大和ハウス工業のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 大和ハウス工業 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 405件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 41.0 29.7 45.6
平均給与(万円/年) 550.8 402.8 59.1
有給休暇消化率 34.4 43.5 47.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

大和ハウス工業に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、大和ハウス工業と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。大和ハウス工業の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

勤務時間については、残業は19:00~20:00と他社に比べて少ないです。

voice

理不尽な残業はほとんどありませんが、支店勤務かどうかで大きな差があります。

voice

の残業時間に対して、36協定の残業時間の上限が低すぎるため、労働時間に対する賃金が非常に低いと感じています。

voice

残業代は全額支給されていたが、タイムカードは時間通りに切られていた。

voice

本社の人事部がしっかりしていて、セクハラ、パワハラ、残業時間の削減などの取り組みを推進していました。

voice

体育会系なのでフレックスタイム制ですが、上司や先輩より先に出勤しなければならない雰囲気があり、上司が休日出勤の場合は休めないので、朝は7時に出勤して、夜は9時過ぎには退社していました。

voice

契約を取れば取るほど忙しくなり、休日出勤も増え、残業も増え、生活の部分が狭くなりがちです。

voice

先輩社員はほぼ毎日3時間残業して帰ってきます。

voice

ドアtoドアやオフィスワークを残業でやるしかない。

voice

夜遅くまで外出して残業する文化が残っているところもあると思います。

voice

支店にもよると思いますが、残業は25時間しかつけないと言われており、休日出勤や長時間の残業が多い人にはあまり良い環境ではありません。

voice

残業は、私の支店では、遅くとも20時半には電気が止まっていたので、退社しなければなりませんでした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

現在の営業・設計・建設業は、休めば休むほど仕事が増えるため、一般的には有給休暇は取得しませんが、四半期に一度の強制有給休暇制度があり、年間4日を消費します。

voice

休日出勤が多いのですが、仕事の代わりに休みを取ることは比較的容易だと思います。

voice

交際費や会議費の申請も簡単です。

voice

配属先にもよりますが、成果が出れば休むことができますし、3ヶ月に1回のペースで有給休暇を取得することを推奨しています(家庭休暇制度など)。

voice

終業時間が決まっていて、3ヶ月に1回有給休暇を取得できる制度があるのはありがたいですね。

voice

資格取得がしやすい環境なので、積極的に資格取得ができると感じています。

voice

お客様のために仕事をしているので、融通が利かず、自分で有給休暇を取るのは難しいです。

voice

有給休暇の取得が難しいため、慶弔休暇に使えるかどうかは部署次第。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。大和ハウス工業の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

年2回のボーナスは、各給与の4ヶ月分程度で、モチベーションアップにつながります。

voice

新入社員だったので、年収はそこまで高くはなかったのですが、ボーナスに関しては日本でもトップクラスの高さだと思います。

voice

ボーナスも高く、友達と自分を比べて恥ずかしい思いをしたことはありませんでした。

voice

契約が取れれば、その金額に応じて販売促進手当が支給されますが、契約が取れなくても基本給が支給されるので、家計のやりくりに困ることはありません。

voice

月給30万(各種残業手当含む)+ボーナス4.5ヶ月分(7月・12月に支給)+インセンティブ(受注した場合は3ヶ月に1回)。

voice

支店内や事業部内の業績が良ければ、ボーナスも良いはずです。

voice

ボーナスは景気によって変動するので、景気が悪くなるとすぐに貧乏になってしまい、わざと残業を増やして給料を稼ぐしかありません。

voice

一定の数字を達成すると、かなり良いボーナスが出ます。

voice

固定給が高いので、その等級に達していないと、給料泥棒のような扱いを受けている印象を受けます。

voice

売り上げが上がるたびに販促手当がもらえるので、年収がグッとアップします。

voice

現状はわかりませんが、しっかりとした契約をすれば、稼いだ分は歩合給としてお給料に反映されるので、しっかりと働いて稼ぎたい方にはピッタリですね。

voice

派遣社員でもきちんと評価してくれたのでありがたかったのですが、給与体系が正社員とは全く違うので、ボーナスの支給率を聞いて悲しい気持ちになることもありました。

voice

休暇を取ることもできますし、一定の金額はしっかりと支払われます。

voice

仕事がうまくいけば販売促進手当も出ますし、年収もそれなりにあり、働きやすい会社です。

voice

同業他社の設計事務所と比較した場合には大きな差があり、1回のボーナスで他社の年間ボーナスを上回ることもあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。大和ハウス工業はどうでしょうか。

voice

私が会社を辞めた主な理由は、仕事でミスをしてしまい、表面上は直属の上司がかばってくれたのですが、実際にはその後、直属の上司に精神的に追い込まれてしまいました。

voice

入社して不安に思ったことの一つは、ネットで住宅業界はブラックと記載されていましたが、ネットで言われているようなひどい労働環境ではありませんでした。

voice

支店によって違うと思いますが、正直、私のいる支店の営業マンは奴隷です。

voice

一部上場の堅実な会社なので、コンプライアンスを重視し、ブラックな要求はしない。

voice

精神的に強くて高給を取りたい方、当社で働いてみませんか?

