凸版印刷のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 凸版印刷 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 312件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 38.8 29.7 46.4
平均給与(万円/年) 499.2 440.2 53.2
有給休暇消化率 45.3 50.1 48.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

凸版印刷に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、凸版印刷と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。凸版印刷の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業規制の時間管理が厳しいため、その傾向があります。

voice

課によっては、100時間以上の残業があっても60時間しか申請できない課もあるので、運次第。

voice

営業から製造まで人手不足で残業時間が非常に長い。

voice

残業は社風のようなもので、年を重ねるごとに疲れがたまり、私生活を楽しむことが難しくなってきました。

voice

職場環境→みなし残業導入により、給与に魅力を感じなくなった。

voice

裁量労働の場合は、深夜残業や休日出勤分のみの支給となります。

voice

入社前の不安。残業が多く、生活が不規則になるのでは?

voice

勤務時間は比較的長いですが、全員が常に集中しているわけではなく、時にはおしゃべりしながら和気あいあいと残業していることもありました。

voice

前の部署では75時間以上の残業は申請できませんでしたが、実際には100時間ほど働いていました。

voice

当時は残業時間が長く、労基署の検査票が目に留まりましたが、今ではかなり改善され、働きやすい職場になっているようです。

voice

仕事量や人員を維持したまま残業時間を減らすことは、サービスの低下につながり、危険なことだと感じました。

voice

労働環境:非常に悪い、残業150時間/月が当たり前。

voice

ワークライフバランスに力を入れており、残業時間の削減を呼びかけている。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

部署や上司にもよりますが、スケジュールの関係で比較的休みが取りやすいです。

voice

最近では、全部署に有給休暇の取得を促すよう総務から通達が出ており、部下を休ませることができる管理職の方が評価が高い傾向にあります。

voice

有給休暇の取得日数は平均的な企業よりも多い。

voice

有給休暇は消化しなければなりませんが、ほとんどの人が事務処理をしないで出勤しています。

voice

休暇も取りやすく、必要以上に残業しなければならないという雰囲気はありません。

voice

有給休暇などは事前に言っておけば自由に取得できると思います。

voice

体調不良を理解してくれているので、当日になっても節度を持っていれば問題ありません。

voice

毎日の仕事さえこなせれば、有給休暇はいつでも取れると思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。凸版印刷の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

基本給は高くないので、残業しても同じくらいだと思います。

voice

営業職の場合は、基本給に残業代と営業手当を加えた金額が給与の基準となります。

voice

残業代、市の手当などが乗り、給料は決して安くはないと感じました。

voice

給与や退職金には一定の水準があり、定年から再就職まで働けば、安定した老後を送ることができる可能性があります。

voice

効率よく働いて早退する人ほど、給料が低いシステムになっています。

voice

この格差はボーナスの計算にも反映されており、地方の労働者の年収は相対的に低い傾向にある。

voice

昔の話ですが、給料がとんでもなく安かったです。

voice

チャレンジしたいという方ではなく、安定した収入を得るためだけに働きたいという方には、とても良い環境だと思います。

voice

基本的に印刷業界は残業で稼ぐ文化なので、基本給の部分は薄く、残業してもしっかり働くことで給与体系が成り立っています。

voice

最初の数年間は残業が多く、見かけ上の給与も高かったが、近年は残業や裁量労働を減らすインセンティブのため、年俸が事実上減額されている。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。凸版印刷はどうでしょうか。

voice

社会的に認められている大手企業なので、残業や出勤日数には手を抜いていないようで、過重労働とは無縁のようです。

voice

課長級以上の管理職の評判は良くなく、何の責任もない課長や部長になると、毎日残業が続き、肉体的にも精神的にも疲れることがあります。

voice

部署にもよると思いますが、景気が悪いと人材が使い捨てになるので、穴を埋めるようなことがあっても安心できません。

voice

安全定規を使用するなど、労災への配慮が行き届いているのが印象的でした。

voice

近年では、1週間の辞める日を守る雰囲気が出てきており、良い方向に向かっていると思います。

voice

その結果、これらのプログラムの恩恵を受けるのは、スキルアップが必要な営業や企画担当者よりも、時間通りに仕事を終わらせる総務や経理担当者であることが多い。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

仕事ができる人が辞めていくのを見て退職を決意しました。

voice

自分の人生を見つめ直して、本当にやりたいことを見つけたいと思い、会社を辞めました。

voice

一定の年齢以上の者は、この時点で退職した場合の退職金(早期退職優遇額を含む)を毎年通知していた。

voice

30歳まで働いていたのですが、その頃から心身の健康を害してしまい、退職することにしました。

voice

長く続けても給料が上がらないと聞いていたのと、正社員への転換制度がないと聞いていたので辞めました。

voice

会社で働き続けたいと思っていましたが、業務の見直しをして退職しました。

voice

出産を理由に退職した社員の再雇用制度を設けています。

voice

やりがいはありましたが、派遣から正社員への道のりは難しそうだったので辞めました。

voice

真面目で保守的な社風で、体育会系の性格が自分には合わず、一般社員から管理職まで残業が多く、体力的にも退職には向かないということで退職を決意しました。

voice

定時+土日祝日が当たり前の職場では「退職」という言葉がちらつく。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

当時はコンプライアンスという言葉が社会に浸透していませんでしたが、従業員は紳士的な方が多かったですね。また、工場内でも暴言や暴力は聞いたことがありませんでした。

voice

お客様との互助購入で、全く強制ではない社販によく来ますが、化粧品など、実需のある人にはかなりお得なものもあります。

voice

若い世代には優秀な人が多いのですが、私の周りでは、無能な管理職が多いので、部下が理不尽なことになっているという話をよく耳にします。

voice

比較的よく対応してくれて、何かあった時にも理不尽なことはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

おじさんと青年が笑って話している間にもヒエラルキーがある。

voice

数のノルマがないので、比較的ゆったりとしています。

voice

本部長以上の人は、能力が光るか、社内政治に長けている人が多い。

voice

その部門の売上が悪ければ、一人の人間がノルマを達成してもあまり評価されない。

voice

メンタルを壊さないようにするなどの工夫が必要です。

voice

入社前にネットで「体育会系で飲み会を断れない」という噂を見たことがありますが、全くそんなことはありません。

voice

当たり前のことですが、成功した人が出世するのは当たり前ですが、体力と忍耐力で成功した人が多く、そのような人が管理職になれるかどうかは疑問です。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。