積水ハウスのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 積水ハウス について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 393件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 37.5 29.7 46.9
平均給与(万円/年) 530.8 402.8 57.9
有給休暇消化率 31.4 43.5 46.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

積水ハウスに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、積水ハウスと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。積水ハウスの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業時間は月に90時間とか多すぎる。

voice

帰宅時には深夜残業が多く、睡眠時間も少なく、心身ともに酷使されていました。

voice

そうは言っても、仕事は絶対に終わらないので、月45時間の残業はきついし、それを超える月もあるだろうし、残業代に余裕のある人に声をかけて、その人の名前でログインして仕事をしないと終わらせられない。

voice

残業時間を月45時間以下に抑えるようにしている。

voice

残業時間は支店によって異なります。

voice

比較的休みを取りやすい環境ではありましたが、当時は100時間を超える残業をしていた社員もかなり多く、健康への負担が大きかったようです。

voice

休日はほとんどなく、深夜までの勤務が当たり前でした。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年間休日は130日近くあり、有給休暇も比較的充実しています。

voice

有給休暇の利用や、必要に応じて代替え勤務も柔軟に対応してくれたので、とても助かりました。

voice

年次有給休暇や積水ハウス独自のスマートホリデーという有給休暇がありますので、タイミングが合えば休むことができます。

voice

営業で働いていましたが、冠婚葬祭以外で有給休暇が取れる環境はありません。

voice

残業時間の削減や有給休暇の規定で入ってくるが、全く変わらない。

voice

祝日は休めませんし、暗黙のルールで休日を代休にすることもできません。

voice

有給休暇を上乗せして取得している人もいるので、営業をしている人にとっては大丈夫な環境です。

voice

最終日以降は、有給休暇を使い切ってボーナスが出る規定の月まで在籍していました。

voice

支店によって異なりますが、基本的には休日出勤はありますし、残業は1時間程度でしょう。

voice

有給休暇などの取得のしやすさは、配属先(営業利益)によります。

voice

当時は有給休暇を取得するという概念すらありませんでしたが、近年はその傾向が変わりつつあるようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。積水ハウスの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

私はまだ若くて数軒しか売れていませんが、10年84軒を打っている支店長の年収は1000万円を超えているので、売れば売るほど評価され、裏を返せば給料が下がる業界だと思いますので、大変な会社だと思います。

voice

住宅は金額が大きいので、それを契約すれば、給料面ではかなりの額になります。

voice

失業中は学費や生活費に悩まされましたが、それなりの時期にきちんとしたボーナスがもらえたので安心しました。

voice

性別に関係なく、契約してすぐに評価してもらえたのはもちろん、給料にも反映されていたので、とてもありがたかったです。

voice

設計・建築の給料はリーズナブルで、業績はあまり言われていないので長く勤められます。

voice

給与面では、基本給は職種に応じて徐々に上昇していきます。

voice

業績手当の計算も複雑で、従業員からは不満の声が絶えません。

voice

給与面では、入社2年目からボーナスが300万円台と大きく、とても良かったです。

voice

正社員の女性社員には年3回のボーナスが支給されるので、比較的リーズナブルだと思います。

voice

入社時のボーナスは年4回でしたが、退職時には年2回に減っていました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。積水ハウスはどうでしょうか。

voice

ブラック企業と言われていますが、住宅業界とはそういうものだと思います。

voice

大東建託では、お盆やお正月に休みなく馬車馬として働いたり、社員キャンペーンの旅行でオーストラリアにダダ行きをしたりしました。

voice

目標を達成するための新しい工夫がないメンタリズムが多い。

voice

20代の頃は、当たり前のように飛び込んで訪問しなければならないので、体力的にも大変でした。

voice

それでも仕事に打ち込みたいという方には最適ですが、課長以上の役職に行けない場合は、いくつになっても営業職になっても同じような激務になるケースや、子会社に異動になるケースが多いことを覚悟しておく必要があります。

voice

労基署が来ても何も変わらず、パソコンの勤怠表の記入項目を少しいじっただけで毎回逃げられている現状では、決して変わることはありません。

voice

営業部の対応はかなりキツイと思います。

voice

この仕事が辛くて辞めてしまった人は、結局どこの職場で働いても同じ傾向があるようです)。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、積水ハウスではどのような現状でしょうか

voice

同じ退職金を貰えないとノイローゼになるまでクレーム処理したくない。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