voice

一昔前はブラック企業の一員と言われていたが、アーキテクチャ的には脱ブラックではあるが、受注や売上の面では社内全体に浸透していないような気がする。

voice

私は地方支店で働いていましたが、店員さんはほぼ定時に起きていました。

voice

事務員はほとんど時間通りに起きていて、私がいた支店では電話に出てくれず、何をしているのかわからなかった。何をしているのかわからなかった。

voice

業界の中でもメジャーな存在として成長していくと感じています。ただ、同業他社と比べると、その分仕事は大変だと思います。

voice

年に1~2回、社員の誰かが労基署に調査に駆け込むという、今では考えられないようなことが慢性化していました。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、大和ハウス工業ではどのような現状でしょうか

voice

営業職も鬱になりますが、女性社員も鬱になって辞めてしまう人がいます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

離職率は高いですが、最後までいじめてノルマに果敢に立ち向かうことができる人が評価されます。

voice

私は女性なので特にそうなのかもしれませんが、女性特有のくだらない煽りやいじめが多いように感じました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

営業マンからのパワハラもありました。

voice

営業部門を管理していると、パワハラ上司に怒鳴られる毎日にビクビクしてしまいます。

voice

営業マンは、営業マンではない人から見れば、自分が仕事をしてお金を稼ぐと思いがちですが、支店や上司によっては、まだまだ激しいパワハラがあります。

voice

支店長の方針にもよりますが、各部長のパワハラが残っています。

voice

パワハラがすごい部署が多いので、できない部署はフォローした方がいいですね。

voice

営業マンは、一部の例外を除いて、パワハラや数字のプレッシャー、離職率の高さに悩まされています。

voice

確かに昔は、思いやりが強すぎてパワハラ的な社風がありました。

voice

私のいる部署は相談しやすいし、全国には権力欲の強い時代錯誤な管理職がたくさんいるので、配属先で全てが決まる。

voice

管理職であれば、営業部門よりも過激なパワハラを受ける可能性が高いです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

土日は冠婚葬祭でも半日しか休めないし、大勢の社員の前では空気、嫌味、罵声、お手本のような叱り方をする。

voice

懲戒制度は全社員に開放されているため、暴力事件は少ないようです。

voice

地域で管理する人数が少ないので、無理に数字を押し付けるのではなく、部下と一緒に苦しんでくれればいいのですが、罵声ばかり浴びせて営業活動をほとんどしないのは良くないと思うのですが...。

voice

強制ではありませんが、周りの雰囲気としては「行かなければならない」ということになっています...。

voice

部下を鼓舞して頑張る人もいれば、怒鳴ったり脅したりするだけの人もいる。

voice

上司に相談しても、ノルマを達成したからといって切り捨てられたり、自分で売り方を考えろと怒鳴られたり。

voice

新人のほとんどは飲み会に参加させられていましたが、女性がいる場合はそうではなく、上司の中にはそれが難しいと感じている人もいたようです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社員は基本的に体育会系で、飲み会ではカラオケや一発屋をやらされる。

voice

もともと体育会系な雰囲気だったので、特に休日出勤の営業の方には当たり前のように流れていました。

voice

地方支部は体育会系の雰囲気が強く、個人行動はあまり好まれない。

voice

その理由としては、男性優位、女性優位の業界であること、体力勝負、気合勝負になりがちであることなどが挙げられます。

voice

思っていた以上に手間がかかるので、本当に気合が入ります。

voice

初年度に受注があるとは思わず、体験のためだと信じて素直に売れるメンタリティが必要です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

本格的な設計・建築の仕事に興味があり、退職を検討しています。

voice

いくらルート作りに力を入れていても、頻繁にエリアを変えなければ真の営業マンにはなれないと感じ、退職を考えました。

voice

辞職の大きな理由は、キャリアパスが明確になっていなかったことです。

voice

辞めた一番の理由は、自分の市場価値が上がらないという危機感からでした。

voice

団地営業を退職しました。

voice

転勤が急に決まったのと、通勤が遠かったので退職しました。

voice

営業職という肩書きのせいもあり、女性の営業仲間が次々と退職していき、先輩が少なく、数年後の自分がどうなっているのか、想像もつかない状況でした。

voice

私がいる間に正社員の女性が辞めればチャンスはあるかもしれませんが、正社員の女性は辞めません。

voice

大きな会社なので安定性は十分にあると思いますが、自分にはできない仕事だと思って辞めたのを覚えています。

voice

派遣社員だったので、年齢的にはまだ正社員として雇ってくれる会社の方がいいと思い、退職しました。

voice

職場で結婚し、転勤族ということで退職を考えていました。

voice

公私のバランスが取れていないことがストレスになっていたので、会社を辞めました。

voice

退職は日常茶飯事なので、あまり深く教えようとはしていません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。