キャリアデザインセンターのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに キャリアデザインセンター について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 95件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 43.5 29.7 44.5
平均給与(万円/年) 446.6 440.2 50.3
有給休暇消化率 43.2 50.1 48.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

キャリアデザインセンターに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、キャリアデザインセンターと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。キャリアデザインセンターの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

家庭と仕事を両立させようとすると、夜遅くまで仕事をすることが多いので、必然的に労働時間が長くなります。

voice

土日はしっかり休めるのは助かりますが、平日は勤務時間外に報告書や会議などがあるので、残業は必須です。

voice

残業代は含まれていますが(30時間)、実際に30時間を超えて何時間残業しても追加で支払われることはありません。

voice

最近では上場したことで労働環境もかなり改善され、徹夜などの無理な働き方もなくなりました。

voice

残業に関しては、営業などの職種は「営業が全て」という価値観で成り立っているので、夜遅くまで残業していることを正直に出勤簿に書いてしまうのは良くないと思っている人が多いようです。

voice

平日は残業や帰宅が遅くなることが多く、アフター5を楽しむなどワークライフバランスが難しいこともあります。

voice

派遣先の会社は残業が少なく、週休2日制だったので、仕事とプライベートを切り離すことができました。

voice

サービス残業や1日の時間が予想以上に多くてびっくりしました。

voice

朝8時頃から夜の終電まで毎日が重労働で、残ったのは卒業間近の若い女性ばかりでした。

voice

昔は夜遅くまで働くのが当たり前でしたが、今は時間管理が厳しく、残業はあまりないと思います。

voice

以前は残業が多かった職場ですが、会社の制度や風土が一新され、平日でもライフワークバランスが取りやすくなりました。

voice

転職してからも何度か会社の前を通る機会がありましたが、遅い時間帯でも窓には電気がついているので、常に残業しているという方針は美学的なものではないと思います。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

そうは言っても、帰宅時間が遅いので、有給休暇の取得率が高いとは言えません。

voice

有給休暇は申請すればすぐに取得できるので、自分の好きなように取得することができます。

voice

有給休暇は比較的取りやすく、体調不良や急な慶弔などで休まなければならなくなってもがっかりすることはありません。

voice

有給休暇を取得する習慣がなく、ほとんどの人がまだ使っていなかったと思います。

voice

リフレッシュデーと呼ばれる残業NOの日もあり、有給休暇の取得も促進されています。

voice

営業職とはいえ、PCを持ち歩くことは許されていません(申請すれば持ち歩くためのPCはもらえますが、申請する習慣はありません)。

voice

土日祝休み、GWは1週間~10日、夏季は1週間~10日、年末年始は1週間~10日休み。

voice

勤続5年で休暇と10万円がもらえる制度だが、海外に行かないと何かを学べないし、行きたいところは社長の承認が必要。

voice

休みもバランスよく取れるので、休みの日にはたくさん遊べます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。キャリアデザインセンターの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

もちろんですが、成績が良ければ収入は飛躍的にアップします。

voice

売るのが好きなら向いているかもしれませんが、インセンティブはお小遣い程度なので、給料面でのやりがいはあまり感じられないでしょう。

voice

家賃手当などの手当がないので、給与は他社と比べても少ないと思います。

voice

3ヶ月ごとに昇給・昇格のチャンスがあります。

voice

新卒の給料は他社と比べて高いが、福利厚生は必要最低限のものしかないため、給料や福利厚生に対する満足度は低い。

voice

給料が下がるから辞めさせようとしているとしか思えません。

voice

管理職以上になると給料が跳ね上がると聞いていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

voice

営業の主力として設計されているので、それ以外の職種はほぼ基本給のみです。

voice

給料が安くて、もう無理だと思ってやめました。

voice

営業の仕事なので、当然、売れなければ給料は一切もらえません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。キャリアデザインセンターはどうでしょうか。

voice

とにかく労働時間が長く、精神的にも肉体的にも壊れてしまう人が本当に多いです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

体育会系で学生らしい乗り物ですが、自分には全く合わなかったので、早く辞めたいと思っていました。

voice

深夜、残業代なし、ノルマが厳しい、営業そのものをイメージしがちで長期的に働きたい人には向いていないと思います。

voice

論理的な人は少なく、気合で何とかしようとする人が多く、スマートな働き方をしている人はほとんどいませんでした。

voice

には、戸別訪問などバイタリティ溢れる営業活動が必要であり、そのための根性と精神力が身につくと思います。

voice

電話をかけ続けないと、他にやることがあってもノルマが達成できない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

将来、売上のためにいろいろなものを犠牲にしなければならないことや、要求がとんでもないことになるのではないかと不安になり、退職しました。

voice

転勤の申し出は事実上の退職願であり、転勤か辞めるかの二択を迫られた。

voice

一度辞めてから復職する人も多いです。

voice

そこを改善しない限り、退職者が減ることはないと思います。

voice

退職後すぐに退職しましたが、本当に早く決断してよかったと思っています。

voice

メインのサービス体制もソフトで、良いサービスが提供できていないと感じたことも退職の理由の一つです。

voice

社員同士の仲も良く、退職後も定期的に連絡を取り合える仲間、先輩、後輩がいたことが最大の財産でした。

voice

制度や制度でカバーしているにもかかわらず、中堅・高齢者は窓口に追いやられ、退職を余儀なくされている。

voice

中には仕事が忙しくて結婚を逃した人もいて、35歳を過ぎてからいたら肩を叩かれて退職した人もいた。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。