西日本電信電話のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 西日本電信電話 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 167件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.1 29.7 52.9
平均給与(万円/年) 544.1 402.8 58.7
有給休暇消化率 88.1 43.5 62.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • かなり有給休暇が取りやすい会社のようです。

西日本電信電話に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、西日本電信電話と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。西日本電信電話の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

就業時間は管理されており、残業はほとんどなく帰宅することができます。

voice

自宅から近いので通勤時間も短く、残業もほとんどなく、仕事が終わった後の自分の時間も充実していました。

voice

残業はほとんどないので、やる気があれば自分の時間に勉強する時間は十分にあります。

voice

月60時間以上の残業が続いており、もう少し家族との時間を持ちたいと考え、退職を検討しています。

voice

上下関係が厳しく、出身校によって昇進が異なり、残業時間が長く、休日出勤が当たり前のため、プライベートの計画を立てるのが難しい。

voice

技術部門によっては夜勤や休日出勤などのシフト勤務もあります。

voice

主任検査官・従業員の勤務管理が厳しく、サービス残業ができないため、全負荷が課長にかかっている。

voice

社員が率先して休みを取り、残業はほとんどありませんでした。

voice

週休2日制で、水曜・金曜はノー残業デーとして扱われているので、プライベートの時間も確保しやすいです(部署によって異なります)。

voice

会社にもよりますが、残業はほとんどないので、家族との時間を大切にしたい方にはおすすめの仕事です。

voice

本社組織では残業が多く、書類作成も多いので、平日は2~3日程度の残業があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

大企業なので、休日は100%、有給休暇も取得できます。

voice

年休を取らなければならない(取らないと上司に怒られる)ので、休みが多い。

voice

経営陣からの年休取得のプレッシャーが大きいので、ほぼ100%取得していると考えていいでしょう。

voice

部署によって違うのかもしれませんが、有給休暇はほぼ完備されています。

voice

有給休暇を使って家事をすることができます。

voice

土日を含むシフト制ですが、有給休暇も取りやすく、シングルマザーの方も働きやすい環境です。

voice

事前に管理者に申請することができ、時間外でも許可されているので安心です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。西日本電信電話の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

正社員になるのは難しいので、将来的には66,610,006を手放すのは難しいですが、家族に大きな上司がいなければ、生活に困らない程度の給料はもらえますよ。

voice

給料が下がることはなく、毎年少しずつ昇格していきます。

voice

給与体系は年功序列ですが、きちんと仕事をした人は少数ですがその仕事を任されます。

voice

ボーナス評価の結果に応じて、今後6ヶ月間、月給に応じた業績ボーナスが支給されます。

voice

労組保護されていて残業はないが、グループ会社に雇われている場合は、雇われた時から給料が減る。

voice

には、役職のある社員が多いので、給料に大きな差があります。

voice

研修や研究発表に力を入れており、業績やボーナスに反映されます。

voice

昇給は、人によっては会社のルール外になってしまうこともあります。

voice

給与はかなり薄いので、プライベートを充実させたい方にはお勧めです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。西日本電信電話はどうでしょうか。

voice

全くやる気のない「ただいま出勤中!」社員、定時退社(17時半)の30分前くらいから片付けを始め、残りの時間はおしゃべりしながら過ごし、チャイムが鳴る前にはすでに駅に向かっている社員の3分の1か4分の1くらいの給料になっています。

voice

コールセンターを管理している部署の上司は、派遣社員に「子供を産んで育てているだけなので、大変かどうかは本人が決めることだ」と言っていました。

voice

ライフワークバランスは他社と比較しても非常に良いとされており、特になし。

voice

苦情の電話がかかってくると、対応に時間がかかってしまい、ストレスが溜まってしまいますし、苦情だからといって動揺している人がほとんどです。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

本社には持ち株や政治家の悪口を言う幹部が多いが、この手の話は必ず本人の耳に入るし、幹部の品格があるからこそ是正されるべきである。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

男女共同参画を謳っているので、基本的な差別はなく、セクハラやパワハラにも気を使っているようです。

voice

職場には優しい人が多い印象を受けましたが、管理職の中にはパワハラに近い人もいるので注意が必要です。

voice

大抵の人はいい人でいい人だから大体大丈夫なんだけど、中にはパワハラをする人もいるんだよね。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

2013年9月末までは、地域カンパニー制を導入していたが、10月からは非正規社員の退社を余儀なくされ、営業職は資本金約1億のNTTマーケティングアクトに採用されていた。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

伝統的にノルマや厳しい指導をしている部署は少ないと思います。

voice

ノルマはないと言っているが、しっかりとしたノルマがあり、それを満たさないと嫌味か無視か、その両方か。

voice

営業には強制的なノルマはなく、事業計画を達成できなかった場合のペナルティもありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

私が同じ立場であれば、近年の早期退職の話にもかかわらず、「早期退職」をしていただろう。

voice

制度や会社への不信感、仕事へのやりがいのなさから、退職を決意しました。

voice

正直なところ、私も、退職勧奨のためにすぐにボーナスを支給するという会社のやり方には、あまり好感が持てませんでした。

voice

妊娠を理由に契約を継続できないと言われたため、やむを得ず退職しました。

voice

タイミングにもよりますが、退職時に説明があった方が良いと思いました。

voice

将来的には縮小せざるを得ない部署だったので、将来のことを考えて退社しました。

voice

問題はありませんでしたが、契約満了を機に自然と退職することになりました。

voice

113 センター 早期退職系の元職員が多い。

voice

法人営業にやりがいを感じていましたが、営業以外のことに興味を持ち、退職を決意しました。

voice

私が退職した理由は、電話の向こう側の人との交流よりも、外に出て実際に人と交流しないと自分が苦しくなると思ったからです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。