SCSKのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに SCSK について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 225件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 25.9 29.7 51.5
平均給与(万円/年) 550.6 440.2 55.9
有給休暇消化率 71.6 50.1 56.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

SCSKに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、SCSKと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。SCSKの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

ワークライフバランスの観点から、残業時間に上限を設けており、残業は月50時間を超えると厳しいです。

voice

残業が規定時間を超えると、経営者の評価が下がるため、サービス残業をしている部署もあります。

voice

カットオーバー前の残業については、避けて通れない面もありますが、100時間を超えることも珍しくありませんでした。

voice

一定の残業時間が100時間を超えるプロジェクトもあれば、ほとんど残業がないプロジェクトもあります。

voice

残業時間が平均0時間の部署もあれば、5~60時間の部署もあります。

voice

先輩の残業時間を見て、この先30年以上この生活は無理だと思いました。

voice

部署によっては、月に120時間以上の残業があり、そのうち60時間はサービス残業という現実に直面しました。

voice

私がいた頃は、200時間以上残業していた時期もあったと思います。

voice

研修中の残業は全くなく、基本的に残業しないことが良いこととされている風土があり、定時で帰宅しやすい環境です。

voice

有給休暇日数や残業時間はライン職の評価基準の一つであり、仕事とプライベートのバランスを重視する方には非常に良い会社のようです。

voice

残業が多い日と定時で帰る日をバランスよく設定できるので良いと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

日に年休を取得することを事前にアナウンスすることで、社員が平等に取得しやすく(計画も立てやすく)なるので、どんなに繁忙期になっても他の社員と同じように休まなくてもいいように事前に調整することができます。

voice

有給休暇は全社平均で20日近くあります。

voice

有給休暇が取りやすいので、夏休みと有給休暇を組み合わせて、気分転換に1週間休んだ同僚も多かったです。

voice

ピーク時以外の時間帯は年休を取得しやすく、ゴールデンウィークや夏休みと合わせて10連休を取得することも可能です。

voice

会長を中心に、有給休暇100%取得、残業時間20%削減、禁煙推進などを推進してきました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。SCSKの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

そもそも基本給が低いので、残業するかしないかで年収が大きく変わってくるので、定期昇給をやめることにはあまり気にしていませんでした。

voice

給料の違いは、仕事ができる人とできない人では、同じランクであればボーナスが数万程度違うだけ。

voice

以前は雀の涙程度の定期昇給でしたが、2008年から全社的に定期昇給が停止されています。

voice

福利厚生はありましたが、今後はそれに見合う仕事がなく、昇給もほとんどないようです。

voice

合併後の人事制度では小額の昇給しかなく、元々基本給が低かった旧CSK世代(現在30代)の一部には不公平感がある。

voice

残業代ももらえるし、資格の基本情報も教えてもらえるし、難易度の高い資格でも30万くらいはもらえるから悪くない。

voice

ライバルに勝つために単価を下げるのは大変ですし、それはスタッフの給料にも反映されます(当たり前ですが)。

voice

基本的には住友商事のお荷物なので、親会社に買われた荷物を背負わされ、そのリスクは基本的に社員の給与やボーナスのカットという形で還元されています。

voice

上記の通り、残業代は支給されますので、自分でやる気があれば給料が低くなることはありません。

voice

社内の給与制度も改善され、技術レベルの専門性に応じて数十万円のボーナスが加算されるようになりました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。SCSKはどうでしょうか。

voice

自分の時間を切り売りしているだけのような気がして、精神的に疲れてエネルギーを消耗していました。

voice

残業を減らしてブラック企業から脱却したとメディアで見たことがありますが、私の部署では全くそんなことは感じませんでした。

voice

CSKの社員として頑張るつもりでしたが、すぐに社外に飛ばされてしまい、お客様の現場で一人で悩んでいた数年が経ち、忠誠心や帰属意識が薄れていきました。

voice

勤務時間や精神的に無理をしていないか、上司がよく見てくれていたと思います。

voice

ビジネスモデルを拡大していくしかないので、ブラック企業が続出し、日本の社会には良くない。

voice

労働時間的には、忙しい時は死ぬほど忙しく、なんとか我慢していれば、プロジェクトが終わってしばらくは定時で帰れる日もあります。

voice

勤めている会社にもよりますが、プロジェクト管理体制がしっかりしていない会社に行くと、終電で終電になってしまうことが多いです。

voice

私がいた部署は外資系だったので、定時で帰れるというか、定時で帰れるようにしてもらっていました。

voice

ライフワークバランスの意味を理解していない。

voice

忙しい部署もありますが、多くの部署が定時退社しています。

voice

出産後も定時で上がれるので、不満なく働けています。

voice

トラブルの精神的・肉体的プレッシャーに耐えられず、脱落した社員も多い。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、SCSKではどのような現状でしょうか

voice

私が勤務していた2年半の間に、コールセンター業務の常勤SVが同じ部署で3人も休職や退職(急な出社拒否)されたことがあります。

voice

24時間365日の緊張が当たり前になり、従業員の待遇より会社の利益を優先して体調不良で休職を余儀なくされ、組合の保険組合が崩壊する事態にまで発展しました。

voice

休職後は人事部に預けられ、半年間社内で仕事を探していました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

辞めようと思っても、忙しいプロジェクトで人手が足りなくて辞められなかった。

voice

当時の社内の雰囲気は、COP.COP.と呼ばれる中高年世代への仮想レイオフの嵐で、ひどいものでした。

voice

1975年に入社し、1980年に一身上の都合で退職したが、6年弱の転職先での経験を活かし、子会社の取締役にまで登りつめた。

voice

復職を予定していても、そのまま退職してしまう人もいます。

voice

年寄りは定年退職でもしない限り、30歳までに転職した方が無難だと思います。

voice

早期退職制度を実施しない理由は、このような裁量権のある給与格差で自然退職を待っている感があるからである。

voice

定年間近になってしまいましたが、本社には格安で治療が受けられる健康管理センターがありました。

voice

報酬、業績、環境、仕事内容、人間関係、リストラなど、退職理由はいろいろあると思いますが、私の場合は人間関係でした。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

毎回のイベントを大切にしている経営者が、頻繁にイベントを開催したがり、会場が気に入らないと新人を怒鳴りつけて、他の人はみんなで仕事をしている中で、新人をいじめていたのです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

コンプライアンスがしっかりしているためか、ハラスメントはほとんどありません。

voice

ハラスメント対策に力を入れているため、仕事以外のハラスメント関連の定期テストを受けなければならないのが面倒でした。

voice

いつでも相談できる環境があり、ハラスメント対策も徹底しているので、初めての転職で不安な方にもおすすめです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

好かれるためには、理不尽で無知で全く生産性のない要求や指示をいかに忠実に実行しているかを強く示す必要があります。

voice

オンラインでの手続きが間に合わなかったときは、理不尽にも狭量にもがっかりしました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

自分が良いと思えば、会社を一から立て直す覚悟のある人には良い環境になってきています。

voice

明確な指導をしてくれる人もいれば、罵倒されているように感じる人もいます。

voice

社員やパートさん同士の人間関係も良好で、社員を褒めて伸ばす方針なので、ノルマもなく、和気あいあいとした職場です。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

上に行ける人だけが上に行けるので、諦めが早い人や努力不足の人には絶対にお勧めしません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。