アデコ株式会社のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アデコ株式会社 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 464件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 31.3 29.7 49.4
平均給与(万円/年) 467.7 440.2 51.5
有給休暇消化率 58.5 50.1 52.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

アデコ株式会社に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アデコ株式会社と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

週末になっても、ノルマの記憶が残っています。

voice

カリスタフの買収で日本法人が設立されたのは非常に残念で、時代遅れの根性論的なセールスマンがはびこっている構造だった。

voice

スイスに本社を置く世界最大級の外資系人材派遣会社として、洗練されたスマートなイメージを持っていましたが、実際は全く違いました。

voice

体育会系ではないので、窮屈感がなく、作業しやすかったです。

voice

ノルマが厳しいので、大型連休になると売上が落ちて、なかなか回復しない。

voice

社員は社員とつるんで、管理職は他の管理職とつるんで?ヒエラルキーは厳しいと思うので、それは覚悟しておいた方がいいと思います。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アデコ株式会社の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業もできますし、働きすぎても残業してお金を稼ぎたい方には不向きですが、通常の勤務時間内に出入りしたい方には助かります。

voice

代理店にもよると思いますが、最初に言われた通りの業務で、残業もなく、9-5:30の勤務が厳守され、プライベートの時間も充実していました。

voice

ワークライフバランスの面では、この業界は労働時間が長くなりがちなので、仕事量が多かったのですが、リーマンショック以降は仕事量が減り、残業が徐々に制限されていく雰囲気がありました。

voice

人にもよると思いますが、私が行った会社は残業代が分単位で支払われ、原則定時退社で、人間関係も問題なく、とても働きやすかったです。

voice

その結果、従業員の給与は増加せず、残業規制も強化されました。

voice

繁忙期は残業が多いですが、どこの会社も同じだと思います。

voice

営業担当者は残業時間を細かく教えてくれました。

voice

月の残業がゼロに近いので、学校や展示会に行ったり、夕飯などの家事をする限り、バランスが取れているのが嬉しいですね。

voice

採用時には、具体的な月平均残業時間を明示していますので、少しでも多く稼ぎたい方、定時退社を希望される方は思いのままに働くことができます。

voice

当時、残業に対する意識が高まり、残業を減らす企業文化が生まれていました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

事前に申請すれば、長期休暇を取らせてもらえるのはありがたいですね。

voice

年間休日は約122日、有給休暇は勤続年数に応じて月に最大20日加算され、最大40日の積み立てが可能です。

voice

契約社員として勤務している場合でも、部署によっては5分単位で残業代が支給されたり、希望する休日を申請することができます。

voice

有給休暇は取得できますが、業績にもよりますし、業績が悪いと取得が難しくなることもあります。

voice

半年後には有給休暇も可能になり、良いと思います。

voice

部署にもよると思いますが、フレックスタイムや有給休暇は比較的よく使えます。

voice

退職時には、派遣社員であっても有給休暇を利用することができました。

voice

プライベートの予定がある限り、職場の承認さえ得られれば、休暇を申請しても問題はありませんでした。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アデコ株式会社はどうでしょうか。

voice

若年層は正社員を希望する傾向があり、労働人口が減少しているため、派遣業界では働きづらい。

voice

正直、劣悪な環境だったので、短期でなければすぐに辞めていました。

voice

担当の営業マンが全て嘘をつき、現場に着いてみると契約内容が法律に違反していたので、あまりにも劣悪な会社だと判断し、労働相談センターに問題提起し、会社を退職し、登録を抹消しました。

voice

奉仕の精神が強い人は、努力している人の2倍、3倍の努力ができる人は、最終的には生き残っていく。

voice

経営者や営業マンは馬車馬のように働かされているだけで、誰一人として有能ではありませんでした。

voice

人材業界では「雇用を守る」などと強く訴えていますが、派遣や契約社員に過ぎず、契約社員は使い捨てだと感じている会社です。

voice

同社の成長率は同業他社に比べて突出しているようで、会社に直接経費をかけずにワークライフバランスや精神的な仕事の満足度だけを重視しているため、福利厚生や給与が劣っているとのこと。

voice

派遣労働者から時給の半分くらいを搾り取っていたので、派遣労働者のグループを集めて時給アップの交渉をしました。

voice

正社員として転職を考えていた時に、営業の方がとても親身になって相談に乗ってくれて、たぶん定時を過ぎていたと思いますが、気が済むまで相談に乗ってくれました。

voice

支店長になって時短勤務になり、定時退社しても仕事が回らず、結局続かない。

voice

営業が厳しいから若い人しかいない。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アデコ株式会社の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

