東急リバブルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 東急リバブル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 143件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 36.7 29.7 47.2
平均給与(万円/年) 468.5 440.2 51.5
有給休暇消化率 40.2 50.1 47.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

東急リバブルに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、東急リバブルと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。東急リバブルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

月平均50時間の残業があり、休日以外は自分の時間を確保するのが難しい。

voice

残業は店舗にもよりますが、シーズンに入ると通常よりも長く働いて数字を補っている社員が多いように感じます。

voice

今はどうかわかりませんが、私がいた頃は残業や休日出勤が日常茶飯事でした。

voice

不動産仲介業の営業マンは、夜遅くまで働いて長時間労働というイメージがありますが、遅くとも20時までには起きてライフワークバランスをとるようにしています。

voice

休日出勤が多く、疲労度はかなり高いです。

voice

出張の際には、どんなに早朝に出発しても、自宅出発時刻(一定時間を差し引いた時刻)からの労働時間が適用されます。

voice

有給休暇は消化しきれず、私がいた頃は月に6日、毎日5時間近く残業していたのでストレスが溜まります。

voice

今後は、労働時間の短縮を中心に残業時間の削減が見込まれます。

voice

就業時間は非常に長く、休日もお客様のスケジュールによっては休日出勤が発生することもあります。

voice

公休日数は増えたものの、目標(数)自体は変わっておらず、担当者の多くは目標達成のために残業や休日出勤を増やしており、月の総労働時間数は変更前と変わらない。

voice

わがまま放題ですが、朝遅めのスタートではなく、7時~8時くらいまでの残業が必要になるかもしれません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。東急リバブルはどうでしょうか。

voice

お互いに干渉することもなく、時間通りに素早く帰宅しました。

voice

私が働いている職場は、担当者の方が人柄が良いので、ライフワークバランスに恵まれています。

voice

朝8時にパソコンが切れることを売りにしているが、その後はポスティングなどをさせられ、なかなか帰れず、終電になることもしばしば。

voice

独身のうちは多少ライフワークバランスが悪くても、お金さえ稼げれば我慢できるのですが、家族との時間を取りたいと思ったときに、それを続けることは考えられませんでした。

voice

働き方やライフワークバランスの改善に積極的な姿勢が見られました。

voice

入社前に全体の説明を受けていなかったのですが、時間通りに帰る人がいなくてびっくりしました。

voice

営業マンの中には、定時後に仕事を依頼してくる人もいました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇の取得率が非常に低いのではないかと疑っています。

voice

業界に比べれば待遇は良いと思いますが、何でもかんでも消化しようとしたり、有給休暇で3連休を取るのはダメだという雰囲気があり、気になりました。

voice

宅建教育にも力を入れており、社員の100%近くが宅建士の資格を取得しています。

voice

有給休暇も取らせてくれたので、迷惑にならないようにしていました。

voice

配属先にもよりますが、スタッフ職の場合は比較的休みが取りやすいです。

voice

有給休暇も取りやすく、とても働きやすい職場でした。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。東急リバブルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

2年目の前半までは、ボーナスが確定しているので、どんなに数字が良くても問題ありません。

voice

証券会社の手数料収入の約8%は、逆算するとボーナス収入としてカウントすることができます。

voice

元々のベースが高く、さらに昇給することで必要な報酬額に到達することができます。

voice

営業成績が100%達成した場合、約3ヶ月分のボーナスが支給されます。

voice

ボーナスに加えて、全社員の営業成績に基づいて会社に利益が出た場合には、さらに20万円が支給されます。

voice

30万は基本給+家賃+残業代込みの数字です。

voice

ボーナスでしっかりとした金額を貰える人には良いと思いますが、貰えない場合は不動産では低収入の方だと思います。

voice

卒業時の給与水準は高く、2年目には450万程度まで上昇しますが、もちろんノルマがあり、現場によっては厳しく指導されます。

voice

以前はそんなことはなかったので、初年度のボーナスが5万前後の社員もいると聞いたことがありますが、今はもうそんなことはありません。

voice

昇給しても給料はそれほど変わらず、特に男性社員は生活に困窮しています。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

