シャープのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに シャープ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 144件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.4 29.7 54.0
平均給与(万円/年) 560.4 402.8 59.7
有給休暇消化率 64.1 43.5 55.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。シャープの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

就業時間は部署によって異なりますが、基本的には規制が厳しいのでサービス残業はさせません。

voice

労働時間は最終的にノン残業となりました。

voice

今は本社で働いていますが、管理職ではなく組合員であれば、あまり強制されることもなく、休みたい時に休むことができます。

voice

ありますし、平社員の残業も規制されており、労働環境が悪化している可能性が高いです。

voice

組合員は問題なく休みを取得でき、残業も現在抑制されているので労働時間も問題ありません。

voice

時間的には個人のスキルにもよると思いますが、残業時間が長い人は少ないように感じました。

voice

持ち帰り残業は認められておらず、在宅勤務制度もなく、勤務時間は会社にいる時間を基準にしているため、自由度が低く、働き方の多様性が少ない。

voice

残業時間が60時間を超える部署が多く(主に開発)、平日は定時に帰宅するのが難しい。

voice

残業は労基署で厳しく監視されており、管理者はスタッフの残業要請に応じて実際の残業時間を細かくチェックしているため、サービス残業はほとんどありません。

voice

就業時間はしっかり管理されており、サービス残業はほとんどありません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

消化が必要なため、有給休暇は比較的取得しやすいです。

voice

休暇自体も多く、有給休暇の目標を設定して計画的に取得するようにしています。

voice

即日の仕事しかない場合は、数日前に申し込みをしておくとスムーズです。

voice

有給休暇が取りやすいので、業務に対する年収の面では優れていると思います。

voice

半年間で4日間の事前登録有給休暇を設定することができました。

voice

有給休暇のほか、年間8日の多目的休暇があり、休みが取りやすい環境です。

voice

有給休暇は、仕事の進捗を無視しすぎなければ、かなり柔軟に取得できます。

voice

職場ごとに組合力の差がはっきりしており、組合が弱いところでは有給休暇の取得が難しくなることもあります。

voice

それ以外の有給休暇は、経営がしっかりしているところでは、2月に月に1~2回のペースで取得していたと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。シャープはどうでしょうか。

voice

課員のタイムカードを回収し、定時になったら解雇処理をするのが新人の仕事です)。

voice

上層部は変えなければならないと旗を振っていますが、それはすべて具体性のない心理学的な理論であり、基本的には個々人の視点でしか物事は進まず、全体を経験することはありません。

voice

体育館やグラウンドがあり、定時後や休日にはスポーツなどで体を鍛えることができました。

voice

例えば、子供の送り迎えの後、朝8時30分に出勤して、通常のスケジュールより30分早く家を出て、子供のお迎えに行くというようなことも可能です。

voice

経理部の繁忙期は決算・企画期間であり、一般的には定時退社が可能です。

voice

仕事をしたい、定時退社したい、子育てをしたい、自分の趣味を持ちたい。

voice

できる人に集中して仕事をしている部署もあれば、そのグループの人は疲弊していて、定時で帰宅するグループとの差が大きい。

voice

忙しくない時期でも帰宅が遅くなりがちなので、会社の人たちと心地よい人間関係を築けていないと、精神的にきついかもしれません。

voice

やるべき仕事があるのに終わらず、時間通りに帰らない人と、それに追われて忙しい人の差は歴然としており、できる人に仕事が集中しすぎている。

voice

定時で帰れて、上司があまり気にしていない仕事でもしっかり帰れます。

voice

いくら能力や能力があっても、働かずに定時に帰るおじいちゃんやおばちゃんに比べれば、収入はかなり低い。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。シャープの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年を取ると給料が上がらなくなったり、下がったりしてモチベーションが上がらないこともあるので、年を取っても給料はしっかりもらいたい。

voice

一般的な企業から見れば、仕事をしている割には給料が良い。

voice

正社員なので、給与やボーナスは他の地域と比べても高い水準にあります。

voice

毎年、電気組合の最低ボーナスを4カ月削ったらストライキを行うと言っていたが、実際には4カ月削っていた。

voice

給与については、チャレンジコース(準管理職コース)の方が少し高いように感じますが、現在の会社のリストラで給与がカット(月給の7%とボーナスの半額)されているので、年収はかなり下がっています。

