新明和工業のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 新明和工業 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 37件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 兵庫県平均 偏差値
平均残業時間(月) 43.1 29.1 44.4
平均給与(万円/年) 472.6 397.9 55.2
有給休暇消化率 30.8 42.1 46.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある兵庫県のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。新明和工業の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間については、平均70時間以上となっていますが、実際には20時間しか申請できません。

voice

本社から離れた工場では残業が多く、年間700時間以上働く人も多い。

voice

時期によっては仕事量が多く、残業をしても納期に間に合わないこともあり、体力的にも精神的にも大変なこともあります。

voice

平均的な従業員は、ダラダラと残業して稼いでいるという認識で残業して稼いでいる。

voice

過度な残業で精神的に参っている人もいるので、バランスをとるのは非常に難しいです。

voice

徐々に効率化の努力をしているにもかかわらず、長時間労働を美徳とする雰囲気は消えていない。

voice

残業規定により毎月時間調整があり、非効率的な業務が発生することもあります。

voice

近年は不況の影響で、残業は極力しないようにと強く言われていますので、プライベートの時間が増え、バランスが取れていると思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間24日だが、消化しきれなかった場合は翌年に繰り越され、年間最大48日となる。

voice

年間休日が多く(有給休暇は年に2~3回あった)、特別休暇も取得できる環境のようです。

voice

有給休暇は取得しやすく、社内で調整できればいつでも取得できます。

voice

私の会社では、有給休暇を取得することはそれほど難しいことではないので、急な用事があっても、事前に連絡しておけば特に何も言われませんでした。

voice

半年ごとに有給休暇の同時取得日が設定され、必然的に有給休暇の取得や有給休暇の利用を促す文化があったと思います。

voice

(有給休暇を使い切ると出勤率が100%を切ってしまい、上層部から管理職が攻撃されるからだと言われました)。

voice

フレックスや有給休暇の取得のしやすさは部署次第。

voice

有給休暇を取得しやすい部署と取得しにくい部署があり、計画休暇も同様です。

voice

私の部署では、部長や課長も有給休暇を取得しているので、正社員も比較的取得しやすいです。

voice

年間23日以上の休日出勤が可能で、手当は出るが、代休は好きなところで使えない(夏場に一斉に代休を行使する日があり、残っていないと欠勤扱いになる)。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。新明和工業の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料をもらっても休みを犠牲にしなければならないので、よほどの体力自慢でもない限り、40代になると体が丈夫になり、給料もほぼ上がらず、役職がないと昇給も期待できないので、モチベーションが下がってしまう傾向にあります。

voice

基本給はそれほど高くはないが、手当で補われ、ある程度の収入は確保できるが、休日出勤が多く、休日を犠牲にしなければならないのが現状であるが、給料は安定している。

voice

私と同じ年齢、同じ学歴、中途採用の方が基本給が高いと知った時は、ショックで本当に落胆しました。

voice

数千円の昇給を得るためには、かなりの時間がかかるという報告書や面接などがあります。

voice

大した仕事ではなくても、社員としてきちんとやれば、何年かは年収が少しずつ上がっていきます。

voice

基本給は非常に低く、家族手当は23,000円、3人目以降は1人あたり3,000円程度だったと思います。

voice

日本の会社なので、給与は年功序列です。

voice

新卒で入社した場合、数年後には年収5,000~10,000円の昇給があり、同業他社と比較してもかなり低いです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。新明和工業はどうでしょうか。

voice

精神疾患になると介護は最悪です。

voice

派遣社員の中には、怒鳴られる仕事と怒鳴られる仕事を分けようとする気概のある人もいます。

voice

もちろん、何か用事があれば、特別な義務もなく定時に帰宅できるので、それだけで満足できると思います。

voice

同じ時間に退社して放送が流れる日もあるが、無意味。

voice

当時は派遣社員として働いていましたが、定時から30分以内に退社しました。

voice

会社としては、当時はなかったと思うが、ライフワークバランスについて何かやっているのだろうか。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、新明和工業ではどのような現状でしょうか

voice

会社も組合もワークライフバランスを充実させると言っていますが、実際にはそのカケラもなく、精神的に苦しんでいる人もいます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラ、セクハラ、モラルハラスメントも多い。

voice

仕事は得意で気合が入っているが、部下には自分と同じレベルを期待して無理をさせてしまう(みんなの前で大声で説教してしまう恐ろしい人もいた)パワハラ人間。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

人にまともに教えられない上司は、自分ではできるのに、それを言い訳にして高圧的な態度をとる。

voice

中間管理職(課長・課長)は稼働率の高さと上層部の高圧的な管理に疲弊し、ストレスから相手を脅迫したり、担当者の組織のために残業時間を過少申告したりと、完全にコンプライアンスから外れている人もいます。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

環境でもメンタルヘルスや安全性を第一に考えていると言うのが理解できない。

voice

社風は体育会系ではなく、働きやすい雰囲気です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

定年後のシニア採用はあるが、採用数は少ない。

voice

口コミに書かれているような無意味な動きは、動けない人を強制的に退社させるのがこの会社の常套手段なので、絶対に掲載すべきではありません。

voice

設備や関係者の維持のために、他部署の社員に転勤や退職を強要したと聞いている。

voice

今のところリストラはないが、ここ数年の業績を考えると、近い将来リストラがあっても不思議ではない。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

現状を憂い、将来への危機感を持ったごく少数の社員だけが、様々な提案を試みたが、会社は保守的すぎて変えることができなかった。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

残業を平然と隠しているのだから、いずれ内部告発があるだろう。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。