多摩信用金庫のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 多摩信用金庫 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 41件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.6 29.7 52.0
平均給与(万円/年) 398.5 440.2 47.8
有給休暇消化率 36.4 50.1 46.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

多摩信用金庫に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、多摩信用金庫と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

男性社員の有給休暇取得を検討すべきではありません。

voice

基本的には支店単位ですが、有給休暇を取りやすい社風を作ろうとしているように感じます。

voice

有給休暇を除いて、比較的女性が働きやすいように仕事内容を調整しているように感じます。

voice

上司が率先して有給休暇を取得するのが良いでしょう。

voice

男性は有給休暇の取得が難しく、休日には地元のお祭りに行かなければならなかったようです。

voice

残業もほとんどなく、夏休みの取得時期も柔軟に対応してくれるので、働きやすい環境だと思います。

voice

店舗によって忙しさは様々で、有給休暇が取りにくい店舗もあります。

voice

営業職なので、まず有給休暇を取得するのは難しいですね。

voice

ワーク・ライフ・バランスの改善に努めており、有給休暇の取得環境や残業の削減が進み始めています。

voice

私の場合、最悪の支店に当たってしまったので、有給休暇はほとんどありませんでした。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

女性同士のいじめなんてどこの国にもあると思った方がいい。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。多摩信用金庫の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

以前はサービス残業や20時以降の残業がありましたが、現在は営業店の上層部と本社の両方で残業時間を管理しており、営業店は20時前に退社するのが当たり前になっています。

voice

男性は残業が多く、毎日19時や20時まで残業していました。

voice

ノー残業デーを推進していましたが、仕事量に対して慢性的な人手不足・時間不足があり、さらなる残業・休日出勤が発生していました。

voice

事務職や営業職がいくら残業しても、基本的には20時まで。

voice

残業や残業をしている人が評価される傾向が強い。

voice

育児休暇、残業ほぼ毎日なし、定時退社など福利厚生が充実しています。

voice

検証席などの役職に就いている場合は、残業として会議に出なければならないこともありますので、その点は覚えておきましょう。

voice

残業時間は減ったとはいえ、アナログな仕事が多く、紙の書類は全く減っていない。

voice

営業職として1年後には、月給21万円程度、チーフとして残業代を含めて月給27万円程度になっていました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。多摩信用金庫の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

奇妙なことに、稼いで成績を上げても、寝ていても月給は変わらないし、ボーナスも同じクラス。

voice

ボーナスについては、個人だけでなく支店の営業成績も反映されるため、支店間格差がある。

voice

ボーナスが事務職と変わらず、公平性に欠ける理由の一つでもありました。

voice

言えば、それなりの仕事をしても、それなりの給料やボーナスがもらえるので、のんびりしたい人にはおすすめです。

voice

早朝に行く時間が給料に反映されないので、毎日サービス残業になってしまいます。

voice

一般職なので、他の企業の総合職と比べても、やはり給料は少なめです。

voice

試験や通信教育など、普通にやっていれば自然と給料は上がっていきます。

voice

支部旅行に行くための積立金は、給料から天引きされます。

voice

支店で働いていたが、ボーナスは2年目に入社した時とは15万円ほど違っていた。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。多摩信用金庫はどうでしょうか。

voice

競争心を高めるつもりなのでしょうが、周りの社員の士気が下がっているのを感じました。

voice

日中は忙しくなることもありますが、ほとんどの場合は時間通りに作業が行われます。

voice

サラリーマンだったので、月の初めと終わり、年金が支給される月以外は定時退社できました。

voice

女性はほぼ定時退社が可能なので(事務職、総合職とも)、家庭を持っている方には働きやすい会社だと思います。

voice

女性に優しい組織なので、若い頃から家庭を持っていれば、ワークライフバランスが取れ、特に事務職の場合は、ほぼ毎日終業時間に仕事を切り上げて、サクッと休憩を取ることができます。

voice

強いて言えば、私の定時は8時45分からだったのですが、9時に開店するための朝礼があるので、最低でも30分前には準備をしなければなりませんでした。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

どこの会社にもいると思いますが、支店によってはとんでもないパワハラや精神的におかしくなっている上司がいて、それが原因で辞めたり病気になったりする人もいます。

voice

強引な営業でも様々な形でのパワハラにより、精神的に参ってしまったり、うつ病になったり、休職や退職を余儀なくされたりしている社員が多くいます。

voice

今は改善されているといいのですが、当時はパワハラや若者が萎縮するような環境もありました。

voice

ハラスメントを意識している人は周りにも多いと思います。

voice

支店長や営業部長などは、かなり厳しい嫌がらせを受けることが多く、業績が上がらないとピンハネされてしまうこともあります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

上が一方的に決めたことを下の営業マンに押し付けて、成績の悪い店は吊るし上げてしまうことが多い。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

かなり体育会系の雰囲気で、先輩や上司には平然と従わなければなりません。

voice

根性がある人なら続けていたと思いますが、入って半年で辞めてしまう人が多いです。

voice

女性のノルマは、一般的な営業職よりも緩いと思います。

voice

毎日何時間も仕事をしていたので、上司からのプレッシャーが強く、精神的に参ってしまい、3年も経たないうちに退職しました。

voice

お客様に喜んでもらうふりをしていても、セールスポイントにはノルマや目標がいっぱい。

voice

ノルマもそれなりにありますし、入社2年目になると、普通に落ち込んでしまう仲間が何人かいます。

voice

人と接することが好きで、そのための根性とストレス耐性があれば、とてもやりがいのある面白い仕事です。

voice

ノルマで客を騙しているような気分になる。

voice

かつては、ノルマが厳しく、早く打ちたい先輩が多く、支店によっては人間関係がぎくしゃくしていました。

voice

営業マンは大量のノルマに疲れ果て、事務員はギスギスした人間関係の中で仕事をしている。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

先輩や友人が退職して、仕事へのモチベーションが下がった。

voice

配属先の支店にもよると思いますが、同じ理由で辞めた仲間もたくさんいました。

voice

結婚したら仕事でも退職するのが一般的でした。

voice

当時は産休制度がなかったため、出産した社員は全員一旦退社してアルバイトに復帰し、試験を受けて正社員にならなければなりませんでした。

voice

みんな見て見ぬふりをしているので、入社して1年以内に辞めたり、急に来なくなったりするかわいそうな子が多い。

voice

同時期に初めて退職したのは、私が入社して最初の月でした。

voice

私は2つの理由で辞めました。1.扱っていた商品が多岐にわたっていて、営業マン一人あたりの仕事量が多すぎたこと、現場スタッフと上層部とのギャップが大きすぎたこと。

voice

総合職の女性は最初は外回りで、結婚する前に辞めてしまう人が多い。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。