日本精工のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日本精工 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 58件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.3 29.7 52.9
平均給与(万円/年) 537.1 440.2 55.2
有給休暇消化率 76.5 50.1 57.5

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

日本精工に似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日本精工と以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日本精工の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

給与は私と同年代の人に比べれば高い方だと思いますが、申請できる残業時間は40時間が上限で、実際の残業時間は月によっては120時間を超えることもあり、40代以上の実務者や課長レベルの人には体力的にきついです。

voice

顧客と関係のない部署では、残業規制が厳しい。

voice

シフト手当、残業代、休日出勤手当、深夜手当は定期的に支給されるので、現場での生産には問題ないと思います。

voice

以前は残業がかなり多く、その管理が部門長に理解されておらず、残業や休日出勤が多い部署もありましたが、現在は役所や組合との話し合いで改善されています。

voice

月末は製造業が増加し、残業が連続して多かった。

voice

自動車の営業所で働いていましたが、平日は残業が多く、プライベートの時間がほとんどありませんでした。

voice

休暇は奨励され、労働時間は管理されているので、極端な長時間労働はありません。

voice

ヒラ社員にはサービス残業はなく、残業代として支給されます。

voice

仕事ができる人は残業時間を削らざるを得ず、集中して仕事ができる人は消耗してしまうことが多い。

voice

残業する人としない人の差は歴然としており、残業する人は特定の人です。

voice

少なくとも技術部門に関しては、ワークライフバランスは非常に良いようです。全社員に年休100%取得を奨励しており、計画的に取得を促す社風や制度が作られている。労働組合の力が強く、休日出勤日数が制限されており、月の残業時間が30時間を超えないようにチェック体制が整っています。

voice

週5日勤務で、土日や残業の有無を聞かれますので、ご都合が悪い場合は比較的簡単に断ることができます。

voice

残業時間を平均化しようという動きはあるが、まだ現実味を帯びていない。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休日や有給休暇も多く、管理職でなければ比較的ワークライフバランスが取りやすいです。

voice

有給休暇取得運動が盛んで、有給休暇を守らせるための警告書が発行されています。

voice

有給休暇や休暇も比較的取りやすいので、ワークライフバランスを図ることができると思います。

voice

基本的には、組合の強い反対がなければ基本的に有給休暇を申請すれば取得できますが、工場ラインが稼働している繁忙期には、周囲の環境を考慮して取得する必要があります。

voice

それ以外にも、年休は最低でも15日は取得しなければならず、取得していない場合は上司がフォローしてくれます。

voice

そのような環境を作っている人は、職種や上司への働きかけ方次第でスムーズに取得できる雰囲気がありました。

voice

配属された部署にもよりますが、一般的には年休を取得しやすいです。

voice

上司にもよりますが、細かい理由を聞かなくても快く認めてくれます。

voice

年単位で取得している人もよく見かける光景です。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日本精工の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

いわゆる定期昇給は年間約8,000円。

voice

ボーナスは営業利益率に関係しますが、5ヶ月(年2回)程度の支給となります。

voice

評価が高ければ少しずつ昇給があるので、メリットのある会社だと感じています。

voice

会社の指示にうまく適応して管理職になれば、普通の安定した生活と給料が保証されます。

voice

女性はシフト制ではないので、毎月の給料が少ない。

voice

給与やボーナスには満足していますが、世の中の他社と比較してもまともな金額に分類されると思います。

voice

見た目の給料だけではなく、福利厚生も含めて良いと思います。

voice

私は正社員ではないのでボーナスは出ませんが、正社員としてはかなりのものではありませんでした。

voice

強いて言えば、時給制で働いている人にとっては、7時間40分だと賃金が低くなってしまうのではないでしょうか。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日本精工はどうでしょうか。

voice

人付き合いが面倒で定時で帰れる方には悪くない職場だと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

ほとんど男性の職場なのに、一人は以前にもセクハラを受けたことがありますが、チーフなどの役職に就いていて、セクハラ後もしつこくカラオケや食事に誘ってきたり、反省していなかったり...。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

社内研修は一切なく、できない者には容赦なく怒鳴り散らす。

voice

できない人のフォローもせずに毎日説教している。

voice

仕事ができない人は注意されずに放置され、仕事ができる人は理不尽なことを言われたり、どんどん仕事を押し付けられたりしますが、仕事ができない人は年齢で給料が決まるので、仕事ができない人の倍以上の給料をもらっていたというケースも多々ありました。

voice

地元の営業所で働いていましたが、理不尽なことはなく、人柄も良かったので、とても良かったです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

社員はノルマに追われることなく、草食系の性格になります。

voice

メンタルがしっかりしていれば乗り越えられると思いますが、そうでない人にはお勧めできません。

voice

営業部はかなり厳しい上下関係がありました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司に呼び出されて退職するように言われても、退職の意思を変えなかったことがわかり、態度が一変しました。

voice

退職理由は、上司(課長)が全く役に立たない人だったことと、1991年入社で中途入社のバブル期を経験した人が多く、今必要とされている人材になりきれていなかったこと。

voice

辞めた理由は、他の会社に興味があったからであって、不満があったからではないので、特に改善してほしい点はありません。

voice

気にしないのは良いのかもしれませんが、注意もしてもらえず、我慢していたことがストレスになり、気分が悪くなったので、退職することにしました。

voice

急な配置転換があり、課長が突然左遷されたのですが、何事もなく課長になり、半年後に左遷されたのですが、上の人と仲が悪いと聞いていたのですが、個人的な判断で評価が決まったような気がして怖かったです。

voice

男性は転勤で仕事が変わりますが、女性は入社してから退職するまで基本的に同じ仕事をしています。

voice

ステップアップとして退社しましたが、業界No.1のポジションを獲得しており、体制・体制はしっかりしています。

voice

リストラによって多くの有望な人材が淘汰され、現在のような状況になっていることは、はっきりと言えると思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。