アウトソーシングテクノロジーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アウトソーシングテクノロジー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 321件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 17.6 29.7 54.8
平均給与(万円/年) 347.6 440.2 45.0
有給休暇消化率 69.3 50.1 55.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

アウトソーシングテクノロジーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アウトソーシングテクノロジーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

派遣先の部署にもよりますが、有給休暇は取りやすいと思います。

voice

年に2回、土曜出勤があり、有給休暇を取るか、ほぼ1日潰してグループワークをさせられるかの選択ができます。

voice

派遣社員だったので、正社員とは違いましたが、事前に休日を申告すれば有給休暇が使いやすいので良かったです。

voice

年休取得率は高かったが、残業が多かった。

voice

クライアントが休日に休んだ場合、有給休暇や欠勤扱いにはなりませんので、有給休暇がなくなることはありませんし、給料も減りません。

voice

現場にもよると思いますが、有給休暇などは現場の人の許可を得ていれば、勤怠管理システムに入力するだけなので、休暇などにも行きやすかったです。

voice

今の職場が短いので、有給休暇は見ていませんでしたが、入社して感じたことは、本社で働いている人は有給休暇を覚えやすいのですが、取引先の状況によっては、有給休暇を頻繁に取得するのは難しいのではないかと思いました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アウトソーシングテクノロジーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

上司に相談したこともありましたが、残業を45時間以上させると上司に怒られて評判が悪くなるので、45時間以上の残業はしないようにと催促されました。

voice

残業時間を厳しく制限しているので、過重労働はなく、仕事とプライベートを完全に切り離すことができます。

voice

残業はそれほど多くはありませんが、場所や料金にもよると思います。

voice

営業部や派遣先の会社にもよりますが、私の場合は残業が少ない会社に派遣されていたので、プライベートはかなり充実していました。

voice

(残業はおろか、勤務時間内であっても時間に余裕がありすぎて、有給休暇は労働者の権利だと法律で定められているので、時間帯変更権は使えませんでした)。

voice

時間通りに終わらせなければならないところもあれば、夜遅くまで仕事をしているところもあります。

voice

退職前の1年間の残業時間は平均15時間程度でした。

voice

プロジェクトが忙しくても残業は多いですが、土日はしっかり休めます。

voice

できるだけ残業しないようにサポートしてくれるので問題ないと思います。

voice

残業している人が多いので、仕事量のバランスは取れているはずなのですが、管理職はそこまで積極的に管理できていないようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アウトソーシングテクノロジーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

共働きの場合はある程度の収入があるので満足できますが、子育てとなると現場の給料で生活するのは難しいですよね。

voice

とにかく営業力が弱いから単価が上がらない→給料は変わらない。

voice

他の会社で働いている友人と話をしたところ、自己評価がボーナスなどの福利厚生にかなり直結していると聞いて驚いていました。

voice

下手な営業マンが来たら、一生同じ給料を貰う。

voice

仕事自体は自由にできるので、体力があれば給料はどんどん上がっていきます。

voice

給与やボーナスは少ないですが、環境は良いので、辞めずに甘えている社員が多いと思います。

voice

27歳の正社員で基本給が20.3万円なので、市内での一人暮らしは不可能。

voice

仕事はそれなりにやりがいがありましたが(派遣先にもよりますが)、給料が上がらなかったので辞めようかと思いました。

voice

給料が最低水準であっても、管理職と同等の知識を求められる。

voice

みなし残業代とか35時間分くらいの給料が含まれていますが、それを差し引いても新卒で11~13万くらいしかないので、ほぼ水増しのような状況です。

voice

転勤や出張が多いところもあるので、もう少し給料を上げてほしかったです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アウトソーシングテクノロジーはどうでしょうか。

