Trysのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに Trys について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 15件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 32.0 29.7 49.1
平均給与(万円/年) 324.0 440.2 43.8
有給休暇消化率 51.3 50.1 50.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

Trysに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、Trysと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。Trysはどうでしょうか。

voice

定時で帰る人もいるし、時間も自分で調整しやすい。

voice

立地が良いのは上から目線で、イラストレーターの進捗管理は使い捨てでかなり安い。

voice

部署にもよると思いますが、給料の割には残業が多いので、ライフワークバランスが取りづらいです。

voice

ほとんどの社員が夜9時まで残って仕事をしているので、ライフワークバランスはあまり良くありません。

voice

自分で仕事の時間を管理できれば、定時で帰宅できます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。Trysの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

夜遅くまで仕事をしなければならないので、確実に体調を崩すことになります。

voice

(赤字の会社なので評価が高くても昇給やボーナスはありません)また、この会社のフレックスタイムは休日出勤が8時間なので、休日がある日は強制的に残業させられます。

voice

残業時間が長いのは、長く働く人を大切にしている会社なので当たり前で、休日出勤もあります。

voice

フレックスタイム制のため、法定労働時間を超えて働かなければ残業代は出ません。

voice

残業が多く、労働時間に比べて賃金が低いと感じたため、転職を決意しました。

voice

休日が多い月は、毎日1~2時間の残業をしないと、上司から文句を言われ、その残業分の手当がもらえません。

voice

そうでない人でも、締め切り前に仕事が詰まってしまったり、クライアントの仕事に追われたりすると、夜遅くまで仕事をしてしまうことが多いです。

voice

裁量労働制なので、もちろん残業代は出ません。

voice

低賃金で塗装のお仕事がしたい!残業が多いのが気にならない方にはピッタリのお仕事です。

voice

強制的な残業があったため、帰宅時間が遅く、帰宅後の勉強が大変で、スキルアップできる環境ではありませんでした。

voice

残業を奨励していない(極力しないようにしている)ため、限られた時間の中で多くの仕事をしなければならず、肉体的にも精神的にも疲れることがあります。

voice

昨日遅くまで仕事をしていても、夜遅くに帰宅しても、自分のペースで仕事に行けます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

基本的に有給休暇は取りやすいです。

voice

有給休暇を断られたことがないので、取りやすいです。

voice

基本的にタスクが詰まっているので、一度に有給休暇を連発するのは難しいです。

voice

欠勤は有給休暇では取れませんし、病気になれば容赦なく給料に影響します。

voice

代休制度はありますが、上司の承認が曖昧で取得できなかったことが何度かありました。

voice

時期によっては非常に忙しく、年末年始には多くの人が仕事をしている姿が見られました。

voice

土日は会社が休みなのに、通信やちょっとした仕事で実質的に休むことができません。

voice

休日も有給休暇もしっかりと取得できるので、趣味やスキルアップのために休日を利用することができます。

voice

施設にも力を入れ始めていて、申請すれば大抵の場合は希望通りのものが手に入ります。

voice

youtubeが好きな方は、知識を活かせるので働きやすい職場だと思います!休もうと思えばなかなか取れないことではないので、計画を立てて工夫すれば、そこまでストレスなく働けるかもしれませんね。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。Trysの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

会社の景気は悪く、ボーナスはお小遣い程度で、昇給はほとんどありません。

voice

昇給もボーナスも小遣い程度のものが多く、昇給を得るのはかなり困難でした。

voice

リーダーレベルでも給料はかなり低く、ボーナスも基本的にはありません。

voice

未払い残業がずっと続いていましたが、最近になってようやく改善されたと思っていたフレックス制の残業代を減らす方針に変更されました。

voice

フルタイム、裁量労働、ボーナス込みで年収300万。

voice

仕事ができない人の方が給料が高いのは、生産性の低いことをして時間をかけている人の方が評価されているからです。

voice

ボーナスは業績に応じて個人差があり、0円の人もいれば10万円以下の人もいます。

voice

とにかく給料が低い、昇給やボーナスがない、給料を下げるために何か新しいものを積極的に探している、上司に相談しても聞く耳を持たない、などなど。

voice

ボーナスも慣れない評価制度で、お小遣いのように人を馬鹿にしたとしか思えない金額しか支給されません。

voice

昇給やボーナスがほとんどなく、人材が流出しても、新しい人がすぐに採用されるため、個人を評価してくれません。

voice

楽しく仕事をするために飲む会社だけど、おしゃべりや接待で仕事がはかどる上の人は給料がいいけど、下の人はそんな時間がなくて余裕がないんだよね。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

社内にグループ窓を作って仲の良い友達とグループ窓でチャットしたり、社内の噂や上司・社員・会社の悪口を話す窓がありますが、禁止されているわけではなく、経営者がチャット窓を作ってチャット窓がゆるいので まるで学校にはびこっているような感じです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラに等しい発言が多い。

voice

本人が拒否しているにもかかわらず、女性の性癖や性嗜好を明かすなど、「からかい」を意図しているのではないかと思われる事例を見たことがありますが、どう見てもただのセクハラです。

voice

役員からのパワハラやセクハラも多い。

voice

社長はサッパリしたチャラ男ばかり、社長は面接にも出てこない不真面目なセクハラ野郎ばかりで、社員の質は変わらない。

voice

上場したいと言っているが、社員の人間的な質が悪く(セクハラ、パワハラ、パクリ)、経営陣は若い女性社員を鼻の下に抱えて仕事をしている。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

工数報告書に質問があれば(自分たちのために)質問してくるので、作業中に相談したり雑談したりするのは難しい。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

他の部署では、各人ごとに売上ノルマが設定されています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社都合であればリストラ扱いになるので、次の会社は不信感を抱き、前の会社に連絡して調査される可能性があります。

voice

しばらく辞表を出し渋っていたので、辞表を出す日がどんどん先延ばしになっていきました。

voice

優秀な人材が次々と退職していきましたが、彼らから聞いた話は会社の将来を多くの面で反映していなかったため、契約を更新せずに退職しました。

voice

一度退職の話を持ち出してしまうと、何度も退職することになるので、退職するのであれば、できるだけ早く退職するのが一番です。

voice

あまりにも年収が高くないと退職する人が多く、いざ退職の時期になると、年収アップの最後のチャンスとなるのが話をする時です。

voice

今のところ、過労で入院や退職した人が多いようですが、上層部はこの会社をホワイト企業だと思っているようで、改善の兆しが見えません。

voice

個人の成果を会社が取り上げる組織なので、それが社員に還元されず、モチベーションが下がって退職してしまうのです。

voice

退職後、他の会社を渡り歩きましたが、ほぼミニマムクラスという印象を受けました。

voice

ある程度の経験を積んでから順番に退職したいとのことなので、実績や経験を積むための踏み台になっていると思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。