池田泉州銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 池田泉州銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 114件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 16.2 29.7 55.2
平均給与(万円/年) 408.5 402.8 50.4
有給休暇消化率 58.9 43.5 54.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • どちらかというと残業が少ない会社のようです。残業少ないランキングでは上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

投資信託や保険の営業はノルマがあるので、ストレスの多い職場だと思います。

voice

これだけのノルマを課せられているのに、この待遇では全くやる気が出ない。

voice

売上目標はありますが、ノルマはありませんので、達成できなくても給料が下がることはありません。

voice

現場にノルマを与えないことに抵抗のない新聞に反応した記事などもあるが、現場は本部をほとんど信用していない。

voice

少ない人数で無茶苦茶なノルマをこなしているだけというのが現状です。

voice

ノルマについては、一人一人に数値が割り振られていますが、支部全体の目標を達成することが大切なので、あまり無理はしないようにしています。

voice

入行してノルマを達成し、辞めたくないくらい頑張っていたので、気持ちを切り替えて頑張ろうと思ったのですが、毎日先輩社員から「神経がねじれている」「早く辞めた方がいい」「今月中に辞めるように上司に伝えた方がいい」と言われ続けていました。

voice

池田銀行と合併し、池田泉州銀行となってからは、目標枠が大幅に引き上げられ、銀行の風土が変わりました。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。池田泉州銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

本部は上司のIDでログインしていることが多く、事実上のサービス残業となっています。

voice

定刻の30分~1時間前に出勤し、打ち合わせや雑用があるが、パソコンの電源を入れることは許されていないので、実質的に毎日残業させられることはない。

voice

残業時間の削減に力を入れているのは良いことですが、一方で近年は仕事量が非常に濃くなっており、時間管理の徹底が求められており、現場の負担が大きくなっているのも事実です。

voice

朝は1時間ほど早く出勤しなければならず、毎日2時間近くサービス残業をしています。

voice

みんなで協力して仕事を仕上げるので、それに伴う残業が多く、その時間をコントロールするのが難しい。

voice

勤怠や解雇がコンピュータ管理されているために、コンピュータの電源を切ったり、サービス残業をさせられたりして、管理業務を行わざるを得なくなる。

voice

入社前はワークライフバランスが良いと言われていましたが、実際は休日出勤や資格取得に時間を割かれたり、楽しくない組合活動に参加させられたりと、プライベートを充実させられる立場ではありませんでした。

voice

お店によっては、サービス残業や早出が横行しているところもあります。

voice

支店評価で残業時間を考慮したり、今年度からフレックスタイム制の導入を検討するなど、働き方改革にも積極的に取り組んでいます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

休暇を取れるかどうかは、支店によって異なりますし、支店長の方針にもよります。

voice

配属先にもよりますが、基本的には残業時間の削減や休暇取得の促進など、働き方改革を推進しているので、計画も立てやすいです。

voice

支店によっては、有給休暇を取得したいときに取得できないので、有給休暇の取得率を上げるためだけに休んでいることになりますし、支店によっては、友人との予定に合わせて休むことが難しいところもあります。

voice

支店によっては、休みが取りづらい場合や残業が多い場合もあります。

voice

P連休と呼ばれる年間最大5日間の休暇を取得できる休暇制度は、支店によって異なります。

voice

残業時間は部署や支店によって違うので一概には言えませんが、共通しているのは有給休暇が取りにくいということです。

voice

どこの会社でもそうだと思いますが、支店によって働き方や休みの取り方は異なります。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

支店長をはじめとする関係者の方々には、退職を告げても仕事を続けさせてくれたことに感謝しています。

voice

自分の仕事が世の中の役に立っているとは思えなかったので、辞めることにしました。

voice

退職後に持ち株を処分しましたが、約-30%の損失でした。

voice

退職金はかなり少ないようで、定年まで働いても先輩社員から500万円くらいしかもらえなかった時期もあったそうです。

voice

入社後、ノルマやノルマで精神的に疲弊し、退職を決意。

voice

融資なども担当しないと不利になるので、昇格試験を受けるために何度か融資部に申し込んだのですが、それができず、自分の希望する未来とは思えなかったので辞めました。

voice

合併前は将来性があるように見えたが、泉州銀行出身者は居座らざるを得なくなり、池田銀行出身者が要職を牛耳っている。

voice

私は若くして退職しましたが、長く働けば働くほど収入は良くなります。

voice

事実上の合併であり、すべてが池田銀行に有利になることに嫌気がさして辞職しました。

voice

転職を考えている先輩が多く、実際に他社に転職してから退職した先輩も多くいました。

voice

定年退職者の増加に伴い、一人一人の負担が増えており、休暇の取得は少々強引な印象を受けます。

voice

銀行の窓口業務や裏方業務のスキルを身につけることができたので、退職後も銀行でアルバイトをすることができ、就職に困ることはないと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。池田泉州銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

初任給は都銀並みの満足度ですが、ボーナスは都銀や地銀、信用組合に比べて2~3年分はかなり低いです。

voice

他の銀行に比べてボーナスが少ない。

voice

営業には厳しいノルマがあるにもかかわらず、営業手当はほとんどなく、給料は内勤とほぼ同じ。

voice

経営者になればそれなりの生活ができるとは思いますが、代用レベルの給料では家族を養うのは難しいですね。

voice

事務職との給与の差がほとんどないことに不満を持つ営業マンは多い。

voice

ボーナスを期待して入社すると、ギャップがあるかもしれません。

voice

給料に不満を持っている社員が多く、退職者が増えている。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。池田泉州銀行はどうでしょうか。

voice

もちろん、他店の担当者に相談するなど、続ける方法もありましたが、自殺するかもしれないと思うほど精神的に追い込まれていたので、この会社はもういいかなと思い、辞めることにしました。

voice

パソコンに向かっている時間が労働時間なので、その時間までにパソコンの電源を切り、無給で雑務をするように言われています。

voice

精神的、肉体的な苦労に見合うだけの給料がもらえるかどうかは疑問です。

voice

本来やるべき仕事をせずに「時間通りに」帰っている人を見かけるが、これはどうだろうか。

voice

営業マンは、相手よりも高い目標を与えられ、精神的にも肉体的にも追い込まれますが、多くの場合、相手との評価はあまり変わらないのが現状です。

voice

定時で帰れることが多いので、家事・育児との両立がしやすいです。

voice

一緒に働く人にもよると思いますが、お金さえあれば定時で帰れると思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

以前は、銀行はパワハラやセクハラなどの問題を抱えていましたが、最近はコンプライアンスを遵守しており、働きやすい職場です。

voice

営業所以外の本社は、営業所で問題を起こした社員、定年前後の社員、契約社員、アルバイトが多く、仕事の偏り、口論、居眠り、プライベートな会話、パワハラが多く、残念ながら誰も注意を払っていない状態です。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

支店にもよりますが、休日出勤も半ば強制的で、ひどいときは月に3回も出勤しなければならないこともありました。

voice

上司に無理やり出資させられていたので、月給は少なかったです。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。