日本インサイトテクノロジーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本インサイトテクノロジー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 12件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 19.6 29.7 54.0
平均給与(万円/年) 448.3 440.2 50.4
有給休暇消化率 69.2 50.1 55.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職してかなり経つので、今は変わっているかもしれません)。

voice

辞めた一番の理由は、仕事ができるようになった時に、新人を何人か現場に連れて行かなければならない状況になってしまい、自分のスキルアップができないと感じたからです。

voice

同じ人が何度も産休に入っているが、トラブルになったり、退職に追い込まれたりしたことはない。

voice

大手企業を定年退職して入社する人も多く、その人脈から大手SI企業のプロジェクトに参加することができます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本インサイトテクノロジーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が多いところは、残業代が出るので問題ない。

voice

残業時間が非常に多い場合は、常駐先の営業担当者に文句を言われた(というかお願いされた)ので、何ヶ月も連続して勤務時間が180時間を超えることはなかったので、プライベートの時間はまともに持てました。

voice

一方、多忙な現場では36協定違反が続き、本社や余裕のある現場では定刻に退社しても、参加者の中には死亡者も出てくるのではないかと囁かれていた。

voice

客先に出ている従業員の過重労働からの保護は36協定のみ。

voice

法律はどちらかというと気を使っていて、常駐会社が会場に残業を要求してきた場合は、社内規定の残業時間を超えた場合には、時間内に仕事をさせないように常駐会社と調整してくれます。

voice

場合によっては、ほぼ毎日のように残業することもあります。

voice

極端な残業も考慮してくれますが、積極的にアピールする必要があります。

voice

私が派遣されていた会社は3社あり、1社はその会社の正社員と同じくらいの残業を要求されましたが、それ以外は基本的には派遣社員は定時出勤か残業30時間以内が条件となっていました。

voice

基本的にはお客さんのところで働いていたので、混んでいるときは休日出勤になることもありましたが、代わりに休めるように会社が調整してくれました。

voice

OJTをたくさんやってくれるので良いと思いますが、仕事の面では残業が多くて大変だと感じました。

voice

そこまで残業しなくても、無理して働くほどのストレスや職場環境とのミスマッチはなかったと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得は難しくなく、取得率も低くない。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本インサイトテクノロジーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与ベースが20万円、月20時間の予想残業代が約4万円、最大ボーナスが1.5ヶ月分と、卒業後3~4年目でも年収400万円には届かない。

voice

入社時に提示された給料が希望よりも低くて不満だったし、将来的に上がるのか不安だったが、ボーナスや昇給はきちんと支給されていたので良かった。

voice

研修期間中は少額のお給料がもらえます。

voice

住宅支援はなく、資格は自己資金で取得しているため、給料が安く、新入社員の生活は厳しい。

voice

私は少し前に辞めたので今とは違うかもしれませんが、当時は勤勉さで1万円もらえたので、他人の遅刻を許さない文化が生まれ、暗雲のように感じていました。

voice

精勤手当、交通費、管理職の場合は管理職手当。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本インサイトテクノロジーはどうでしょうか。

voice

ハードな現場であれば、休日出勤して深夜まで拘束するのが普通で、ゆるい現場であれば定時で帰宅させられる。

voice

承諾書には、入社前の研修が終了していなければ内定を取り消すなど、非常にブラックな内容も含まれていました。

voice

プロジェクトによっては、ほぼ定時で帰宅できる場合もあります。

voice

残業については、毎日定時に退社しても、自分の仕事を無事にこなせれば問題ありません。

voice

一度、忙しいプロジェクトに突き動かされると、2年くらいずっと忙しくて体力的にも精神的にも疲れてしまいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。