夢テクノロジーのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 夢テクノロジー について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 147件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 14.3 29.7 56.1
平均給与(万円/年) 302.8 440.2 42.6
有給休暇消化率 62.7 50.1 53.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 給与水準に関してはやや厳しい会社かもしれません。平均給与下位20%の水準が見えています。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

夢テクノロジーに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、夢テクノロジーと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。夢テクノロジーの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私が配属された場所は、残業時間が月平均20~30時間と恵まれていました。

voice

代理店の定時とクライアントの定時が違うと、代理店の定時に合わせなければならないので、本当の残業時間に入ったときに虚しさを感じる。

voice

残業や休日出勤も昔に比べて規制されるようになったので、ワークライフバランスが取りやすくなったのではないでしょうか。

voice

残業の有無は現場によって大きく異なります。

voice

本当の残業時間など、書面だけではわからないことがたくさんあると思います。

voice

休みが多い人もいれば、少ない人もいますし、残業が多い人もいれば、派遣会社のカレンダーに合わせているので、全くない人もいます。

voice

私が働いていたところでは、残業時間は5~60時間くらいでしたが、知り合いのところでは100時間くらい働いているところもありました。

voice

正社員として雇われて残業代が出るのはいいことだと思います(当たり前ですが)。

voice

残業があるかどうか、勤務時間、仕事内容、昇給など、すべては場所にもよるので、運に左右されます。

voice

派遣業界なので、残業すればするほど、その分だけお金がもらえるということになります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

ベースミーティングやレクリエーション活動を欠席した場合は、有給休暇や欠勤となります。

voice

有給休暇を取得しているため、休みが多い派遣元にとっては気になるところですが、新入社員で有給休暇が少ない場合は、有給休暇を取得するのは難しいですね。

voice

プロジェクトによってかなり違うと思いますが、私が所属していたプロジェクトでは、有給休暇は比較的消化しやすかったです。

voice

社員同士の交流会というレクリエーションがあり、土曜日に参加しないと欠勤になるので、有給休暇を使わなければなりません。

voice

お客さんにもよるが、有給休暇は取りやすかったと記憶している。

voice

有給休暇が少ない 入社後6ヶ月間から有給休暇を利用できます。

voice

派遣先の方が年間休日が多い場合は、有給休暇を取得して報告書を提出しなければなりません。

voice

月例会の日のようなものがあり、参加しないと有給休暇がカットされてしまうので、全部ではないにしても、実際に自己都合で取得できる有給休暇は8日しかありません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。夢テクノロジーの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

未経験の方は基本給が低く、どこかに配属された時に加算される数万の職務で20万を超えることもあります。

voice

昇給額は会社にもよりますが、非常に少ないですし、ボーナスの実績もあまり良くないので、お金を稼ぎたい人には向いていないと思います。

voice

入社前に残業時間が15時間以上ないと残業代が出ないと言われたことはありませんでしたが、実際には給与明細を見ないとわかりませんでした。

voice

入社前には伝わっていなかったルールや規則があり、ボーナスも前触れもなく変更され続けている(初年度なし)ので信用できなくなってきました。

voice

給与やボーナスが低く、福利厚生もないので、改善すべきだと思います。

voice

減給、ボーナスなし、昇給・昇格の時期が10月から4月に急に変わるなど、組織内部は非常に混乱していました。

voice

会社は最低でも1ヶ月分のボーナスを支払うと約束していたにもかかわらず、ボーナスが支払われず、給与水準も上がっていないことに抗議したところ、今期は採用コストが高くて損をしていると言われました......。

voice

配属先にもよりますが、何より2年目の給料が1年目の給料よりも低くなります。

voice

ボーナスがきちんと支給されないケースが多いですが、残業代などは必ず支給されるので、勤務先にもよりますが、サービス残業の可能性はほとんどありません。

voice

初任給は業界並みですが、独自の評価制度のため昇給は非常に遅いです。

voice

ホームスティは場所によって違うと思いますが、給料の6割と言われていたところが、実際には5割しかもらえないというところもあるようです。

voice

遅刻も欠勤もなく、上司からの評価も良かったにもかかわらず、昇給もなく、ボーナスも5万円ほどで、何か改善できることはないかと聞いたところ、「こういう時こそ、遅刻しないことでボーナスが出れば感謝すべきだ」と言われました。

voice

単価が売上に依存していることから、同業他社と同じ仕事をしていても、給料や単価が低いとモチベーションが上がらないことが多い。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。夢テクノロジーはどうでしょうか。

voice

昇進か使い捨てか、クビになりそうだし、転職を考えています。

voice

持ってきてもらったプロジェクトが遠かったので、しぶしぶ会社に行っているのですが、遠すぎてなかなか寝付けません。

voice

配属先の働き方にもよると思いますが、夜勤の多い現場に配属されるのは、ライフワークバランスの観点からも良くないと感じました。

voice

メンター制度があり、たまにカウンセリングもあり、精神的にもかなり楽になりました。

voice

社内研修もありますが、定時後に行われ、勤務時間には含まれていません。

voice

メンタルヘルスの相談をしても、エリア(エリアの管理人)には相談しづらく、面倒くさい人と見られていた。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、夢テクノロジーではどのような現状でしょうか

voice

リーマンショックの時は、稼働率が低く、休職扱いの社員の給料は6割減、遊んでばかりで何もしていなかった。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

男女差別や給与の差はなく、逆にセクハラやわいせつ行為には非常に厳しく、男女関係なく書類にサインをしています。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

支店長、部長クラスの命令は絶対的で、かなり体育会系。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

今はどうかわかりませんが、離職率が高いのはそれが原因だったと思います。

voice

人材派遣法の改正が近づいていることと、業界に不安を感じたことから辞職を決意しました。

voice

働きやすいかどうかはわかりませんが、私の周りの女性は少なくとも3人は早期退職しています。

voice

退職時には、退職金と引越し費用を支給されていたので、経済的に困ることはありませんでした。

voice

スキルアップの希望もなく、将来の展望もなく、低賃金、契約満了、再就職先が見つからず退職を余儀なくされる可能性もあります。

voice

リーマンショック以降、外国人の解雇、希望退職者の募集、大幅な人員削減などを行ってきた。

voice

50代になると仕事が見つからず、遠方への転勤や離職を余儀なくされる。

voice

休職中はアルバイトをさせてもらい、次の仕事を探させてもらっていたので、退職前の2ヶ月間は最低限の収入と就職活動ができたので、突然のリストラのような問題はありませんでした。

voice

担当がそんな感じで、体調を崩した時に連絡が取れなくて辞職しました。

voice

住むところがないので、定年を迎える予定です。

voice

今年は新卒で退職金が出ると言われていたのですが、入社前の研修では退職金は出ずに確定拠出年金をもらっていました。

voice

福利厚生としては、社会保障や退職金などがありました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。