日立システムズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日立システムズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 141件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.5 29.7 49.3
平均給与(万円/年) 520.9 440.2 54.3
有給休暇消化率 44.9 50.1 48.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

日立システムズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日立システムズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

入社1年目から20日の有給休暇があり、職場の雰囲気も良く取得しやすかったです。

voice

ここ数年は、忙しくない時期に有給休暇を取りやすくなっていて、むしろ奨励されています。

voice

有給休暇は絶対に取らなければならず、休みの前後に有給を取ったり、長期休暇を取ったりしていました。

voice

有給休暇は20日以上あるが、取得率は低い。

voice

私もチームやグループ内の全員に休暇から飛行機に乗ってもらうことができなかったので、有給休暇の申請を出すのは少し勇気がいります。

voice

年休取得の奨励には非常に手厚く、連休取得の奨励を全社的に発表しているケースもあります。

voice

電気だけの部署だったので、休みの申請もしやすく、残業もありませんでした。

voice

有給休暇を100%取得して残業代を請求することはできないし、事業部によっては残業代を請求できない雰囲気があるので、改善されるはずです。

voice

無料有給休暇の文化がなく、全てを消化するのは難しい。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日立システムズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

とりあえず、残業時間を月20時間以下に抑えることを目標にしています。

voice

配属先によっては、月に50時間以上の残業を強いられることもありました。

voice

一般事務職の残業時間は月平均10~20時間。

voice

36協定の範囲内であるために、労働時間を過少申告することがあります。

voice

プロジェクトによっては残業が多いものもありましたが、物理的にダメージを受けるほどではありませんでした。

voice

辞めてからだいぶ経つので、当時はタイムカードを打ち込んで、残業できない日は仕事をしていました。

voice

個々の有給休暇や労働時間については、部署によって異なるので一概には言えませんが、地方の支店は残業が多い傾向にあります。

voice

私の場合、新卒1年目は月200~300時間の残業が当たり前になり、2~3ヶ月に1日しか休みが取れず、労働環境の厳しさとホテル暮らしをしていたこともあり、退職しました。

voice

6ヶ月間100時間以上の残業をして体調を崩したため。

voice

部署によっては毎月80時間以上の残業があり、配属の運次第で決まる。

voice

残業も規制されており、3ヶ月間連続してX時間以上働いた場合には、産業医との面談が設けられ、健康管理が徹底されています。

voice

残業時間も厳しく監視され、超過しないように自信を持って管理するのではなく、操作されていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日立システムズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

失敗してもしなくても給料やボーナスは変わらないので、みんな平均的に仕事へのモチベーションは低い。

voice

年功序列には特に不満はありませんが、年々着実に昇給しているので文句のつけようがありません。

voice

毎年安定して昇給がありますし、大企業なので金額も悪くなく、一般的な企業よりも高いと思います。

voice

仕事量は少なくはなかったですが(残業は日常的に60時間/月以上)、給与やボーナスは他の業界の新卒の同業者よりも全体的に低く、満足できませんでした。

voice

残業代もしっかり支給されるので、お給料はとても良いです。

voice

給料は代理店によって違うと思いますが、私の場合は月給28万円+残業代+交通費でした。

voice

女性は長く働けばボーナスが出ることが多いです。

voice

マイナス評価を受けても給料はあまり下がらない(ボーナスは下がるが)。

voice

昇進も新しい部署で成果を上げた人ばかりで、しばらくは昇給はないだろうと思って諦めていました。

voice

ボーナスは、個人の基本的な努力というよりも、事業部の努力が反映されることが多い。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が退職した一番の理由は、会社の合併で社風が変わったからです。

voice

残業の多い部署では体が持たないと感じ、退職を決意しました。

voice

私が日立を退職した一番の理由は、日立独自のトップダウン方式に違和感を感じたからです。

voice

まだ退職(転職)を決めたわけではありませんが、もう少しワークライフバランスが取れるようになりたいと思っています。

voice

部署によって労働環境が異なり、隣の部署では19時頃に消灯することもありましたが、プライベートもなく、将来の健康に不安を感じて退職しました。

voice

いろいろな意味で満足のいかない長期出張が続き、退職を決意しました。

voice

体調が悪いことへの配慮もなく、誰に聞いてもわかるようなやりとりをしているうちに、精神的に疲弊して退職を考えてしまいました。

voice

退職するまでは、実際には別の言語でプログラミングをしていたので、全く役に立ちませんでした。

voice

業者からの電話での設備仕様の問い合わせや、期限内にトラブルが発生した場合の対応など、その繰り返しがストレスになったことが退職の最大の理由だったと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日立システムズはどうでしょうか。

voice

中途採用の人はブラック企業と思っていることが多いですが、専門職の人は全くそう思っていないようで、正直、よくそこで働けるなと感心しています。

voice

毎日定時で帰っている人と収入が同じなのかと思うと、将来働くのが馬鹿らしくなってきました。

voice

労働時間に関しては、定時退社の日の放送が空振りだったのを覚えています。

voice

会社は定時出勤を設定しているが、顧客先で働く従業員は現場のルールに従っているので、何の関係もない。

voice

多くの社員が定時で帰宅できるようになったのは、名目だけの通常勤務だった水曜日でも、月に一度、上層部が見回りをして強制的に退社させる完全通常勤務の日があり、よほどのことがない限り、この日は早退できるようになっている。

voice

会社としては多作なので安定しているが、チャレンジ精神に欠ける。

voice

は、完全に定時退社できる日が決まっていて、ほぼ強制的に帰宅させられる日もあるので、帰りやすくなっているのが良いところ。

voice

研修制度や水曜日の定時退社も徹底しており、働きやすい環境です。

voice

日中は資格の勉強をしていて、定時で帰れる時もあれば、何日か滞在しなければならない時もあります。

voice

隣の部署が定時退社していても、自分の部署はみんな残っているような環境では、上の人は何も動いてくれません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、日立システムズではどのような現状でしょうか

voice

2011年1月中旬に復職したが、2011年11月にうつ病症状が再燃し、2014年3月まで休職。

voice

私がいた職場では、過去3年間で3回(20人程度の職場で)うつ病の発症があり、発症率は10%を超える非常に高いものでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラなどのコンプライアンス違反を見て見ぬふりをしていた時期もありました。

voice

派遣社員でも社員でも、セクハラの被害者は解雇されたり、別の部署に異動になったりすることがあります。

voice

人間関係は非常に緊張しており、連携すべき部署間のコミュニケーションが不足しており、中にはパワハラをするような人もいました。

voice

コンプライアンスやハラスメントに対する意識は教育面で高い。

voice

部署によってはセクハラの会話が当たり前になっていて、若い女性社員が上司にプライベートのことを聞かれて嫌になって辞めてしまったこともありました。

voice

当時、正社員の女性にはセクハラ防止策がありましたが、派遣社員には適用されず、私が用事がないのに個室に呼ばれたり、性的な話をされたりすることが多かったです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

理不尽で社員のモチベーションが低い。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

就活生をバカにしたような人事の態度と、体育会系の無意味な社風。

voice

毎期膨大なノルマ(予算)が設定されているので、必ずしも良いことばかりではありません。

voice

同じ仕事を繰り返し、無理なノルマを課される。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。