ある先輩が上司に退社の許可を求めたところ、「仕事もしていないし、早すぎる退社だ」と陰で言われたことがありました)。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラの事例はたくさんありますが、笑うしかありません。

voice

今はそんなにひどくはないと思いますが、パワハラかどうかもわからないくらいパワハラは日常茶飯事で、夜中まで嫌がらせを受けたこともありました。

voice

くだらないパワハラを受けたり、退職勧奨を受けたりする話をよく耳にします。

voice

会社全体でパワハラやセクハラが多いのは知っています。

voice

パワハラやセクハラ防止機関が形骸化して情報が流出しているという噂があった。

voice

セクシャルハラスメントやパワハラに関する研修も徹底しており、何よりも社員教育がしっかりしています。

voice

コンプライアンスはしっかりしていますが、パワハラとまではいかないまでも、厳しい指導があるのが現状です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

女性社員を全員処分しようとしていた先輩社員の中には、自分の数を誇るかのように大きな声で話している人もいました。

voice

私の支店は何度か労基署から全社員にアンケートを取って来てもらっていますが、総務部&支店一の営業マンにも「今のところ問題はありません」と書いて提出させられたことがあります。

voice

私が所属していたところでは、上司が面倒を見てくれて、かなりフォローしてくれましたが、配属先によってはパワハラや暴力が常態化していました。

voice

営業所にもよりますが、中には罵ったりキツイことを言っても平気な経営者もいます。

voice

どう見ても住宅営業の仕事なので、毎月のノルマを達成できなければ当然プレッシャーも大きいですし、汗だくで土下座をするような根性がなければ、大変かもしれません。

voice

転勤を余儀なくされたこともありましたが、設計部でしか仕事をしていなかった人よりも、納期や仕事の流れなどの細かい部分を知ることができたり、職人さんとの人脈やモノの流れ、人の働き方を知ることができたりと、非常にためになりました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

論理的に考えられる上司はおらず、直感が会社を支配している。

voice

田舎だからかもしれないが、根性論になってしまって無駄になってしまった。

voice

昔はありましたが、今はノルマが比較的緩くなっているので、自分のことは自分でやる必要はありません。

voice

自分が関わっていない現場での一つのミスや不備、対応の荒れがクレームにつながることもあるので、メンタルの強さが必要です。

voice

基本的にはトップダウン方式であり、体育会系の組織です。

voice

上司は良い人が多く、お金も貰っていたので、本当にメンタルが弱いんだと思います。

voice

想像以上に体育会系の営業所で、とにかく毎日飲ませてくれました。

voice

価格が高いため、積水ハウスの家を買えるお客さんがなかなか見つからず、会社のノルマが高いために無茶な仕事をさせられるケースが後を絶たない。

voice

配属後も、営業研修、総務研修、メンタル研修など様々な研修があります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

支店長や副支店長に「問題が起きた時には関わらない」と堂々と言っていたのを覚えていますが、早く退職してくれてよかったです。

voice

同僚や仲間の中には、出産を機に退職して復職した人や、グループで再雇用された人もいます。

voice

辞めた理由は、女性管理職が少なく、キャリアパスが描けなかったことが一番の理由です。

voice

そこで、再びインテリアコーディネートの勉強をするために学校に通うことにしました。

voice

退職を考えた理由は、単純に自分の時間が欲しかったからです。

voice

土日に休みを取り、子供や家族との時間を増やしたいと思い、退職しました。

voice

さすがに離職率は高く、年にもよりますが、3年後には8割の社員が離職しています。

voice

それは入社時の女性が多いだけで、中期的には3~5年以内に7割以上が退職していることになります。

voice

将来は経営学を勉強してMBAを取得して独立したいという夢のようなキャリアプランを持っていたので、仕事を辞めて大学院に行くことにしました。

voice

課長になる前に関連会社に異動になるので、設計事務所のように退職するまでデザインの仕事はできません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。