男性への嫌がらせは本当によくないと思います。

voice

直接的ないじめはもう一般的ではないと思います。

voice

男性社員がアルバイト社員の前で奥さんの悪口などを言っているのを見ていて気持ち悪かった。

voice

社長は面白くてユーモアのある人ですが、気に入らないと嫌がらせが絶えません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

本社での取り組みです。配属先の営業所にもよりますが、新入社員を全く落胆させないどころか、潰すほどのパワハラだらけの営業所もあり、このパワハラに耐えられる新入社員だけが会社に残れる構造になっています。

voice

管理職は、自分たちがパワハラやモラルハラスメントに従事していることに気づいていません。

voice

上司(部長・課長)との相性が悪く、パワハラやモラハラのようなプレッシャーがあったからです。

voice

パワハラもなく、結社で社員にはお得な案件も多く、バブルの時代もあった素晴らしい会社だったと思います。

voice

所属するセンターによっては、パワハラのようなことを受けることもあります。

voice

当時は経営のデリカシーに欠ける管理職もいて、一歩間違えるとセクハラやパワハラと受け取られるような事件もあった。

voice

私の周りのセンター長候補を見ても、7~8割のタイプは権力欲の強い人が多いので諦めていました。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

営業所の社員と本社の社員は全く違う民族で、会社全体が本社の人事部の人間で構成されていると思って入社すると、営業所での理不尽な扱いに戸惑うこともあるかもしれません。

voice

上司が部下を脅している姿が見られることもあるので、女性にとってはあまり居心地の良い会社ではないと思います。

voice

自分の意見を自由に言えないことの息苦しさと、日本の風習の異質さ(パワハラの強要など)を理由に退職しました。

voice

仕事以外の飲食は義務で、一番下の人が上司の飲み代を買わなければならないこともありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

制度は良いのですが、人数にうるさいし、社員も超体育会系の環境で育っているので、息苦しいところが多いです。

voice

まだまだ体育会系の業界なので個人差はありますが、女性が働くには厳しい印象があります。

voice

体育会系ですが、先輩方が多く、気さくで親切です。

voice

体育会系の環境なので、相談に乗ってくれるマネージャーがいます。

voice

モチベーションは上司に押し付けられているので、あとは自分の頑張り次第。

voice

個人の能力次第なので、完全に体育会系です。

voice

ノルマや数字は大切ですが、社内の雰囲気が悪ければ仕事にならない。

voice

精神力が必要な仕事なので、体調が悪い時の体調管理やモチベーションの維持が大変です。

voice

上にも書いたように、職場の体育会系の文化が強かったので、飲み会では理不尽なことを詰め込まれたり、パイプに巻かれたりすることが多かったです。

voice

天職を持っている人もいて、簡単にノルマを達成した人にとっては、まさに天国。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

このままでは出世できないと思い、退職を決意しました。

voice

営業の現場で結果を出していたので、営業会社だから仕方がないと割り切っていたのですが、経営者に転向した人が多く、人間として信用できなくなったので、退職することにしました。

voice

私の場合は独身で入社したのですが、結婚してから先が見えなくなり、退職を考えました。

voice

給与が自分の希望と少し違ったのと、体調不良のため退職しました。

voice

会社に退職の旨を伝えた後も、気まずい思いをすることなく、積極的に転職をサポートしてくれました。

voice

自分の能力不足と他業種への興味のなさから退職を余儀なくされましたが、上司も同僚も退職に関しては同情的に対応してくれたので、問題なく退職することができました。

voice

私が退職を考え始めた一番の理由は、「お客様第一主義」ではなく「お客様第一主義」になってきているのではないか、「お客様第一主義」ではなく「業績第一主義」になってきているのではないか、と疑問を持ち始めたからです。

voice

体力的に管理職に上がれないのであれば、辞めた方がいい職場だと思います。

voice

辞める理由は、自分のスキルアップのためです。

voice

退職後、基準月額と実際の支給額に大きな乖離があることが判明。

voice

上司があまりにもしつこいので退職を余儀なくされる。

voice

上司の一人が「既婚者は家に入るべき」という古風な言い方をしていたので、宗教に誘われて仕事を辞めてしまいました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。