日本インフォメーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本インフォメーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 9件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 愛知県平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.6 29.7 50.1
平均給与(万円/年) 331.1 398.3 45.2
有給休暇消化率 43.9 45.2 49.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある愛知県のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本インフォメーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

扶養家族手当はありますが、公的な平均を大きく下回っていると考えられます。

voice

給与については、昇給幅は小さいが、かなり高い評価を受けている人は5%程度の昇給となる。

voice

業績は基本給には反映されないので、いくら売上を上げても、プロジェクトを赤字にしても、ポジションさえ上げれば同じくらいの収入になります。

voice

月給に関して言えば、頑張って結果を出している人は何もしていない人と同じなので、全く働かなくても長く続けている人の方がお給料は高くなります。

voice

月給は会社の業績、個人、チームに関係なく固定なので、ノルマで収入が減ることはありません。

voice

ボーナスについては、半年分の売上目標の達成率に応じて(出向なので単価です)、100%の場合は2.5ヶ月分、それ以上の場合もあります。

voice

会社全体で達成したとしても、それは個人やチームの業績によるものなので、会社がうまくいっていても、給料やボーナスが上がることはありません。

voice

給与は資格手当などのエリア手当もあり、充実していたと思います。

voice

昇進は年功序列に基づいており、昇給は向上心の高い人よりも年齢に応じて上昇します。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本インフォメーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業もそれなりにあるので、定時で帰れるのがいいですね。

voice

には、休憩を取らせてもらっているので、残業代なしで定時後30分だけ働いています。

voice

サービス残業を強要したり、残業時間を偽ったりすることが多い。

voice

本社では、総務部が労働時間を厳しく管理しているため、残業はそれほど多くありませんが、他の拠点では、営業・システムともに100時間以上のサービス残業をしている人が多いです。

voice

残業はあまりしなくても、それを超えることはありません。

voice

基本的に残業はしてはいけないという意識が社内にはありますが、お客様の現場で仕事をしていると、そこまで見えないので残業が多くなってしまうことがあります。

voice

繁忙期には、毎晩の終電に加えて、たまに徹夜もあり、休みは月に2日しかありませんでした。

voice

残業は経費を考えると解消される傾向にあるので、よほどの上司でない限り、残業は現実的なところに落ち着くでしょう。

voice

自分のスケジュールに合わせて勤務時間を調整することができないので、必然的に残業が増えてしまうので、その点がありがたいのかどうかはわかりませんが...。

voice

残業よりも休みが必要だったので、落ち着いたら連休が取れて良かったです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年休は誰の権利?年休を取る権利がないことを忘れてしまうようなものでした。

voice

基本的には土日休みなので、忙しい案件を任されなければ、プライベートも充実しているはずです。

voice

年間を通じて5日間のリフレッシュ休暇制度があります。

voice

土日祝日の休みは、仕事をしなければならない場合もありますが、仕事さえよければいつでも休めるのがマルチタレントにはいいですね。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本インフォメーションはどうでしょうか。

voice

出産や育児、介護などで会社や社員が会社に目を向ける必要がないので、メンタル面を気にせずにプライベートを大切にできる環境だと思います。

voice

部署によっては過酷な労働環境にあるようです。

voice

定時退社日があり、毎週水曜日の18:30に退社できます。

voice

基本的には定時に仕事を終えて帰ることが求められ、仕事量も多くなります。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

屁理屈じゃないし、とにかく息苦しくなかった。

voice

スマホウォッチを持っていてもいちゃつく陰湿な人もいました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

正直、会社の役員の中には、かなり高圧的な人がいる印象を受けました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系で厳しい監督でしたが、その経験は退職した今でも生きています。

voice

上司は体育会系で厳しい人が多かったのですが、私を見捨てることなく、仕事に対する姿勢が変わり、自分が成長できるまで付き合ってくれました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

辞める理由は特になく、他のことをしたかったからです。

voice

すぐに辞めさせられる人、ずっと辞めていたのに急に火がついて怒る人。

voice

モデルになってくれる人がいなかったのと、キャリアパスが描けなかったので、辞めました。

voice

うつ病で倒れた新人や、毎月突然退職する社員が必ずいます。

voice

ボーナス前に退職することを伝えてしまうと、評価が最低になってしまい、腑に落ちない金額しかもらえなくなってしまうので注意しましょう。

voice

従業員を簡単に解雇することはできないので、会社の評価が悪かったとしても大きな叱責はありませんし、会社に連れ戻されても大きな叱責はありませんので、再就職先さえ見つかれば、むしろ労働条件の面で柔軟に対応してくれます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。