voice

営業職なのに、仕事量の割に給料が安い。

voice

ボーナスや給料は長らく削減されており、回復の見通しは立っていない。

voice

管理職は給与面では安定していますが、管理職でないと絶対的な決定権がないので、あまり面白くないかもしれません。

voice

信頼と罰」という方針のもと、業績の良い部門にはボーナスを多く、悪い部門には少なく支給しています。

voice

仕事内容や労働時間を考慮すると、中小企業の友人よりもはるかに仕事のハードルが低く、休日も多いので、仕事のレベルに不満はありません。

voice

会社は効率的な仕事をしていると考え、残業をさせないようにしているが、効率を上げても賃金に反映されず、モチベーションが上がらない。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、シャープではどのような現状でしょうか

voice

真面目な人の多くは、仕事に集中できず、評価されないことが原因でうつ病になっている。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

地味に無駄な仕事を一週間強要されるような陰湿な仕事体質なのは当たり前。

voice

50代以上の社員がリストラされた部署に嫌がらせで異動するなど、人事制度に大きな問題がある。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

部署にもよると思いますが、怒鳴り声などパワハラに近いものが多く、身体に傷を負った人も多かったと思います。

voice

下の人が何かおかしいと思っていても、論理的・合理的な働き方ではないので、パワハラで仕事を押し付けてしまう傾向があります。

voice

セクハラなどがあったときに会社のホットラインに相談しても、基本的には放っておいてくれます。

voice

エンジニアの女性は男子と同じくらいの肉体労働を求められているのかもしれませんが、私の周りではセクハラや女性蔑視を見たことがありません。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

管理職の中には、コンプライアンスを守らずに部下を働かせ、怒鳴りつけたり、怒って机を叩いたりしている姿も見られます。

voice

バブルの良い時代を経験した上司は、今の時代の変化に全くついていけていないので、精神で説教している。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社風は体育会系で、営業の場合はブラック臭がひどい。

voice

営業部はとても体育会系の雰囲気で、決議や目標宣言をすることが多いです。

voice

体育会系の組織なので、上司にある程度意見を言えないことも多く、上司に意見を言える優秀な社員が人事部に認められれば、会社はさらに効率的になり、より良い結果を出すことができると思います。

voice

社風はかなり体育会系で、肉体的にも精神的にも成長できる環境だと思います。

voice

そうなると、メニューも実態もないガッツリとした数字を出して報告しなければならなくなる。

voice

上昇軌道にある体育会系の会社としては数字は申し分ないし、将来性も申し分ないのですが、行き当たりばったりな感じが否めません。

voice

ヒエラルキーはそこまで厳しくないと思います。

voice

営業はどの業界でも同じですが、毎月のノルマに追われることを覚悟してください。

voice

上司によっては、あなたのノルマに対して同じ要求をしてくる上司もいれば、防波堤になってくれる上司もいますので、上司の人間性にもよります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

会社が傾いて安定しなくなると、それまで我慢していた人たちが一斉に去っていった。

voice

希望退職制度を申請して早期退職しました。

voice

もう一つは、「希望退職年齢に達していないが、他の会社に就職したために辞めることにした優秀な人」です。

voice

依然として「ゆとり」のある会社であることに変わりはなく、だからこそ希望退職者は定員に達しているのです。

voice

当日振り込まれた退職金も本当に少額でした。

voice

多くの社員が、いつ退職に追い込まれるのか、日々不安を感じています。

voice

私のような任意退職の場合、退職金は半分くらいしかもらえませんが、今回リストラを勧められた人(業績評価が悪い)と比べると、余計な退職金はなく、雇用保険から支払われる失業保険も少なく、トータルでは数千万円の損失で、会社に貢献した人への対応がもう少し良くても良かったのでは?そうなんですか?と感じました。

voice

早期退職以外にも、若手社員の退職が止まらず、モチベーションが下がっている。

voice

希望退職や減給は、従業員のモチベーションの低下を招き、退職者が後を絶たない。

voice

退職した理由は家庭のためなので、あまり問題はありません。

voice

現在は厳しい状況ですが、社員の退職後の再就職にも気を配っている良い会社だと思います。

voice

若い人はリストラだけでなく、自分の都合で次々と辞めていく。

voice

社内結婚を決意したため、入社3年で退職しました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。