システナのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに システナ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 162件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.1 29.7 51.0
平均給与(万円/年) 398.2 440.2 47.8
有給休暇消化率 52.0 50.1 50.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

システナに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、システナと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。システナの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私は出向していたのですが、全く同じ職場にいた上司から勤務時間だけでマイナス評価をされてしまい、仕方なく勤務時間を延長(残業も)してしまいました。

voice

上司から残業を減らすように指示され、早朝出勤を勧められました(手当なし)。

voice

配属先の勤務体系によっては、本社の通常勤務時間を下回る勤務を命じられることもありますが、通常勤務時間を超えない限り残業代は出ませんので、残業に対するモチベーションは上がりません。

voice

残業が必要な時期もありましたが、正社員であれば残業代は100%支給されます。

voice

時には定時後に会議に呼ばれることもありましたが、ほとんどの場合、残業代は出ませんでした。

voice

残業などはしないと決めているのですが、結局、他の日はシワが寄ってくるので、気の利いたイメージになってしまうことが多いです。

voice

業者の仕事内容にもよると思いますが、私が配属されたところは残業が少なかったので、私生活とのバランスが取れていました。

voice

新卒で入社した時は残業が全くなく、年を重ねるごとに残業が増えていきましたが、最近は働き方改革の影響もあって定時で帰る社員が多くなってきました。

voice

ワークライフバランスは配属先にもよりますが、非常識な残業をするクライアントは少ないように感じました。

voice

ほとんどの社員がお客様先での勤務を想定していますので、休日、年休、残業などは自然とお客様のスケジュールに合わせていくことになります。

voice

残業もなく、ワークライフバランスも良好です。

voice

→ 報告書等が多く、フィードバックが少ないため、作業時間が短縮され、残業が増える。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の即日取得はできないため、病気で欠席した場合は欠席扱いとなります。

voice

例えば、体調不良で当日有給休暇を取得するのは例外なく悪いことだと思いますが、以前の空き状況を考慮してもいいのではないかと思いました。

voice

7年前の話なので、今は変わっていると思いますが、当時は当日報告で有給休暇が使えず、欠勤や遅刻は減給されていました。

voice

配属先にもよりますが、周りの人たちは有給休暇を積極的に取得している印象を受けました。

voice

有給休暇は取得したい時に取得しやすい傾向にあります。

voice

有給休暇は前日に申請し、病気休暇は欠勤なので、体調が悪くても出勤する人が多く、結果的に周りの人も体調を崩している人が多い。

voice

夏季休暇は個人の有給休暇日数の形態なので、会社負担の休暇ではありません。

voice

現場やプロジェクトによって、有給休暇の取得方法は異なります。

voice

有給休暇は、担当する営業マンやチームリーダーによって取得しやすかったり、取得しにくかったりします。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。システナの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナス計算期間中に在籍していたため)。

voice

ボーナスは等級に応じて支給され、福利厚生も充実しています。

voice

基本給が諸々の調整で少なすぎて(月の手取りの4割くらいは退職金の前払いか何かで基本給ではない)、残業が多くても手取りがあまり増えない。

voice

財務数値が非常に良く、その分給料も高いと思って入社したのですが、会社の利益と社員の給料が比例していないように感じました。

voice

基本給が低く、インセンティブも適度にきつい。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。システナはどうでしょうか。

voice

稼働時間が非常に高いため、定時後の会議は日常茶飯事でしたが、やることはたくさんあったので、やりがいを感じれば悪くないと思います。

voice

IT系だったので、職場環境や作業環境がブラックなのではないかと心配していましたが、システムやルールはかなり良かったです。でも、制度やルールはかなり良かったです。

voice

完全なトップダウン型であるため、それ自体の単価がブラックボックス化しており、それが人のやる気を削ぐシーンとなっている。

voice

管理職になると年俸制なので、定時で帰ることはほとんどありません。

voice

会議は通常の時間外に開催されることが多かった。

voice

肉体的にも精神的にもタフでないと厳しいかもしれません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、システナではどのような現状でしょうか

voice

現場に配属されてからは、上司との相性が悪く、落ち込んで退職しました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

開発センターの所長は独裁的で、思い通りにいかないとパワハラのようないじめを受け、辞任に追い込まれる。

voice

ハラスメントは相手が認めて初めて成立するということを学びました。

voice

パワハラを通報する場所はありますが、世間からパワハラを受けてから通報すると「それはパワハラではない」と言われます。

voice

パワハラのようなものをよく目にするので、あまりいい雰囲気ではありません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

私は経験したことがありませんが、社外に駐在しているプロジェクトでは、直接会ったことのない上司との評価会で、理不尽な評価をされることがあったと聞いています。

voice

月例会議や本会議では、大きな声での唱和が必要です。

voice

私の前には、拠点長に半ば強制的に退職させられた営業マンが2人いたようです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

今はどうなっているのかわかりませんが、怒鳴り声や朝礼など体育会系の乗り方を強要されるので、大変だと思っている人は大変だと思います。

voice

社風は超体育会系で、数字は非常にタイト。

voice

洗脳と体育会系のプログラムです。

voice

体育会系と聞いていたので、ある程度の覚悟はしていましたが、朝礼で社是を大きな声で言うのは抵抗がありました。

voice

上下関係が強いので、実力主義というよりは年功序列になりがちだと思います。

voice

体育会系の雰囲気の人もいて、そういう人が苦手な人には辛い環境かもしれません。

voice

朝礼で会社の理念が叫ばれるので(常駐の場合は除く)、体育会系が嫌いな人には働きづらいと思います。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職理由は、ワークライフバランスが取れなくなってきたと感じたからです。

voice

その前払い退職金を貯金に回すほどの給料ではないので、退職してすぐに次の会社に就職しないと生活が苦しくなるかもしれません。

voice

基本的にはお客様先での仕事なので、1年以上前からチャレンジしたいという理由で退職を考えていることを上司に伝えたところ、スムーズに退職手続きを進めることができました。

voice

年俸は入社後ではなく、事前に退職金であることを伝えるべきだと感じた。

voice

私は別の業界に挑戦するために会社を辞めましたが、快く送り出してくれました。

voice

入社後に支給される「退職金前払い制度」が組み込まれています。

voice

ところ、本人と意見が合わずに退職してしまった役職者も少なくありません。

voice

退職金はありませんが、投資会社への手数料という形で退職金がもらえるようなところでしょう。

voice

退職の際には、直属の上司に連絡するだけで、迅速かつ簡単に退職手続きを行うことができます。

voice

上司に話をしたところ、比較的前向きに受け止めてくれたので、仕事の進捗があって時間がかかったにもかかわらず、問題なく退職しました。

voice

当時は他社にも駐在していましたが、先輩(プロジェクトリーダー)の嫌味を日常的に言われることに嫌気がさし、退職しました。

voice

前職は対人関係の問題で退職しましたが、この会社は温かい人ばかりで、それが働きやすさの一つでした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。