百十四銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 百十四銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 56件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 香川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.8 31.0 53.0
平均給与(万円/年) 408.0 353.8 54.5
有給休暇消化率 63.9 38.9 57.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある香川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

百十四銀行に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、百十四銀行と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。百十四銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間が非常に長いのが気になります。

voice

残業を含めた勤務時間は厳しく、ワークライフバランスを重視した勤務が可能です。

voice

管理職になると残業が多くなったり、管理職になると残業が増えたりして、ワークライフバランスがあまり良くないと思っていました。

voice

労働時間は厳守され、残業代はほとんど支給されます。

voice

当時は、平日は22時前後、土日はローンセンターで平均的な残業をしていました。

voice

残業は普通の仕事の中では比較的少ないです。

voice

残業が多い支店に配属された場合、毎日2時間程度の残業が発生します。

voice

厳しく管理され、残業時間は減ったが、仕事は減っていない。

voice

非管理職の残業代は、残業が減る傾向にあり、大幅に削減されています。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

支店にもよりますが、最近は土日の休日の傾向が強くなってきています。

voice

有給休暇などの休暇が取りやすく、ワークライフバランスも良好です。

voice

本社業務のため、比較的休みが取りやすい。

voice

休みだからといって減給や有給休暇扱いになることもないので、安心して働けます。

voice

有給休暇も比較的取りやすく、支店によって異なりますが、人間関係は良好だと思います。

voice

有給休暇の取得については、連休を取得することができますが、中には海外旅行に利用する人もいます。

voice

1年間に必ず取得しなければならない休暇、1年間にスポットで取得できる4日間の休暇、1年に1度の5日間の連続休暇があります。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。百十四銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

働き者だからといって給料が上がるわけではありません。

voice

業績が著しく悪い場合を除き、ボーナスは支給されます。

voice

派遣社員でも昇給があるので、勤続年数が長い人はきちんとした時給で働くことができます。

voice

地方の方が役職に就くと給料が高くなるので、地元香川県でも高い生活水準を維持できると思います。

voice

一般事務職ではボーナスは少ないが、営業職では多い。

voice

ボーナスも地域の企業と比較して高く設定されています。

voice

入社1年目、2年目はボーナスがほとんどなく、3年目以降は支店や個人の業績に応じて変動します。

voice

支店全体の業績が悪ければ、ボーナスも低くなりますし、ノルマのない本部の同級生よりも低くなる可能性があります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。百十四銀行はどうでしょうか。

voice

地域の仕事をしている女性が多く、毎日定時で帰宅していました。

voice

忙しいところだと毎日忙しくて時間通りに出勤できないのに、忙しくないところだと時間通りに出勤できないし、ノルマも少ないし、不公平だと思う。

voice

営業やノルマが厳しく、解決策が提示されないため、精神的にも肉体的にもストレスがたまる。

voice

男性はお酒を飲むことが多く、週末にゴルフをしなければならないこともあるので、自分の時間を大切にしたい人には厳しい環境かもしれません。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、百十四銀行ではどのような現状でしょうか

voice

30代、40代になると、それなりの給料をもらっていたようですが、中間管理職になると、上から詰められて下から文句を言われ、鬱になる人が続出しました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

当然、社内の不祥事を表に出したくないので、ハラスメント行為は支店内で揉み消され、上層部には上がらないことが多いと推測されています。

voice

マタハラ、セクハラ、パワハラなどのハラスメントにも対応し、被害者を守り、声に耳を傾けてくれる会社だと思います。

voice

ハラスメントに対しては、特に厳しく断固とした対応をとるという。

voice

ハラスメントについては、担当部署によっては注意を払い、改善しているところもありますが、ハラスメントをした側(上司)の方が重要視され、後になって被害者が不快感を感じて退職するケースもあります。

voice

上司からの嫌がらせがひどく、業界の見通しが悪くノルマも厳しい。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

いい歳した俳優が出てきて、大声で下品なことを言いたがるのはどうかと思う。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

上司には、威圧感のある体育会系の人と性格の良い人の2種類がいます。

voice

新しい意見が出てくる傾向はほとんどなく、根性論が横行している。

voice

ノルマを達成できないと、当然のように毎日怒鳴られたり、誹謗中傷されたりする。

voice

日々の営業会議では、具体的な解決策がないままに終わってしまうことがほとんどのような気がします。

voice

ノルマはありますが、あまり厳しくなく、お客様にわざわざ取りに行けとは言わない社風です。

voice

いわゆるノルマもあり、お客様にとって必要のないものを契約せざるを得ない状況も多々あります。

voice

当然、ベテラン銀行員と同じようなノルマを課せられるが、集金先でネタを探すと、代々の担当者で疲弊していることが多く、単純に日々の営業の負担になってしまうこともある。

voice

まだまだノルマが多く、現場と本部の意識レベルにギャップがある。

voice

一般職の女性は仕事も営業も優遇されているので、外回りとのノルマのバランスが崩れている。

voice

自分の部署で行っていたデータ分析の結果を本部会議に持ち込んだところ、無視され、データに基づかない直感などから、融資残高の増加と投資信託の販売促進を強引に全体目標にしてしまい、経営陣の魅力を全く失ってしまった...。

voice

ノルマノルマなので、お客様優先にはなりにくいですね。

voice

第二の銀行である香川銀行ですが、こちらはカードローンの枠が厳しく、行員が自ら契約する「自爆」と呼ばれる行為をして、廊下の枠を満たそうとしている人もいるほどです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職してアルバイトとして再就職するパターンもあります。

voice

コンプライアンス違反で退職しました。

voice

休職して復帰する人もいますが、子供が大きくなってから仕事を辞めてパートで復帰する人の方が多いように思います。

voice

若手社員の離職や、定年まで副業として本社に残る高年齢社員の増加により、中堅社員の仕事量は増加しており、見過ごせない仕事のアンバランスが生じている。

voice

お客様から老後のことなどの相談を受けた際に、「信頼されている」と感じていただけたことがとても嬉しかったです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。