株式会社ポーラのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社ポーラ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 49件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 20.4 29.7 53.7
平均給与(万円/年) 532.6 440.2 54.9
有給休暇消化率 46.9 50.1 49.1

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社ポーラに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社ポーラと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社ポーラの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業は月20~45時間程度。

voice

営業職ということもあり、業務内容によっては変更になることもありますが、残業規制は非常に意識していますし、フレックスタイム制を採用しているため、上期に残業をしてしまった場合、下期は毎日15時に帰宅して残業をしないようにすることができるなど、残業時間の規制は非常に意識しています。法律の範囲内で労働時間を規制できる制度・風土があります。

voice

近年はコンプライアンスの観点から、休日出勤やサービス残業の禁止が部署や課長レベルで強く取り締まっており、いわゆるブラック企業のような職場環境ではないと思います。

voice

労働環境としては、土日や長時間労働だけでなく、ノルマを達成するために商品を購入しなければなりませんでした。

voice

女性が多く活躍している会社で、バリバリ働ける人が多く、人間関係にも恵まれていたので、とても居心地が良かったのですが、仕事面では残業が当たり前で、月末の終電はいつも月初直前で、家庭を持っている先輩方を見ていると、子供を見ていないので、ワークライフバランスが偏っているのが気になりました。それを感じるようになりました。

voice

正社員はみなし残業があり、残業代は支給されません。

voice

担当エリアが広い場合は、早朝に遠方へ移動したり、帰りが遅くなったりすることもあります。

voice

人事部が36年協定を超えた社員を呼び出して勤務状況のヒアリングを行うなど、ワークライフバランスの改善に取り組んでいます。

voice

残業はコスト削減の一環として厳しく管理しています。

voice

福利厚生がしっかりしていて、残業をさせてくれない雰囲気でした。

voice

残業代を払拭するための方法だったのですが、結局、電気をつけたままデスクワークだけになってしまいました。

voice

とにかく上下関係が厳しく、残業は上司次第。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

リフレッシュ休暇は有給休暇3日と5日の連休でしか取得できないので、病欠などを考えると残り日数がギリギリだったので結局使えませんでした。

voice

会社全体の雰囲気としては、なるべく有給休暇を利用するという雰囲気で、育児に関係なく有給休暇の取得率が高いので、一人だけが特別扱いされているという感じがしにくく、精神的にも非常に良い環境です。

voice

突然の半休や有給休暇については、自分で管理できる範囲であれば何も言われていません。

voice

上場時にはリフレッシュ休暇などを導入して有給休暇の取得を促し、年に1回10日程度の長期休暇を取得できるようにしました。

voice

連休が取れるのも高ポイント。

voice

残業時間や有給休暇率、リフレッシュ休暇率などの目標も設定されており、今後さらにホワイト化が進むことが予想されます。

voice

働いた時間に応じて給与が支払われますし、有給休暇も申請すればほぼ全て取得できます。

voice

休暇の取得状況を上司の評価に反映させる試みが始まっており、取得の流れがスムーズになる可能性があります。

voice

人員が充実していたため、有給休暇も取りやすく、プライベートとの両立もしやすかった。

voice

私が入社した当初は有給休暇などはありませんでしたが、ポーラ・オルビスホールディングスが上場を控えていたこともあり、リフレッシュ休暇などが導入され、年間10日程度の休暇を取得することができるようになりました。

voice

どうしても出勤しなければならない場合は、代休制度を設けています。

voice

チーフになると、休みの日も電話がかかってくるので、あまり休んでいる気がしないかもしれません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社ポーラの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

代理店にもよりますが、給料も自分次第...というのが難点ですね。

voice

役割や等級によって給与が決まるため、高い業績が給与に反映されることは少ない。

voice

プロボーテ(月15万)という給与体系だと、初月の売上が10万になるので、8万円しかもらえませんでした。

voice

給与は他の会社よりも高いと思います。

voice

大手企業なので、休みもそれなりに取れますし、給料やボーナスもそれなりにあります。

voice

ボーナスも充実していますし、給与や福利厚生も非常にまともで良いです。

voice

女性が活躍できるようにするためには、基本給+歩合給など、最低限の収入を保障する制度が必要です。

voice

外注営業であれば、売れなければ当然お金はもらえませんし、商品の良さを知ってもらわないといけないので、10万円以上の商品を買わされることから始まります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社ポーラはどうでしょうか。

voice

いい人が多いのですが、中にははっきりと「お前らの給料は俺たちが売った金で賄っている」と言ってくる人もいて、精神的に疲れました。

voice

接客業なので仕方ないとは思いますが、13時間の仕事なので体力的にはかなりきついです。

voice

商品の特徴を知り、お客様の精神的・精神的ストレスを背景に提案する際には、解剖学や生理学などの予備知識も必要になりますので、目標とする肌へと導いてくれます。

voice

労働時間については、人事部が一定時間経過後に修正すること。

voice

事務職というよりも肉体労働なので、妊娠中は少し大変かもしれません。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

美容部員の中には後輩をいじめていた人もいましたが、会社はいじめられた人を守ります。

voice

研修期間中は、研修生の悪口を言ったり、他社を誹謗中傷したりと、女性を美しくすることを目的とした商品を扱っているとは思えないほどの圧迫感があったため、辞退しました。

voice

年の近い社員は親切でしたが、年の離れた先輩社員から嫌味や悪口を言われることが多かったです。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

精神的な疲れが肌の調子に影響して、誇らしげに「当店の商品をお勧めします!」とは言えませんでした。誇らしげに「当店の商品がおすすめです!」とは言えませんでした。

voice

もちろん、美容業界にはノルマがあることは知っていましたが、ノルマをクリアできなければ、自分のお金で化粧品やパックなどを購入していました。

voice

ノルマがなくても、そのサポート体制に入ったら月にどれだけ売上を上げるかという目標がある。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

最近は方向性が広くなってきたが、元々訪問販売だった旧体制のため、上司と女性店長の親密な関係に振り回されて退職した。

voice

ノルマを達成できなければ、不足分を自分で買い戻さなければならないことに納得がいかず、退職しました。

voice

それを知るためには自費で買わなければならないことに納得がいかず、退職しました。

voice

成長している会社というのはそういうものなのかもしれませんが、働く者としては、もう少し人間性のあるところで働きたいと思い、退職を決意しました。

voice

キャリアアップの面だけを見れば、真面目に働けばそれなりのスキルや知識は身につくと思いますが、私にはそうではなかったので、数ヶ月で退職しました。

voice

繁忙期には始発・終電で生活していましたが、あまり長くは続けられないと思い、辞めることにしました。

voice

年積立の退職金制度だそうですが、定年まで勤めないと貯金の半分くらいはカットされてしまうそうです。

voice

私が退職する頃には、成功していた営業所がどんどん改装されて、綺麗な本格的なお店になっていました。

voice

なかなかモチベーションが上がらず、給料も自分の想像していたものと違っていたので、退職を考えました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。