日本発條のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本発條 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 14件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 神奈川県平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.1 30.1 46.5
平均給与(万円/年) 595.4 431.9 59.8
有給休暇消化率 87.3 47.6 61.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある神奈川県のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

日本発條に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本発條と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本発條はどうでしょうか。

voice

基本的に本社は白、事業部は黒。

voice

精神疾患で出勤できなくなっても、2年間は終身雇用の扱いになるので、そう考えると、働きやすい会社だと思います。

voice

忙しい時には楽しく、定時で帰れることもあったので、仕事とプライベートのバランスが取れています。

voice

一人ひとりの裁量権が大きいため、仕事量が多く、繁忙期は大変なので、ワークライフバランスが難しい時期でした。

voice

基本的には現場至上主義者で、出勤から定時までの現場との交流が主な仕事です。

voice

お客様第一主義のメーカーでは、ライフワークバランスを保つのが難しく、設計をしながらライフワークバランスを保つのが大変でした。

voice

一方、ある部署では毎日定時退社が当たり前で土日出勤が当たり前の部署もあれば、深夜0時以降の出勤が当たり前で土日出勤が当たり前の部署もあります。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本発條の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

平日は終電の席(乗り遅れてタクシーが来て、会社で寝ていた)や週末にはたくさんの人を見かけました。

voice

過重労働と残業代規定のバランスが取れていないため、退職を検討しています。

voice

現場を早く返すために部長がいて、残業代も満足に払えていない。

voice

地元の工場はひどいもので、12月から残業申請ゼロ時間が当たり前になっています。

voice

定時で帰れる拠点もあれば、深夜まで残業している拠点もあり、不公平感を感じます。

voice

仕事はとてもやりがいがありましたが、忙しくなると残業などで帰宅が遅くなることもありました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

完全週休2日制のため、年次休暇は社員の裁量に委ねられており、組合が定めた最低限の休暇を取得するように上司が指示するほど厳重に管理されていました。

voice

職場にもよると思いますが、有給休暇の取得が進まないと組合から圧力がかかるようで、非管理職には有給休暇の取得を強く勧めているようです。

voice

年次有給休暇の取得はほぼ義務化されており、ほとんどの社員が取得しています。

voice

聞いた話よりも有給休暇が取りやすいし、組合も協力してくれる。

voice

中には長期休暇などとは別に、毎年1週間の年休を取得している人もいました。

voice

有給休暇については、正式には有給休暇となっているが、実際には出勤しているという状況が見られます。

voice

以前、地元の工場が労基署に違反して残業代の遡及申請をしたことがありましたが、環境が整っていなかったため、様々な理由で申請が却下されたようです。

voice

有給休暇の取得義務があり、組合のフォローもしっかりしているが、業務量が多いため、忙しい部署では空っぽの有給休暇で消化されてしまうことが多い。

voice

休暇を取るのは比較的簡単ですが、事前に計画を立てておかないと周りの人に迷惑をかけてしまうのが普通なのではないでしょうか?

voice

部署にもよりますが、上司が率先して有給休暇を取るように部下に指示していたので、有給休暇を取りやすかったようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本発條の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

(残業は多いですが...)ボーナスは大満足です。

voice

基本給は他のメーカーほど高くはありませんが、残業代を加えるとそれなりの金額になります。

voice

給料は高くはないが、生活には困らない。

voice

給与も毎年昇給しており、特に20代から30代の方は年間3,000円程度の昇給率です。

voice

一方、年収の面では、サービス残業が多く、働いた時間と給料の額が一致していなかったようです。

voice

月給は他社と同水準だったと思いますが、ボーナスは自動車業界にしてはかなり良かったと思います。

voice

自動車部品メーカーにしては給料水準が良く、仕事ができるかどうかに関わらず、それなりの給料がもらえます。

voice

管理職になれば、仕事ができるかどうかに関わらず年収1000万円以上になるので、長い目で見れば給料はそこまで悪くない。

voice

転職の際には、年収も前職の基本給がベースになっている場合がありますので、少し高い方が良いでしょう。

voice

ボーナスの金額はその時の会社の業績に左右され、一定の賃金では安定しないので、基本給を上げて、年収に占める割合としてのウェイトを下げた方が、ボーナスをもらっている人にとってはメリットが大きいと思います。

voice

入社以来、ボーナスが6.0ヶ月未満になったことはありません。

voice

仕事量も多く、残業代も出るので、給料は普通の会社より多いと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

時間をかけて部下を育ててくれる上司もいれば、ひどい上司(パワハラ、暴言、セクハラはもちろんですが)もたくさんいますが、私が尊敬する上司も数人います。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

組合は強くて理不尽な理由で人を解雇することはありません。

voice

正直、忙しくて時間がない人が多いと、強制されているような空気はつらいですよね。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

3 以前よりは改善されているが、気合と根性で乗り切ろうとする文化がある。

voice

費用も全額または一部補填されるので、その面では不足しているようには思えませんが、いずれにしても、フレンドリーで体育会系であることが求められる職場環境です。

voice

現在のような状況になっているのは、経営者が「根性ニッパー」という言葉を利用して労務管理を怠っているからです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

今は定年退職して、転職して、また人間らしい生活をしています。

voice

自分の時間が作れなくなったため、退職を決意しました。

voice

個人的には、若い世代の退職が目立っているので、人事制度を見直すべきだと思っています。

voice

退職を考えた理由は、転勤の頻度です。

voice

私の後に入社した中途採用者は、上司のパワハラ発言が原因で数ヶ月で辞めてしまいました)。

voice

出産後に退職する人の話は聞いたことがないので、女性社員には良い環境だと思います。

voice

管理職になるには、ある程度の実績と社内での評価が必要ですが、労働組合がしっかりしていて、クビになりにくいので、出世を求めていない方には、安定した非常に良い待遇かもしれません。

voice

結婚して退職して復職した人は非常に多い印象がありますが、第二子出産後に復職した人はあまりいないような気がします。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。