太陽建機レンタルのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 太陽建機レンタル について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 39件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 静岡県平均 偏差値
平均残業時間(月) 46.9 29.8 43.1
平均給与(万円/年) 405.8 384.8 51.6
有給休暇消化率 33.3 40.4 47.9

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある静岡県のデータで算出)

サマリー

  • 比較的残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位20%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。太陽建機レンタルの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業に関しては、もう少し休日をタイトにしてほしかったですね。

voice

工夫すれば、残業時間をさらに減らすことができ、子供と一緒に在宅で仕事ができるようになります。

voice

休日出勤が多く、一時は夜間営業も実施していました(通常営業終了後、休憩を挟んで深夜営業)。

voice

残業や休日出勤などの身体的虐待は、社会人としてのあるべき姿だと考える傾向が強い。

voice

残業は厳しく管理されており、特別な理由がない限り平均で月40時間未満となっています。

voice

支店にもよりますが、残業は当たり前で、20時~21時くらいまで働いています。

voice

営業・保守ともに30代の方が多く、サービス残業が当たり前になっています!

voice

→ サービス残業は当たり前、みなし残業制度はブラック企業の証。

voice

残業時間を40時間以下に制限し、コンプライアンス違反にならないように改善してほしい。

voice

上記とは若干矛盾しますが、仕事量の多い月でも残業代は出ないので、時間通りに仕事をこなせるかどうかは個人の力量の問題なのかは正直わかりません。

voice

接客と電話応対だけであれば、残業は比較的少なく、問題なくできると思います。

voice

残業時間が40時間を超える支店もあれば、定時で終わる支店もあり、支店によって大きな差があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

2018年度より計画年休2日制(夏季・期末)が実施され、有給休暇の取得など課題は徐々に改善されている。

voice

休みの日に外出していても、お客様や支店からの電話が鳴り止まない。

voice

勤務地も選べるし、有給休暇に加えて平日も休めるのはとても良かったです。

voice

支店にもよりますが、年功序列や力関係で余っているところは、若い社員が最後に休むことになります。

voice

残業代はみなし残業代に含まれているので、40時間を超えた分は支払うと言われていますが、上司の気分次第で申請したりしないのも嫌な感じです。

voice

日曜日が定休日ですが、土曜日も営業しているので、平日はお休みを取ることが多く、上司によっては希望に応じてお休みを取ることができます。

voice

売れ筋の支店であれば、忙しくてお昼休みすら取れない。

voice

仕事に関する資格を取得できる環境にあると思います。

voice

休みの日になってもお客さんからの電話が止まらず、実質的には週1日の休みになってしまいます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。太陽建機レンタルの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

売上があろうがなかろうが、年齢によって給料がある程度決まっているので、モチベーションを維持するのが難しい。

voice

私の場合は、残業代を大幅にカットして残業を強要したことでトラブルになり、その結果、別の会社に転勤になり、ボーナスも減らされました。

voice

入社後の不満は、当時の求人票に残業代が確定していると記載されていたのですが、それについて質問したところ、残業代を計算する手間を省くためとの回答がありました。

voice

ボーナスも多いし、ある程度はプライベートの自由もある。

voice

給料が低いと聞いているので、それも改善が必要ですね。

voice

給与は比較的良いと思いますが、仕事内容を考えると...。

voice

ボーナスもそれなりに出ますし、やった分だけという感じではありませんが、目標とする数字があるので、引き継いだ既存の優良顧客がいるので営業は安心です。

voice

建設業界ではまだ男性が優遇されており、給料は非常に低かった。

voice

給料が低く、業界も先細りになっているので、よく考えた方がいいと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。太陽建機レンタルはどうでしょうか。

voice

お客さんに脅されたり、怖がられたりして、精神的に強くなった。

voice

残業が多すぎて、頑張っても認めてもらえず、結果的に仕事へのモチベーションが上がらず、毎日精神がすり減っています。

voice

人間関係の悪い店に当たると悲惨です。

voice

定時が一番忙しいという不思議な現象。

voice

通常の時間もシフトによって異なりますが、基本的には帰宅時間は同じです。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

従業員にパワハラをする上司もいるので、何を言われても自分の役に立てるような人柄でないといけないと思います。

voice

パワハラは働き方改革で表面的には沈静化してきましたが、実際には何も改善されていません。

voice

パワハラやサービス残業が当たり前の昔ながらの社風が残っていました。

voice

セクハラを許さず、男性社員が事務員との関係を気にしない社風で、能力よりも容姿の良さが重要視されています。

voice

社内のハラスメント関係を監視する体制が整っていると良いと思います。

voice

そこそこ思いやりのあるブロック長もいると聞いたことがありますが、異常なまでの情熱を持ったブロック長はパワハラを受けやすいとのこと。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

店頭会議では、営業マンの立場が弱く、受付、店員、メンテナンス、支店長にぼったくられる。

voice

職場の雰囲気は支店の人にもよるので、配属先を間違えると、仕事そのものとは関係ないことをいろいろと見られたり、説教されたりすることになります。

voice

理不尽だと怒られたり、他の従業員がスマホを投げつけてきたりしていました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

この会社で生き残っていくためには、完全な向上心とキャリア志向を持った、タフで体育会系でタフな人でなければならないかもしれません。

voice

会社も取引先も昔ながらの会社で、商社資本とはいえ体育会系な職場環境なので、人によってははっきりとしたメリット・デメリットがあるようです。

voice

には、長時間労働に耐えられる精神力と、建設業界特有の顧客の気まぐれさに耐えられる精神力が必要です。

voice

1日30件の訪問ノルマがありましたが、適当に書いていれば捕まることはありません。

voice

ノルマを達成しても、休日だろうがなんだろうがお客さんから電話がかかってくるので、結局休みがない。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

人を犠牲にしてまで自分の評価を上げて出世したいとは思わなかったので、辞めることにしました。

voice

私が辞職した時は、退職届が届かず、毎日動揺していました。

voice

20年以上働いても退職金は200万程度、60歳まで働ける会社ではない、出世できなければタダの駒で終わる、魅力がない。

voice

転勤を拒否したため、年収が500万にもかかわらず、年俸250万の契約社員である会社員に降格させられました。

voice

退職を考えていた理由は、夏場の屋外での過重な仕事をさせられ、昼食の休憩時間しか与えられなかったこと、仕事をさせられて熱中症になった時に上司から「体に気をつけてください」と言われたことが退職の理由でした。

voice

ある地区長は、結婚を控えた事務員に退職日の繰り上げを強要したり、配属先のアパートに住むことを強要したりと、事務員を自由に扱っていた。

voice

支部長や地区長に昇進しても、基本イエスマンでなければ、3年以内に降格か左遷されていたでしょう。

voice

育児休暇はなく、女性は結婚したら基本的に定年退職。

voice

離職率が高く、若いうちしか働けないと思っていました。

voice

資格取得後6ヶ月以内に退職した場合は、退職金から減額されます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。