私は営業職ですが、最初の3ヶ月間は数字に関係なくそれなりの給料をもらっていました。

voice

ボーナスも年2ヶ月程度のものが多く、残業規制のため若手社員の賃金はかなり低い。

voice

割り当てられたプロジェクトの残高に関係なく、給与と残業代が支払われるので、給与面でも助かります。

voice

いきなり残業なしの現場に飛ばされることもありますし、そうなると前年の収入に税金がかかってしまい、生活がかなり苦しくなります。

voice

派遣社員としては妥当な給料だと思います。

voice

頑張っている人の方が、会社で働いている人よりも給料が高いと思います。

voice

給料は平均程度だったが、とにかく評価基準が間違っていた。

voice

ボーナスは基本1ヶ月、業務改善命令の余波で業績が上がらない。

voice

住宅費や食費の補助はありませんが、残業手当や給与水準の高さはこれでカバーできます。

voice

管理職の給与には幅があるため、弱い部署の管理職が残業代をもらっている下の社員よりも少ないのが一般的であり、これは例外ではありません。

voice

給与:卒業してMVPを受賞しても、昇給は月2000円程度。

voice

部署の成績が良ければボーナスは上がるが、それに頼るのは心が折れると思う。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

正直なところ、派遣社員からの苦情や社内での悪口にはうんざりしていました。

voice

3月に1人か2人が辞めていたが、気に入らない派遣社員に無理な席替え(隣の席に移動するだけ)をしたり、仕事を与えなかったり、指導的立場の人を会議に呼ばないことで孤立させたり、ヒラの派遣社員と接触させないようにしたりと、かなり陰湿だった。

voice

数字を追いたい、支店長をやりたい、上からの無茶苦茶な詰め物が気にならない、という人は好きにすればいいと思いますが、エリアの上司が社員の悪口を平然と言っているのを聞いて、自分の立場が良くないと思いました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

仕事に不満があったわけではありませんが、配属された部署の男性上司からひどい嫌がらせを受けたため、退職しました。

voice

残業もしっかりしていて、パワハラもなく、しっかりした会社です。

voice

残業はしてくれるけど、スタッフを補充して対応したり、セクハラやパワハラの対応をしたり、給料の対応をしたり、その繰り返しだった。

voice

セクハラなどには非常に敏感な会社です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

ギャップというほどのものではないのですが、月末や締め切りが迫ってくると、いつもは優しくて頼りになる女性マネージャーが、驚くほど高圧的な半罵倒的な口調で「やりたくないことをやってくれ」と迫ってくることがあり、厳しいと感じたこともありました。

voice

そうなると、モチベーションの高い人は恨みを抱き、理不尽さを感じ、転職活動を始めます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

一身上の都合で退職しましたが、とても良い会社でした。

voice

具体的に自分の退職や退職を考えるようになったのは、契約期間が満了したからです。

voice

今思えば、なぜ会社を辞めたのかと毎日後悔しています。

voice

私は10年ほど前にその会社にいたので、参考にはならないと思いますが、派遣会社の社員の中では常に退職率が高いようで、辞めた人は我慢していないようで、入社したばかりの人でも結構すぐに辞めてしまいました。

voice

派遣社員としての仕事が3年の限界に達したため、仕事を続けることができなくなり、退職しました。

voice

他の案件をお願いしても「課題が見つからない」と言われ、1ヶ月以内に課題が出なければ退社してもらうことになります。

voice

上司の言うことを聞かない人が会社を辞めたり、上司が部下(私など)を気に入らないと契約を解除したり、辞めさせたりするような会社だと思っていました。

voice

1999年にキャリアスタッフと合併した後、社風や給与・福利厚生が悪化し、多くの社員が退職しました。

voice

私は契約社員で、景気が悪くて契約終了時に辞めてしまったのですが、また働きたいと思っています。

voice

私が退職するきっかけとなったのは、社風、待遇や業績、職場環境、仕事内容、人間関係、キャリアパスなどではありませんでした。

voice

対人関係の仕事なので、特に管理職の方はストレスがたまるようで、私が担当していた管理職の方が病気になって退職してしまいました。

voice

元々派遣会社に入りたくなかったので退職しました。

voice

同業他社と比較して外資系企業であることのメリットを生かすことができず、この会社でなければならない理由が見つからなかった。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

産休明けが心配ですが、それも含めて転職も考えています。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。