シー・エス・イーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに シー・エス・イー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 32件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.7 29.7 51.6
平均給与(万円/年) 364.1 440.2 45.9
有給休暇消化率 60.5 50.1 53.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。シー・エス・イーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

年間100時間のサービス残業が発生する可能性があります。

voice

法定時間である標準時間は残業時間としてカウントされないため、月に土日祝日が多ければ多いほど、空いた残業時間が増えることになります。

voice

月によっては、残業時間から10~20時間分を差し引いた残業代が支給されます。

voice

ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休を含む月は、標準時間と法定労働時間の差が大きいため、20時間の残業をしてもサービス残業となり、残業代が支給されない場合があります。

voice

求人票には年俸制と書いてあるけど、残業で稼がないといけないと思うけど、本社勤務だと残業はキツイと思う。

voice

曜日に残業したからといって、残業代が出ないということはありません。

voice

残業代は標準時間と法定時間の差では計算されないので、月によっては25時間分の残業代が支払われないこともあります。

voice

残業代は無制限に支給されますが、法定時間と標準時間の差額については残業代は支給されません。

voice

残業代は月の裁判時間を超えて働いた時間分のみ支給されます。

voice

担当するプロジェクトによっては、残業が多かったり、夜遅くまで仕事をしなければならないこともあるので、意味があるのかどうかわかりません。

voice

残業時間は毎月集計・報告されるので、意識的に残業を抑える努力が必要です。

voice

営業職の残業は開発職ほど多くなく、近年はワークライフバランスを重視する傾向にあり、残業代はあまり期待できません。

voice

現場にもよりますが、月に2回以上の有給休暇を取得できるケースもあり、残業もほとんどなく、ワークライフバランスも良好です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

例えば、月に1回の有給休暇取得を奨励している会社もあります。

voice

上司は、子供の行事のために有給休暇を取ることを認めてくれています。

voice

GWなど、会社が推奨する有給休暇日数があるので、長期休暇が取りやすくなっています。

voice

夏季休暇はわずか数日ですが、有給休暇のインセンティブデーと合わせれば、ほとんどの従業員が1週間の休暇を取得できます。

voice

私がいた部署は有給休暇が取りやすかった。

voice

月1回の年休取得と週1回の定時退社を推進しています。

voice

部門によって違うと思いますが、全体的には有給休暇取得率は高い方のようです。

voice

有給休暇については、前もって伝えておけば、忙しくても休むことができます。

voice

数年前から雇用調整助成金の申請をしているが、昇給の希望はほとんどない。

voice

有給休暇も使いやすく、勤務時間も融通が利くので、急な出勤やリフレッシュにも通院しやすい環境でした。

voice

土曜出勤はあるが、外勤の人は出勤できないので、有給休暇を取らざるを得ない。

voice

組織目標の一つとして有給休暇の取得を奨励しているようで、定時退社の推進が少しずつではありますが浸透してきている印象を受けます。

voice

中期計画は、理想論(残業時間を減らす、有給休暇を使うなど)ばかりで、現場のためには何もしていない。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。シー・エス・イーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給与・ボーナスで嬉しいのは、今のところ滞納がないことです(笑)。

voice

正社員の場合、給与の80%をボーナスとして3回(3月・8月・12月)支給。

voice

基本給が低くてベースが上がらないので、エンジニアとして現場の仕事にこだわっても、40代後半の手取り年収200万強でワーキングプアの予備軍になってしまう。

voice

ボーナスや退職金がもらえるのはありがたいレベル。

voice

初任給は悪くないが、昇給率が低い。

voice

給料が低く、昇給が難しいので、時間はあってもお金がないということもあります。

voice

技術がついてくると給料が安いから辞めていく人が多いです。

voice

残業代は全て支給されるので、忙しくて残業が多ければ多いほど、それなりの金額が支給されるのは良いことかもしれませんね。

voice

若手社員がどんどん辞めていっていますが、その理由はたいてい給料の低さだと思います。

voice

給料を上げるには残業するしかないという考えが強く、基本給を上げるのは難しい。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。シー・エス・イーはどうでしょうか。

voice

基本時間と法定時間の間の約20時間は残業代が出ません。

voice

評価制度もブラックボックスで、自分がどのように評価されているのかわからない。

voice

部署やプロジェクトにもよりますが、過酷な労働環境に置かれた友人がいました。

voice

水曜日は定時退社日で、組織によって温度差はありますが、観察眼が養われているので、トラブルがなければほとんど帰宅できました。

voice

残業をすればいいという考えが染みついていて、定時で帰ることがほとんどできない。

voice

週2日(水・金)は定時退社が奨励されていますが、基本的にはビジネス優先です。

voice

どんなに厳しい現場でも評価されることはありません。

voice

保育園のお迎えの時間になると、定時前になっても帰る男性もいます。

voice

圧倒されていた友人たちも、プライベートではよくやってくれました。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、シー・エス・イーではどのような現状でしょうか

voice

私もそうでしたが、仕事の忙しさの割に給料が低いので、うつ病に近い状態になり、休職や退職を考えるようになりました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

部署によっては、人の悪口や自慢話ばかりしているところもあります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

私が不運だったのはわかっているのですが、上司の度重なるパワハラ(いきなり顔で怒られたと言ってくる、電話したら椅子を蹴られる)、.。

voice

最初はセクハラともとれる言動だったが、だんだんと手に負えなくなってきて、パワハラに発展していった。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

有給休暇を不当に拒否されることはないと思います。

voice

印象としては、管理職を含めて高圧的なタイプはいない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

年功序列の会社で、良くも悪くも給料はあまり上がらない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

将来のことを考えたとき、このままでは会社で働き続けることは難しいと判断し、退職することにしました。

voice

入社してから日が経つにつれ、仲間がだんだんと退職していき、会社のダメなところを痛感し、退職を考えました。

voice

3歳以降は、正社員に戻るか、有期雇用の正社員(ボーナス・退職金なし)に切り替えるかの選択を迫られます。

voice

帰属意識、仕事内容、自分の給与評価制度など、すべてに不満を感じて退職しました。

voice

上司や後輩にも話しやすい雰囲気で、アットホームな雰囲気なので、この環境を離れるのは残念ですが、自分の将来のためにも辞めたいと思っています。

voice

男性社員の離職率が高い傾向にあると思います。

voice

社員構成が空洞化しており、優秀な若手社員の早期離職や、中堅社員が成長できる環境がない。

voice

私が退職を決意したのは、経営陣が明確な事業計画やビジョンを持っておらず、他社の真似事や流行のキーワードに振り回されることが多く、社員としての誇りや将来のビジョンを持つことができなかったからです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。