後から入ってきた新入社員への嫌がらせ(ロッカーの中の物が盗まれたなど)はありえないことだった。

voice

部署同士で責任を押し付け合ったり、他の部署の悪口をよく聞いていたので、チームANAのことを会社の言葉として鵜呑みにしてはいけないと思います。

voice

職場での人間関係が悪く、先輩からの理不尽な非難に精神的にも落ち込んでいます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

コンプライアンスがしっかりしているので、セクハラなどはありませんが、女性が多く、個性的な方が多く、問題を抱えている方もいます。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

自分で考えて奉仕して成長するのではなく、マニュアルが厳しく、周りの無言の強制には絶対に従わなければならない雰囲気です。

voice

このような状況下では、安全上の危険(禁止されている電子機器の使用、大音量での騒動、迷惑行為等)となる乗客もいますので、そのような乗客に対しては、しっかりと対応するだけでなく、毅然とした対応が必要です。

voice

当時は当然ながら調教の質にばらつきがあり、良い調教師に当たった人は順調に成長し、不運にも不向きな調教師に当たった人はその経験がトラウマとなり、現場で実力を発揮できないこともあったようです。多かったようです。

voice

中には理不尽なお客様もいましたが、私の在職中は数えるほどしかいませんでしたが、多くはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社風はとてもモチベーションが高く、体育会系です。

voice

成田空港支店は独特の上下関係があり、ミリタリーな印象を受けます。

voice

客室乗務員に関しては、どちらかというと体育会系で、シニアリストが出回っているので、入社時には気をつけた方がいいでしょう。

voice

一見華やかに見えますが、実は体を張った会社で、仕事ぶりや先輩・後輩への接し方は体育会系。

voice

スキルは早い段階で身につけておく必要があるので、覚えるのが早くて何でもすぐにスムーズにできる方、根性があって上昇志向が強い方は入社後にギャップを感じることは少ないでしょう。

voice

体育会系の文化のため上下関係が厳しく、年功序列のため、長く働けば働くほど休みが取りやすいのはもちろんですが、友人の結婚式が多かったり、子育てシーズンに間に合うかどうか...。

voice

国際的な飛躍を目指していますが、国内企業特有の上下関係や年功序列がまだ残っており、飛躍は難しい印象を受けます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

時間が経った今でも、CAを早期に退職したことは、私にとって正しい判断だったと思っています。

voice

前職の仕事を続けていないと接客のスキルが身につかないと考え、退職を考えたそうです。

voice

当時、国内線に配属されても国際線への移行はないと考えられていたため、学生時代に習った中国語を機内で活かしたいと考え、外資系航空会社への転職のオファーを受けて退職した。

voice

私はGHだったのですが、仕事が激務で体調を崩し、ドクターストップをかけられて退職しました。

voice

退職者が多かったと思いますが、しばらくは海外に留学したいと思っていたので、退職しました。

voice

当時は移籍したいという意思表示ができない雰囲気があったので、退団を選択しましたが、キャリアを重ねるにつれて、希望が叶いやすくなるのではないかと思っています。

voice

退職理由は、当時は結婚や出産を機に退職する先輩が多く、私は飛行機で数日間日本を離れなければならなかったので、出産後も仕事を続けられる環境ではないと判断したからです。

voice

人間関係でつまずく人は早々に辞めてしまう。

voice

仕事を辞めようかと考えていた時に、地元の航空会社のCAの求人を見つけ、転職を決意。

voice

元事務員だった彼女は、普通の生活のサイクルが大きく崩れ、友人や家族とのすれ違いも多くなってきたため、仕事を辞めることを決意した。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

子供が小さいうちは、急な発熱や怪我で帰宅しなければならないこともありますが、そんな時に帰宅できる仕事ではないので、もう少し規制が緩くなればいいのにと思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。