voice

ブラックには時間ブラックと賃金ブラックの2種類があると思いますが、賃金会社です。

voice

叩き上げ」を期待されるかもしれませんが、短期のプロジェクトばかりやっているとスキルが身につかず、その場しのぎの使い捨てになってしまうかもしれません。

voice

若い頃は「組織の歯車になるな」とよく言われましたが、特定派遣となると、エンジニアは単なる組織の歯車ではなく、消耗品であり使い捨てです。

voice

派遣先の会社にもよりますが、一般的なシフト勤務で定時退社がほとんどでした。

voice

新人の時は定時で帰れることが多いです(勤務地にもよりますが)。

voice

代理店での研修は代理店によって異なります。代理店が研修に力を入れていないと、最初は大変です。

voice

お金が欲しい人にはいいかもしれませんが、定時で休みをきちんと取りたい人や趣味のために生活したい人には向かないかもしれません。

voice

仕事が終われば定時でサクサク帰れるサイトでした。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、アウトソーシングテクノロジーではどのような現状でしょうか

voice

辞めたいと言えば評価が下がり、休職扱いにはならない。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

部署は派閥争いがひどく、部長が他の部長や社員の悪口を平気で言うので、部長として尊敬できません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

年2回の会と相性の良い方は、パワハラなどの対処法や、上記のような気遣いを学ぶのに良い場所かもしれません。

voice

みんなで高い目標を共有して事業を推進していますが、パワハラやセクハラはなく、働きやすい職場です。

voice

全員が派遣だとは言いませんが、中にはやりがいのある仕事だとしても、現場での人間関係の悪さやパワハラを何度も経験している人もいるので、営業はただ派遣するだけではなく、定期的に社員と連絡を取り合い、メンタルケアや対策を話し合うべきだと思います...。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

時々お会いする営業の方をはじめ、高圧的な方はほとんどおらず、いつも親身になって挨拶をしていただき感謝しています。

voice

何となく仲良くなれる人もいましたが、上司のレベルになるとかなり高圧的でした。

voice

契約条件と異なる案件の推薦や、配属先での相手の理不尽な対応など、理不尽な対応をされることが多い。

voice

派遣期間中は車通勤を余儀なくされましたが、派遣期間中は手当が中途半端だったので自腹でした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

やる気や忍耐力のある体育会系の雰囲気が全くないので、精神的にはかなり楽です。

voice

どこに派遣されるか、派遣される環境は運次第なので、どんな環境でも生き残れるというメンタリティが必要だと思います。

voice

現場で働いている人にとっては、目標は必須ですが、営業は努力しなければならない目標です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

1ヶ月半前、退職する旨を伝えたところ、経営者から何度か個室に呼ばれた。

voice

このままでは、自分の思い描いていたキャリアプランとは全く違う道を歩むことになると思い、退職を決意しました。

voice

理由があって退職しましたが、退職手続きの相談の電話ではなく、最後の対面での打ち合わせで、迅速な対応でお勧めできます。

voice

最初に配属された職場は、自分のやりたいこととは少し違っていたので、違和感をコントロールするのに時間がかかり、退職を考えたこともありました。

voice

退職を決意したのは、自分の身につけたいスキルが備わっていたからであり、資格試験を受けて結果を出したからです。

voice

退職してからもっとやればよかったと少し後悔していますし、決断が早すぎたと思うこともありますが、今はそれを巻き戻そうとしています。

voice

些細なことの積み重ねが、私の退職を決意させたのです。

voice

入社前から「スキルを身につけたらフリーランスになる」という目標を掲げていたので、それに基づいて会社を選んだので、様々なキャリアを積み上げてきて「そろそろ辞めようかな」という気持ちになって辞めることにしました。

voice

自分が積み上げてきたスキルやキャリアがあると感じていたので、退職を考えて転職活動を始めたところ、自分のやりたいことを長く続けられる会社を見つけたので、退職を決意しました。

voice

長く雇われている人もいれば、短期間で辞めてしまう人もいる。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

終わるまでずっと同じことで、楽しもうとすると事故や怪我のリスクがあるので、それだけのリスクを背負って発見して楽しむことになります。

voice

限られた時間の中で全てを説明する能力がないこと、限られた時間の中でお客様に興味を持ってもらう能力がないことをアドバイスされたことが一番の決め手だったと感じていますので、重要な情報は全てメールで送り、実際に会って話をしても平行して進めることができませんでした。諦めていました。

voice

お客様先でのスキルやキャリアを十分に伸ばせないまま、単純作業をしているだけで時間が過ぎていき、この会社に長くいることはとても危険だと感じていました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。